ビットメックス仕手行為で急騰!?有名トレーダー達がロング(買い)を呼びかけ【2018年11月22日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう。

本日の相場は?→横ばい!

本日のビットコインはヨコヨコで推移しています。

現在上値切り下げ型の三角持ち合いを形成しており、徐々に相場が煮詰まってきていますね。

時価総額トップ10通貨でも、多くの通貨がプラス推移となりました。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でNEXOが約19%上昇

リップルなど仮想通貨を担保にローンを組める革新的なサービスとして期待が高まっています。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①ビットメックス仕手行為で急騰!?有名トレーダー達がロング(買い)を呼びかけ

世界最大級の取引量を誇る「ビットメックス(BitMEX)」で活動するトレーダーグループ「Rekt Capital」が、暴落した仮想通貨を5000ドルまで上昇させる目標を掲げ、公式Twitterでロング(買い)を呼びかけています

「(私たちは)ビットコインのロングポジションを保有し、さらに進んでいけばその規模を拡大するつもりだ。」

「とりあえずの目標は5000ドル(約56万円)。」

本日17時は約4500ドルで推移。

果たして、BTC価格上昇に繋がるでしょうか?

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

Rekt Capitalは、伝説の投資家「ChimpZoo」氏を抱える有名トレーダーグループですね!

ChimpZooさんはビットメックスだけで1000BTC(約5億円)以上の利益を叩き出し、取引所内の総利益額ランキングで13位

そのため、確かに力のあるグループと言えますが、、、

BTCの時価総額は「兆」を優に超えているので、短期的な上昇をほんの少し後押しするばかりで、長期的トレンドを形成するのはまず不可能です

キャンペーン告知ツイートは150件以上リツイートされていて注目度は高いですが、小さなアルトコインならともかくBTCはさすがに無理があるでしょう。

それよりも、トレーダーグループRekt Capitalがロング目線であるという事実のほうが、まだ比較的、投資判断の参考にはなるでしょう。

②ビットコインを大暴落させた「裏」の存在とは?

2018年始から一度も大きく割り込むことのなかったビットコイン6000ドル(約68万円)ライン。

しかし今月15日に大きく割り込み、21日に4000ドルの底値を記録しました。

いったいなぜ、このような暴落が発生したのか

仮想通貨に精通するブロガーのザハさんは、『BCH(ビットコインキャッシュ)のハッシュウォーのゆくえ』でそのシナリオを以下のように予測します。

  1. 米司法省のTether捜査とBakkt延期のニュースを秘密裏に知る
  2. ビットコインを大量にショート(空売り)する
  3. 仮想通貨市場全体を巻き込んだ分裂プロレス(悪材料の自演)をはじめる
  4. 悪い大人たちの持っているビットコインを売り浴びせる
  5. 1のニュースが世に出てさらなる下落が起こる・・・

その後、ビットコインを買い戻せば「悪い大人たち」は大もうけというわけですが、これは本当なのでしょうか?

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

一見すると後付けの陰謀論のようですが、このタイミングで「テザーの捜査」と「バックト延期」の2つの巨大な悪材料が発表されたことを考えると、筋が通っているんですよね・・・。

この悪材料を偶然と考えるのは素直すぎる。

仮想通貨のトレーダーは、株式投資家よりも、こうした価格操作に反応しやすいので、「悪い大人たち」は利益を得やすいです。

これは仮想通貨トレーダーの能力が低いからではなく仮想通貨には「価値の裏付け」がないため適正価格が判断しにくく、「下がっているならとりあえず売る」しかないからです。

株などでも価格操作が行われていますが、それと比較するとはるかに簡単なお仕事だったのではないでしょうか?

③BCH最大のマイナーCoingeek社、分裂騒動「和解」を提案

「ABC」と「SV」の2つのコミュニティにより引き起こされたビットコインキャッシュ分裂騒動に、新たな動きがありました。

ビットコインキャッシュ最大のマイナーであるCoingeek社のカルヴィン・エアーCEOは今月20日、以下のように発言

「我々は、すべての取引所がABCのコインをBAB(Bitcoin ABC)、Bitcoin SVのコインをBSV(Bitcoin SV)として上場する事を受け入れる。」

両者は互いのチェーンを攻撃しないことに同意し、チェーンは市場で別々のプロダクトとして競合するようにする。」

ビットコインキャッシュの継承(本流のBCHになる)をめぐって争う両者に、和解の道はあるでしょうか?

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

この争いが続く限り、ビットコインキャッシュを継承するのはマイニングの計算能力「ハッシュパワー」の大きい方となります。

そのため、パワーを競い合う「ハッシュ戦争」が激化。

しかし、両コミュニティがこうした無駄なコストをかけることは、BCHコミュニティ全体だけではなく、仮想通貨業界に甚大な損害を与えます

もしCoingeekの提案でこの争いに終止符が打たれれば、仮想通貨は大きな急騰のキッカケをつかむでしょう!

④国税庁、仮想通貨の税金額「計算書」を発表!

仮想通貨で一定以上の収入を得ると納税義務が生じますが、その手続きの分かりにくさや手間などから、申告漏れが多発していると指摘されています。

国税庁はその対策として21日に「仮想通貨関係FAQ」を公表。

内容は多岐にわたりますが、

  • 仮想通貨の税金計算を簡略化した「計算書」を公開した
  • 国内の仮想通貨取引所の「取引履歴」の形式を統一した

が重要な点としてピックアップできるでしょう。

これまで、「計算方法」と「取引履歴」の2つには明確な形式がなかったため、申告手続きに支障をきたしていました。

国税庁はその形式を統一・簡略化することで納税を促していく方針です。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

このニュース、確かに話題になってはいるものの、結論からいえば納税手続きはあまり楽にならないですね。

税金が安くなることもなさそう。

国内の取引所だけ取引履歴の出力形式を統一しても、海外の取引所ではまったく異なったまま

仮想通貨の収益でガンガン税金を納めるような人は海外取引所の利用がスタンダードなんですけど、国税庁さんは把握してないんでしょうか。

税金の「計算書」についても、海外の取引所には対応しにくいと指摘されていますね。

どの取引所を使っていてもシンプルに納税できる仕組みが整備されるのを期待しましょう!

明日のビットコイン相場

20日の下落後の推移を見ると、50万円の価格帯が比較的買いが強いラインとして意識されているようです。

現在の相場環境だと、下落圧力よりも上昇圧力のほうが強いので、この三角持ち合いは一旦上に抜けてくるでしょう。

ですが、まだこの一連の下落が終了したとは言えません。

19日のように一旦上にあげて、下落圧力を蓄えた後に一気に底をたたき割って来るシナリオも十分にあり得ます。

ある程度まとまった買いが入り、55万円付近を明確に上に抜けてこない限りはまだ油断できない相場状況です。

三角持ち合い
時間の経過と共に徐々に価格幅を小さくし、上値を底値を結ぶと三角形の様な形を描くチャートパターン。三角形の収束点が近づくほど上か下に大きく抜ける性質がある。

本日のまとめ

  • ①ビットメックス仕手行為で急騰!?有名トレーダー達がロング(買い)を呼びかけ
  • ②ビットコインを大暴落させた「裏」の存在とは?
  • ③BCH最大のマイナーCoingeek社、分裂騒動「和解」を提案
  • ④国税庁、仮想通貨の税金額「計算書」を発表!
  • ⑤明日はビットコイン上昇!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す