イーサリアムとは?今後の値動きは?実はビットコインより格上?

こんにちは、阿部です。

最近、ビットコインとともに

イーサリアム

という名前を見かけることが多くなりましたね。

 

少し前まで、暗号通貨といえばビットコインでしたが、

世間での理解が深まるにつれて

ビットコイン以外の暗号通貨(=アルトコイン)も

注目されるようになってきました。

 

2018年1月現在、

イーサリアムは世界2位の規模を誇るコインです。

ビットコインをすでに持っていたり、

これから買おうと思っている方は、

合わせて知っておきたい暗号通貨といえるでしょう。

 

今回は、イーサリアムってどんな通貨なの?

という一通りの基礎知識を、

だれにでも分かるように解説していきます。

 

イーサリアムはビットコインと並ぶ有力コイン

 

イーサリアム(英語名:Ethereum)は、

世界2位の時価総額を誇る暗号通貨です。

 

簡単にいえば、

世界中のイーサリアムをかき集めて

日本円や米ドルなどの法定通貨に換えたとしたら、

ビットコインに継いで大きな金額になるということ。

(イーサリアムの時価総額は2018年1月現在、約12.5兆円

 

また、アメリカのワイスレーティングという格付け機関によると、

イーサリアムは主要な暗号通貨のなかで

最高クラスの格付け評価「B」が妥当であり、

「C+」のビットコインよりも格上と評価されています。

 

もう1つの特徴として、

イーサリアムは、ビットコインと同じく「分散型」です。

つまり、特定の国や企業などが

イーサリアムを発行しているわけではないため、

もし日本円や米ドルなどの法定通貨が

何らかの原因で“紙切れ同然”になってしまっても、

イーサリアムは価値を保ち続ける可能性が高いと考えられています。

 

まとめますと、

イーサリアムはビットコインにまったく引けを取らないほど

しっかりした暗号通貨だということですね。

 

イーサリアムの本質はスマートコントラクト

 

イーサリアムはビットコインとくらべて

どのような点が異なるのでしょうか?

 

イーサリアムが高く評価されている要因として、

独自の仕組み「スマートコントラクト」(Smart Contract)

があげられます。

 

イーサリアムは、

それを送ったり受け取ったりすることで

お金として使うことができますが、

スマートコントラクトはそれだけではなく、

イーサリアムの1つ1つのやり取りとひも付けて

「約束」(契約情報)を組み込むことができます。

 

ほんの一例として、たとえば未来のレンタカーでは、

イーサリアムを支払うとレンタカーのエンジンが

「約束」により始動できる状態に制御され、

わずらわしい受付作業が不要になることが期待されています。

 

イーサリアムは一番認められている暗号通貨?

 

もっとも成功している暗号通貨といえば、

やはりビットコインを思い浮かべるのではないでしょうか?

 

しかし、企業や団体などの「法人」に限定すれば、

実はイーサリアムが一番認められている(期待されている)のでは?

という印象があります。

 

実際、イーサリアムのシステムは

大企業やメガバンクも大きな関心を示しています。

現実世界でのイーサリアム応用を進める「Enterprise Ethereum Alliance」

という団体には、500以上の企業が参加しており、

たとえば、三菱UFJフィナンシャル・グループ、トヨタ自動車、KDDI

といった日本企業や、

マイクロソフト、JPモルガン、インテル

といった世界的企業が名を連ねています。

 

また、企業ではありませんが、

ホリエモンこと堀江博文氏も

イーサリアムに投資しているらしいですね。

 

イーサリアムは今後、値上がりするのか?

 

多くの方がイーサリアムについて知りたいことは、

やはり今後値上がりするのか?という部分ではないでしょうか。

 

前提として、イーサリアムなどの暗号通貨は、

さまざまな要因が組み合わさり値動きが生じています。

そのため、正確に予測することは

世界中のだれにもできないというのが真実です。

 

とはいえ、イーサリアムやスマートコントラクトが

現実世界で応用される未来像はかなり鮮明に見えてきており、

それが実現していくにしたがって

イーサリアム価格は値上がりしていくと考えるのが自然です。

 

ただし、長期的に値上がりしていく場合も、

短期的には悪材料などで

値下がりするケースもあるため注意しましょう。

 

今回は、世界2位の規模を誇る

イーサリアム(Ethereum)についてご紹介しました。

 

LINEの阿部悠人公式アカウントでは、

暗号通貨情報の提供やサポートをおこなっております。

ぜひお気軽にお友達登録してみてください!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply