ネム(NEM)がコインチェックから460億円盗まれた経緯まとめ

こんにちは、阿部です。

取引所の1つ「コインチェック」が保管するネム(NEM)が

460億円相当盗まれてしまったことが2018年1月26日、わかりました。

多くの方がおどろきを隠せないとともに、

これから暗号通貨をはじめてみようと思っていた方も

不安になってしまうような出来事です。

 

僕は日々、暗号通貨のニュースをチェックしたり

研究したりしている立場上、

コインチェックのネムが盗まれてしまったときも

何が起きているのかすぐ理解することができました。

 

しかし、ほとんどの人は

暗号通貨はよくわからなくてこわい

という考えを強くしてしまったことでしょう。

 

そこで今回は、

本当は何が起きているのか?

暗号通貨はやはりこわいものなのか?」といった疑問について、

初心者にもわかりやすい言葉で解説していきたいと思います。

 

約26万人のネム460億円相当が盗まれた経緯

 

問題の不正送金が起きたのは、

暗号通貨の取引所の1つ「コインチェック(coincheck)」。

 

取引所とは、

暗号通貨を買いたい人と売りたい人が売買する場所のことで、

ふつうは民間の株式会社により運営されています。

今回、暗号通貨の1つ「ネム」が盗まれたコインチェックも民間企業1つで、

国内に十数ある取引所のなかでも、最大クラスの規模を誇っています。

 

問題となった「ネム」はコインチェックの持ち物ではなく、

ユーザーの持ち物をコインチェックが一時的に預かっていたものです。

 

ネムにかぎらず、

ユーザーは取引所で買った暗号通貨を

どこへでも自由に送金できますが、

コインチェックなどの取引所に預けたままにしておくこともできます。

投資目的で買ったユーザーは、ネムを使う予定がないため、

コインチェックに預けたままになっているケースが多かったのです。

 

このたび盗まれてしまったのは、まさにそういったネム。

約26万人の所有する、合計5億2300万XEM(ゼム:ネムの単位)が

すっかり不正送金されてしまったというのが事件の経緯となります。

 

暗号通貨「ネム」のセキュリティには問題はない

 

今回のコインチェックでの不正送金により、

ネムのセキュリティは低いの?」と心配になり、

購入を中止した方も多くいらっしゃることでしょう。

 

しかし、今回の事件は、

ネムのセキュリティが低いことが原因で

起きてしまったのではありません。

ネムは何も悪くないのです。

 

すべての責任を問われることになるのは、

ユーザーのネムを預かっていたコインチェック。

(もちろん、一番悪いのは盗んだ犯人ですね)

 

たとえば、銀行が預かっているお金が盗まれた場合、

決して「日本円」が悪いのではありません。

ずさんな保管をおこなっていた銀行が悪いということになるはずです。

 

結論:投資をはじめることを恐れる必要はない

 

今回のコインチェックの不正送金により、

4つのことが起きたのではないかと思います。

 

  1. すべての暗号通貨のイメージが悪くなった
  2. とくに「ネム」のイメージが悪くなった
  3. すべての取引所のイメージが悪くなった
  4. とくに「コインチェック」のイメージが悪くなった

 

さて、このなかで正しい評価だといえるのは4のみです。

1~3のイメージダウンは

確実に起きてしまっていますが、

これらはいわば「風評被害」です。

 

僕は必ずしも1~3が安全だといいたいわけではありません。

しかし少なくとも、

コインチェックの不正送金が原因で、ネムを買うのをやめたり、

ほかの取引所まで疑ってしまうのはナンセンスです。

 

結論としては、

これから暗号通貨をはじめたいという方は

そのチャレンジをあきらめる必要はまったくありません。

心配な方は、

コインチェック以外の取引所を利用してみましょう。

 

今回の被害によりコインチェックは、

消えた460億円分について

全ユーザーに日本円で返金することを公表しました。

今後どのような展開を見せるのか、ともに見守っていきましょう!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す