ビットコイン(BTC)の価格が約2週間ぶり200万円にタッチ

まだまだビットコインは強い

12月の下旬あたりから暗号通貨市場が全体的に下落していてアルトコインは回復傾向にあったもののビットコインは160〜170万円代をウロウロしていました。ですが、ようやく回復をしてきて瞬間的に1BTC=200万円まで戻してきましたね。ここ数日は多くの人とお金がビットコインからリップルを始めとしたアルトコインに移っていました。

ですが、今回戻してきたことでビットコインのさらなる価格上昇に期待を寄せるツイートが多く見られます。ビットコインの価格上昇に伴って、下落しているアルトコインも多くありますので、なんだかんだ言って、まだまだビットコインは強いですね。

ちなみに、12月に下落して、アルトコインがまず価格を戻し、その後、遅れてビットコインが価格を戻してきたことで「暗号通貨投資に乗り遅れてた資産家が大きな資産で効率良く資産を増やしている」という話があるようです。

12月にはビットコイン先物の取り扱いが始まり待って多くの資産家が参入してきたことは確かなことですので、その彼らが仕手で売買をしたとしたら可能性は十分にありますし、株式投資の世界でも資産家が大きな売り注文や買い注文を入れて市場に影響を与えるというのは常套手段として使われます。

暗号通貨投資でもたまに指値で異常な金額の注文を入れている人がいますよね。そういう人たちが同じタイミングで動いたら板の薄いコインはすぐに価格が動いてしまいます。そのようにして、アルトコインでまず仕掛けて、そこで得た利益をビットコインに変えることで順当に資産を増やしているというわけです。

仕手ができない人たちの戦い方

資産家だからこそできることですね。僕たちの場合は、市場までは動かせないので直近でイベントがあるコインや、将来有望なコインに先に投資しておいて上がったところで利確するのが賢明ですね!

実際に資産家の人が仕掛けたかどうかはわかりませんが、チャートを見る限り、ビットコインの上昇と同時期にアルトコインが下がり始めていますのでアルトコインのお金がビットコインに流れたのは事実でしょう。違法行為はいけませんが、資産家の人たちのように仕手でコインの価格を操作できたら、楽しいかもしれません・・・。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す