【新規上場】CoinbaseにZEC・BAT・ADA・XLM・ZRXが追加!

こんにちは、阿部です。

アメリカ最大の取引所Coinbaseは2018年7月13日、

  • Zcash (ZEC)
  • Basic Attention Token (BAT)
  • Cardano (ADA)
  • Stellar Lumens (XLM)
  • 0x (ZRX)

という5つの暗号通貨を新たに上場させる方針を発表しました。

取引所に上場することが決まると、ほとんど場合、価格へのポジティブな影響が見られます。

特にCoinbaseはアメリカ最大、世界最大級の取引所なので価格への影響も大きくなります。

ニュースの詳細について、詳しく見てみましょう。

Coinbase、5つの暗号通貨を新たに上場させる方針を決定

上述のとおり、Coinbaseは新たに上場させる方針の暗号通貨について

  • Zcash (ZEC)
  • Basic Attention Token (BAT)
  • Cardano (ADA)
  • Stellar Lumens (XLM)
  • 0x (ZRX)

の5種類であると公表しました。

ただし以前の発表でイーサリアムクラシック(Ethereum Classic)の上場を発表しているので、合計すると6種類となりますね

Coinbaseは世界的に有名な取引所で、ビットコインが広く知られる以前から取引所を設立した「老舗」です。

セキュリティが高いことが人気の理由ですが、一方で取り扱い通貨は少なめ。

  • ビットコイン(Bitcoin)
  • イーサリアム(Ethereum)
  • ライトコイン(Litecoin)
  • ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)

といったメジャー通貨しか取引できず、物足りないという声もあります。

(2018年7月現在、Coinbaseは日本人を対象としておらず使いたくても僕たちは使えません。

これも物足りない理由の1つですね)まとめると、Coinbaseは「取り扱い通貨数は(海外取引所としては)少ないのに、利用ユーザーや取引量は多い」という特徴があります。

当然、こうした取引所で新たなコインが上場するとインパクトも大きくなります。(Coinbaseの利用ユーザーは約1100万人以上)参考:コインチェックは約170万口座

Coinbaseに上場する暗号通貨をおらさい

Coinbaseが新たに上場させる方針を発表した5つの暗号通貨。

市場では早くもポジティブな影響が見られ、軒並み10%以上も高騰しています

これらの通貨がCoinbaseに上場すれば、継続的に需要が生まれることになります。

人々の目に触れる機会が増加し、知名度も向上するため、長期的にも面白い展開です。

そこで上場予定の5つのコインを、それぞれ軽くおさらいしておきましょう。

上場コイン① Zcash (ZEC)

Coinbaseに上場予定のZcashは、高い匿名性が特徴の暗号通貨です。

匿名性とは、「誰が」「誰に」「いくら」送金したのか、などの情報が外部から見えなくなっており、高いプライバシーを実現できる性質のこと。

本当はよくないことなのですが、脱税を目的とした富裕層にZcashが注目されており、今後買われていくのではないか?と考えられています。

注目の暗号通貨ですね。

上場コイン② Basic Attention Token (BAT)

Basic Attention Tokenは、イーサリアムをベースした「トークン」の1つです。

ICOでは一瞬にして38億円の調達に成功した伝説も残しています。

Brave (ブレイヴ)というWebブラウザとセットで利用されるトークンで、Google ChromesafariFirefoxといった有名なブラウザに追随することができれば、大きな値上がりが期待できます。

上場コイン③ Cardano (ADA)

CardanoもCoinbaseに上場する予定です。

オンラインカジノのプラットフォーム「カルダノ」で使われる暗号通貨です。

ギャンブル産業のデジタル化は今後加速していきますので、Coinbaseへの上場も順当な評価といえるかもしれません。

イーサリアムの開発者チャールズ・ホスキンソン氏によって開発されたことも、Cardanoの期待値の高さに繋がっています。

上場コイン④ Stellar Lumens (XLM)

リップルによく似た仕組みを持つ、決済(送金)サービスで使われる暗号通貨です。

事実、リップルの開発者でマウントゴックスの創設者、Jed McCaleb氏によって開発されました。

リップルと同じように「高速の取引」に定評があるので、世界の企業間で採用が進むのではないかと期待されています。

上場コイン⑤ 0x (ZRX)

最後にご紹介するこちら「0x」は、イーサリアム上で発行される通貨です。

これから急激な伸びが期待される分散型取引所(DEX)のトークンとなります。

イーサリアム上で多くのサービス(DApp)を使うためには、それぞれに対応したトークンを入手する必要が出てきます。

こうした状況を受けて0xは、多くのDAppを「ZRX」という1つのトークンで利用できるようにすることを目指しています。

さて今回は、Coinbaseの上場のニュースと、その具体的なコイン5種類について解説しました。

興味のあるトークンや暗号通貨があれば、詳しく調べてみましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply