【急展開!】仮想通貨の税率20%案、新経済連盟が金融庁に提案【2019年2月15日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

本日の相場は?→横ばい

本日、ビットコインは40万円台で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし

時価総額トップ10では、バイナンスコイン(BNB)が約5%上昇していますね。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でCrypto.com (MCO)が約29%上昇

伸びしろの大きい「仮想通貨決済」のプロジェクトとして注目されていますね。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①【急展開!】仮想通貨の税率20%案、新経済連盟が金融庁に提案

仮想通貨の税制に分離課税を適用し、税率を「20.315%」へ変更すべきだとする提案書を、楽天グループの三木谷社長が代表を務める「新経済連盟」が発表しました。

  1. 総合課税から、申告分離課税への変更(税率は株やFXと同様に20%とする)
  2.  仮想通貨間の交換は非課税とする
  3.  損益通算や損失の繰越控除を可能とする

この提案を金融庁が認めれば、仮想通貨投資家の税金負担は、最大55%(総合課税)→最大20.315%(分離課税)へと大幅に軽減されることになります。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

ついに「新経済連盟」も動き始めましたね!

新経済連盟は、楽天グループやサイバーエージェントなどのインターネット系企業で構成され、2018年の会員数は約500社に上ります。

「税率を軽減せよ!」との訴えは、仮想通貨ユーザーとしては大歓迎ですね。

しかし、仮想通貨専門ではない連盟が、なぜここまで必死になっているのか?

それは会員企業が今後、「仮想通貨ビジネス」をやる気マンマンだからでしょう。

今のうちに税率を引き下げることで、顧客となる仮想通貨ユーザーを増やしておく・・・そんな狙いがありそうです。

税金が優遇されていたほうが、業界全体も盛り上がりますしね。

仮想通貨への分離課税が適用されたら、言うまでもなく「上昇要因」。

金融庁からのよい返事を期待しましょう!

②JPモルガン、仮想通貨「JPMコイン」を発行へ!

米有名銀行JPモルガン・チェースが、独自の仮想通貨「JPMコイン」を開発したことが分かりました。

有名メディア「CNBC」が報じています。

JPモルガンは、企業間の送金サービスなどを提供しており、JPMコインはそうした業務の「ほんの一部」から活用されていく、と説明されています。

なお、JPMコインは米ドルとレートが固定され、一種のステーブルコインに似た性質が特徴です。

ステーブルコイン(安定通貨)とは:
価値が一定で、価格変動がほとんどない仮想通貨のこと。利益確定の際や、相場下落時の避難先として保有される。米ドル価格に連動するUSDTやTUSDなどが安定通貨の代表例。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

簡単にいえば、仮想通貨というよりも「銀行内のデジタル米ドル」が開発された、ということですね。

ビットコインなどの一般的な仮想通貨とは異なり、「投資対象」とはなりません。

しかし、世間のイメージとしては「あのJPモルガンが仮想通貨!」「もう銀行も仮想通貨を認めざるを得ないのか・・・」みたいな驚きと期待感があるはずです。

なので、仮想通貨全般のイメージアップ、ひいては長期的な資金流入を期待できるニュースといえそうです。

③米SECがCBOEビットコインETFの「再審査」開始

アメリカ証券取引委員会(SEC)は、CBOEによるVanEck版ビットコインETFの「再審査」を開始したと発表しました。

CBOEのビットコインETFは、数多くの仮想通貨系ETFの中でも、審査に通過する可能性が高いとされる「大本命」です。

アメリカ政府機関の閉鎖に伴い、一時的に審査が停止されていましたが、再開されたことでビットコインETF誕生の可能性が再び浮上しました。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

一歩一歩前に進んでいるので、「順調」と言えますね。

もし審査に通過し、世界初のビットコインETFが誕生することになれば、(相場に確実はないとは言え)BTC価格は数万円、場合によっては10万円以上吹き上がってもおかしくはありません

吉と出るか凶と出るか、投資家としてはSECの返答に集中していきましょう!

なお、ビットコインETFではありませんが、Reality Sharesによる「仮想通貨系ETF」は、残念ながら審査落ちが発表されています。

④バイナンスCEOのCZ氏「攻撃すら私たちを助けた」

世界最大の仮想通貨取引所バイナンスのCEO、Changpeng Zhao (CZ) 氏は、業界で考え得る限り最高の地位を獲得した「カリスマ」です。

しかし、その成長の過程においては、様々な「攻撃」を浴びせられたと告白しました。

「Binanceの開始以来、さまざまなグループがさまざまな方法で私たちを攻撃した。」

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

生き馬の目を抜くビジネスの世界で急成長するバイナンスやCZ氏に、数々の修羅場や災難があったことは想像に難くありません。

CZ氏への嫉妬、恐れ、上場拒否への仕返しから来る個人攻撃

しかしCZ氏は、

「彼らは(攻撃しているつもりだが)皆私たちを助けた。」

と、誹謗中傷すらエネルギー源として頑張ってきたと言います

スゴい・・・これぞまさにカリスマですよね。

バイナンスをもっと使いたくなってしまうような告白、英文ではありますがぜひご一読ください!

本日のまとめ

  • ①【急展開!】仮想通貨の税率20%案、新経済連盟が金融庁に提案
  • ②JPモルガン、仮想通貨「JPMコイン」を発行へ!
  • ③米SECがCBOEビットコインETFの「再審査」開始
  • ④バイナンスCEOのCZ氏「攻撃すら私たちを助けた」

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す