イーサリアムのブロックチェーン上に「令和」の文字が刻まれる【2019年4月2日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう。

今日の相場は?→急騰!

本日、ビットコインは51万円台で推移しており、ここ24時間で約12%上昇

時価総額トップ10もすべての通貨が高騰しており、ようやく大波がやってきました!

時価総額トップ100|急上昇ランキング!

ここ24時間でREPOが約38%上昇!

仮想通貨市場の急騰に連動したこともあり、4割近い上昇をみせていますね。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①イーサリアムのブロックチェーン上に「令和」の文字が刻まれる

仮想通貨イーサリアム(ETH)に新しい元号「令和(れいわ)」誕生を示す文字が記録されたことが分かりました。

「Japanese new era name is Reiwa.(日本の新元号はReiwa)」

これを記録したのはStaked Technologies社のCEOを務める日本人のSota Watanabe氏。

ブロックチェーン上に新しい時代の幕開け「令和」が改ざん不可能なデータとして永久に刻まれることになりました。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

ブロックチェーンには、その仕組みを使って、改ざん不可能な文字を埋め込むことができます

改ざんできない(つまり絶対消えない)ことから、指輪をプレゼントする際の「想い」をブロックチェーンに記録するサービスも登場しているみたいですね。

「令和」は仮想通貨が発明されてから初めての元号変更となりました。

これをキッカケに、仮想通貨市場のさらなる爆上げを期待したいですね!

②取引所コインベース、リップル使った国際送金を提供へ!

アメリカ最大の取引所コインベースが、同社のユーザー同士が無償で利用できる「国際送金」サービスの提供を開始すると公式ブログで発表しました。

詳細として、下記の仕様が明らかとなっています。

  • 国際送金のブリッジ(媒介)通貨として、リップル(XRP)とUSDCが使われる
  • コインベース同士の送金は手数料は無料、それ以外は少額の手数料が必要

このサービスはコインベースの対応地域である100カ国から利用可能です。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

面白い試みがスタートしましたね。

国際送金(国をまたぐ送金)は、仮想通貨の主な用途の1つになると注目されていますが、2019年現在ではまだ一般的とは言えません。

そんな中、コインベースのこうした取り組みは、多くの人が「仮想通貨を使った国際送金は便利」と感じるキッカケとなるでしょう。

たとえば銀行を使った通常の国際送金では、平均3300円ほどの手数料が必要となります。

しかしコインベースでは上述のように「無料」ですし、XRPを使った一般的な送金でも最大でも100円程度に収まります

今後、仮想通貨を使うことによるメリットが広く認知されれば、冷え込んだ仮想通貨業界にも「春」がやってくるはずです!

③リップル(XRP)がGmailで送れるように!

仮想通貨リップル(XRP)が、グーグル社が提供するメールシステム「Gmail」で送れるようになったことが分かりました。

Gmailは直接リップルをサポートしていませんが、これを実現するGoogle Chromeの拡張機能「MoneyMessage」が開発されたことで、間接的にXRPの送金が実現しました。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

新たなサービスがどんどん出てくるのは、コミュニティが活発なリップルならでは。

仮想通貨XRPの利用用途が広がったことで、リップルのさらなる高評価へと繋がるでしょう

ただし上記の「MoneyMessage」は、グーグル自身が提供しているわけではないので、言ってしまえば「勝手に作られた」ものです。

グーグルが仮想通貨を公式にサポートしてこそ、本当の上昇に繋がると言えます。

グーグルアカウントはあらゆる個人のサービスを一元管理しているので、たとえば仮想通ウォレットなどが実装されたら、値上がりに繋がりそうですね!

④コインチェック、大口投資家向け「OTC取引」を開始!

仮想通貨取引所コインチェックが4月1日、「OTC取引」を開始すると発表しました

すでに24時間提供している「取引所取引」とは異なり、平日10:00〜15:00がOTCの取引時間となります。

日本最大級のコインチェックがOTC取引に参入することで、日本の機関投資家・大口投資家のさらなる仮想通貨参入が期待されます。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

ここ最近で最大級のニュースとなりました!

OTC取引とは、取引所取引と異なり、売り手と買い手が1:1で取引する取引方式です

個人投資家の多くは取引所取引を利用しますが、「機関投資家」は大口の資産を運用しているため、「取引所取引」の流動性では注文が通りにくいデメリットがあります

たとえば、自身の注文によって値が動いてしまったりしますね。

そこで、機関投資家向けに特別に設けられているのが、取引所外部で行われるOTC取引です。

アジア圏の機関投資家をターゲットにした取引ツール「Sigma」がひそかに注目されていますが、コインチェックのOTC取引参入もそれと同じく、アジア圏の大口投資家参入を促進させるニュースとして注目です!

本日のまとめ

  1. イーサリアムのブロックチェーン上に「令和」の文字が刻まれる
  2. 取引所コインベース、リップル使った国際送金を提供へ!
  3. リップル(XRP)がGmailで送れるように!
  4. コインチェック、大口投資家向け「OTC取引」を開始!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す