ビットコインが割安になった今だからこそ考えたい3つの投資戦略

こんにちは、阿部です。

ビットコインが価格のピークを迎えた2017年12月頃から、半年が経ちました

チャートのテクニカル上では、下落相場も落ち着いてきた感じがありますね。

僕は日頃から、(暗号通貨を含む)すべての投資は下落相場こそ重要だと考えてきました

なぜなら、「安く買って高く売る」のが投資の基本だからです。

今回は、現在のパッとしないビットコイン・暗号通貨市場だからこそ、リターンを得るために考えておきたいことを3つだけご紹介します!

割安になると「暗号通貨は終わり」というけれど…

突然ですが、下記の画像をご覧ください。

これはビットコインのチャートで、価格のピークが2017年の12月。

そして、画像下をみると「出来高」が表示されています。

これをみるとわかるように、ビットコイン価格が上がると出来高が増加する傾向がわかります。

ビットコインが値下がりしているときは、誰もビットコインに見向きもしないということなのですね。

押し目がなくて買えなかった2017年以前

つい半年前までビットコイン価格は右肩上がりに推移していました。

そのなかで多くの投資家が思っていたことは「押し目(一時的な下落)が無くて買えるポイントがない」なのです。

できることなら、価格が下がってほしいとすら思っていたのですね。

しかし上記の画像の「出来高」を見てみると、ビットコインが割安だった時期には誰もビットコインの取引をしていません。

つまり、「ビットコインが冷え込んでいるときこそ重要」というのはそういうことなのです。

ビットコインはレンジ相場も大歓迎!

しかし、暗号通貨市場が、これから上昇していくとは限りません。

このまま、だらだらと横ばいに推移していく可能性も、テクニカル上は十分に考えられます。

具体的には、以下の3つのシナリオを描くことができるでしょう。

  1. 上昇トレンドに戻り、ぐんぐん値上がりしていく
  2. 横ばいのレンジ相場となる
  3. さらに下落相場が継続していく

①であれば何の問題もありませんよね。

また②の場合は、実はかなりオイシイのではないかと考えています。

暗号通貨のレンジ相場は、ボラティリティ(価格変動)が大きいため、「横ばい×ジグザグ」を形成してくれるなら、かなり利ざやが取りやすいからです。

株式投資とは異なり、レンジ相場でも大きな利益を積み重ねることが可能であるのが暗号通貨の魅力ですね。

そして③の下落相場の可能性もあります。

これは横ばいで価格推移している現在、「見切りライン」(レジスタンスライン)を決めやすいので比較的簡単です。

損切り注文を入れておくと安心ですね。

ビットコインが安くなると、無関係な他の通貨も安くなる!

ビットコインが安くなると、実はありがたいことがもう1つあります。それは「アルトコインが安くなる」ということです。

ビットコインが安くなると、アルトコインが安くなるというのは間違いのない傾向ですよね。

市場のコインは連動して動きます。

しかし、リップルのCEOBrad Garlinghouse氏は次のように述べています。

「リップル(XRP)とビットコイン(BTC)の価格にも、強い相関があります。しかし、究極的にはそれらは各々が独立したオープンソースの技術であるはずです。それぞれの差異を反映し、より理にかなった市場となる日は遠くないでしょう。」

つまり、今後はそれぞれの通貨が、ビットコイン価格に引っ張られるのではなく、独自のチャートを描くようになるだろうと言っているのです。

僕も個人的にそうした傾向が進むと考えています。

ビットコインとアルトコインは、暗号通貨というくくりの中にある同じモノ」というイメージがありますが、実際には別々のものなのです。

そして重要なことは、「ビットコイン価格が下落していることを材料として、何の理由もなく値下がりしているアルトコイン」が暗号通貨市場には今、たくさんあるということ。

僕がットコインの下落相場をありがたいと思っているのは、こういう理由なのですね。

皆さんも、ビットコインが割安の時期こそ、暗号通貨投資にフォーカスを当ててみましょう。

ぜひ参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す