ビットコインの大口投資家(クジラ)、750億円相当の買い増し判明!【2019年2月28日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

本日の相場は?→横ばい

本日、ビットコインは42万円台で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし

時価総額トップ10では、イオス(EOS)が約3%上昇しています。

TOP100通貨|急上昇ランキング!

ここ24時間でABBC Coin (ABBC)が約29%上昇!

ABBCコイン50万枚のプレゼントキャンペーンが行われているため、価格も盛り上がっていますね!

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①ビットコインの大口投資家(クジラ)、750億円相当の買い増し判明!

Bitcoin.comは、1万BTC(約1100万円相当)を超える大口保有者(クジラ)のアドレスを分析

「ビットコインアドレス」は銀行でいう「口座番号」のようなもので、それぞれのアドレスにどれだけのBTCが保管されているのか、外部から見ることができます。

その結果、クジラたちのアドレスで、合計178,120BTC(748億円相当)も残高が増加していることが判明しました。

これは、2ヶ月前より8.8%多い水準です。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

「クジラ」達は、水面下でビットコインの「買い占め」を始めているようですね。

仮想通貨市場が長期的な下落トレンドにある現在、通常なら「売り」を検討します。

しかし超大口投資家らのアドレスは、反対に「買い」に動いているのです。

これは、仮想通貨に精通している層が「底値を打った」と判断し始めている証拠でしょう。

eToroのシニアアナリスト「グリーンスパン氏」は、

  • 仮想通貨の取引高が2017年末のバブル以来の高い水準を保っている
  • 膨れ上がっているステーブルコインの時価総額(約3000億円)が仮想通貨に流れる可能性がある

ことを根拠に、今後の価格をポジティブに見ていますが、こうした見方は仮想通貨全体にも広がりつつあります。

  • 大衆投資家:売り
  • 大口投資家:買い

となっている今、世の中には大衆投資家の方が多いので、まだ大きな上昇には繋がりません。

しかし、こうした価格形成の裏側を知っていれば、僕たち個人投資家も長期的な価格に自信を持って投資できますね!

②米レンディング企業、コインベースと提携し仮想通貨サービスへ参入!

お金の「借り手」と「貸し手」を繋ぐ「レンディング」サービスのアメリカ大手「SoFi」が、米最大の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)と提携し、仮想通貨の購入・売却サービスを開始することが分かりました。

SoFiはアメリカで勢いのあるフィンテック企業として知られており、業界への参入は、仮想通貨価格への好影響が期待されます

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

SoFiはアメリカで50万人の顧客を有するレンディングサービスです。

レンディングは新しい資金調達・資金運用の手段なので、若いユーザーが多い特徴があります。

若いユーザーが多い」「お金を扱う」という性質上、仮想通貨との親和性も高いですね。

SoFiのCEOであるAnthony Noto氏は、

「(SoFiのユーザーは)仮想通貨価格に関心を持ち、買う機会を模索している。実際に仮想通貨を買っているユーザーもすでにいる。」

と述べています。

SoFiの顧客を仮想通貨投資へどんどん引き込んでもらい、市場価格の上昇に繋げてほしいですね!

③3月1日午前4時過ぎ、ETHアプデ「コンスタンチノープル」実施へ!

3月1日午前4時過ぎ、イーサリアム(ETH)の大型アップデート

  • コンスタンチノープル(Constantinople)
  • セントピーターズバーグ(St. Petersburg)

が行われる予定です。

特にコンスタンチノープルは、イーサリアム目玉のアップデートであり、ETH価格への影響度も大きくなると考えられます

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

コンスタンチノープルは注目のアップデートなのですが、これまでに幾度となく「延期」になっています

当初は2018年内の予定でしたが、2019年1月17日になり、そして今回の3月1日に。次こそしっかり決めてほしいですね!

また、価格影響度の観点からも注目です。

前回にコンスタンチノープルの延期が発表された際、瞬間的に6%以上も下落しました。

裏を返せば、コンスタンチノープルはそれだけ注目度の高いアップデートだということ

ETHには頑張って欲しいですが、個人的には、イベント直後に大きく売られていくと考えています。

どちらにせよ、直前には価格が大きく動くのでホルダーの方は注意して見守りましょう!

④XRPを上場させたコインベース「何かを知っている?」

先日、米最大の仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)に仮想通貨リップル(XRP)が上場しました。

これについてMITテクノロジーレビューは、コンプライアンスと慎重さで有名なコインベースにしては「大胆な決断」だったと指摘。

その違和感から、

「(コインベースは)我々が知らない何かを知っているのではないか」

と分析しています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

これはリップルの「中央集権性」(特定の管理者に権限が集中していること)に関する問題ですね。

コインベースは、自社に上場させる仮想通貨について、「発行チームによって所有されるトークン比率は過半数未満」であることを条件としています。

XRPの場合、リップル社が60%以上を保有しているので、コインベース上場の条件を満たしていないんですね。

しかし、「お堅い」取引所であるコインベースが自社で定めた条件を破ることは考えにくい・・・そこで、「何かを知っているのではないか」という分析に繋がるわけです。

その「何か」が何なのかはまだ分かりませんが、ちょっとするとこの先、XRPに思わぬ好材料が出てくるかも?と期待してしまいますね!

本日のまとめ

  1. ビットコインの大口投資家(クジラ)、750億円相当の買い増し判明!
  2. 米レンディング企業、コインベースと提携し仮想通貨サービスへ参入!
  3. 3月1日午前4時過ぎ、ETHアプデ「コンスタンチノープル」実施へ!
  4. XRPを上場させたコインベース「何かを知っている?」

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す