需要急増!ビットコイン取引高、バブル以来「最高」を記録!【2019年2月16日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

本日の相場は?→横ばい

本日、ビットコインは40万円台で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし

時価総額トップ10でも、ほとんどのコインが横ばいに推移していますね。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でOntology (ONT)が約16%上昇

DApps開発者に60%の報酬を還元する独自のモデルが注目され、好感度が上がっていますね!

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①需要急増!ビットコイン取引高、バブル以来「最高」を記録!

2017年12月の仮想通貨バブル以来、ビットコインの取引高が「最高」を記録したとThe Blockが報じました。

ビットコインの「取引所での出来高増加」を示すリサーチは、これまでにも公表されてきましたが、今回報じられたのは「トランザクション(transaction)数」の増加です。

The Blockより

ビットコインのトランザクションの数は、バブル以来最高となる32万6000に到達赤線)。

2018年に突入後、安定的に上昇しています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

ちなみに、グラフ「青線」は1日当たりの出力数(アウトプット)ですね。

専門的になってしまいますが、1つのトランザクションには複数のアウトプットを含めることができます。

たとえば、あくまでイメージではありますが、

  • トランザクション=10、アウトプット=20
  • トランザクション=12、アウトプット=18

のように、トランザクション数が増えてもアウトプットが減ることがあります。

つまり、単純にトランザクション数のみでBTCの需要を判断することは困難だということですね。

そこで、トランザクション数に加え、その中身である出力数も表記されているわけですが、その数値もしっかり右肩上がりとなっていますね

まとめると2018年に突入後、相場は下落しているものの、トランザクション数(つまりビットコインアドレス間の取引)は増加しています。

これは何を意味しているのでしょうか?

結論としては、ビットコイン決済などを含む「実需」が拡大しつつある証拠と言えます。

この傾向が長く続けば、トランザクション数の増加にBTC価格も追随するのではないか、と考えられますね!

②米SEC、BitwiseとNYSEArcaによる新たなビットコインETF審査へ

仮想通貨市場で最大級の上昇要因とされる「ビットコインETF」。

その動向に注目が集まる中、米証券取引委員会(SEC)が「Bitwise」と「NYSE Arca」による2つのビットコインETFの審査を開始したことが分かりました。

BitwiseのビットコインETFについては、2月15日から数えて「45日以内」に承認するか否かの判断が下される予定です。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

ビットコインETFといえば、大本命となるCBOEによるETFが審査中ですね。

これまで、多くのビットコインETFが米SECへ提出されましたが、ことごとく「非承認」を突き返されてきました

しかしビットコインETFの承認は「時間の問題」とする論調も強くなっています。

また、上記の「Bitwise」と「NYSE Arca」による2つのETF、およびCBOEによるETFは、「現物」に基づいている点にも注目です。

つまり、これらのビットコインETFが承認されれば、ETFに組み込むための「ビットコイン現物」への需要が生まれ、価格上昇が促進されます。

僕たち投資家としては、SECの「承認発表」の後、いち早くBTCを仕込み、リターンを最大化していきたいですね!

③バイナンスが5つの仮想通貨の「上場廃止」を決定

世界最大の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)は、5つの仮想通貨の上場廃止を決定しました。

これにより、以下の通貨はバイナンスで取引できなくなります。

  1. CloakCoin (CLOAK)
  2. Modum (MOD)
  3. SALT (SALT)
  4. Substratum (SUB)
  5. Wings (WINGS)

バイナンスは、トークンやプロジェクトに対する、流動性や安全性などの定期的なチェックを行っています。

基準に満たないと判断された場合には、上場廃止となるため注意が必要です。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

バイナンスは世界最大の出来高を誇るだけでなく、取り扱い通貨ペア(400通貨ペア以上)が非常に多いのが特徴です。

そのため、バイナンスがメインのマーケットとなっている通貨も多く、上場廃止により、取引そのものが困難になるケースがあります。

アルトコインの中でも、特にマイナーな仮想通貨を保有している場合、気をつけたいですね。

仮想通貨全体が下落トレンドにある今、マイナーコインまで投資家たちの資金が回らず、向かい風はなおさら強くなっています。

今後も「上場廃止」コインの続出は濃厚なので、取引所からのお知らせはチェックしておきましょう!

④AirDropバイブル『所持金0から億を作りだすAirDrop長者の秘訣とは』が発売!

Amazonから電子書籍『所持金0から億を作りだすAirDrop長者の秘訣とは』(阿部悠人著)が発売されます。

そもそも仮想通貨投資には、

  • 一般的な仮想通貨投資(取引所での短期・長期投資)
  • ICO(イニシャルコインオファリング)
  • マイニング(採掘)
  • AirDrop(エアドロップ)

などいくつかの種類があります。

上記の書籍は、このうちの「AirDrop」に特化し、「所持金0から億を目指す」ための戦略を指南したものです。

AirDropの情報を初心者にも分かりやすく網羅した、数少ないバイブルとなっています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

一般的な仮想通貨投資では、取引所に入金する「元手(資金)」が必須です。

しかし予算が割けなかったり、元手を失うのが怖かったり・・・一歩を踏み出せない方も多いのでは?

そんな方にピッタリなのが、「AirDrop(エアドロップ)」という投資手法です。

AirDropでは、ICOプロジェクトなどが宣伝のため「無料配布」している仮想通貨を入手

値上がりするまで待ち、売却を狙います

元手不要で始められますし、侮るなかれ本当に「所持金0から億」も目指せます!

Amazonの電子書籍にて、格安の値段設定(298円)にさせていただきましたので、ぜひ手に取ってみてください!

本日のまとめ

  • ①需要急増!ビットコイン取引高、バブル以来「最高」を記録!
  • ②米SEC、BitwiseとNYSEArcaによる新たなビットコインETF審査へ
  • ③バイナンスが5つの仮想通貨の「上場廃止」を決定
  • ④AirDropバイブル『所持金0から億を作りだすAirDrop長者の秘訣とは』が発売!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す