ついに「機関投資家」が本格参入か!ビットコインと金の相関性をWSJが指摘【2018年12月31日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→横ばい

本日、ビットコインは42万円台で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし

時価総額トップ10通貨でも、ほとんどの銘柄が横ばいとなっています。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でMobileGo (MGO)が約19%上昇!

取引所Huobi Koreaに上場したことで値上がりに繋がっていますね。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①ついに「機関投資家」が本格参入か!ビットコインと金の相関性をWSJが指摘

世界的新聞「ウォールストリートジャーナル」(WSJ)が、仮想通貨市場に「機関投資家」が多数参入していると指摘しました。

他人の資本を運用する投資家のプロ「機関投資家」は、多額の元本を投資するため、相場の方向性に大きな影響を与えます

ウォールストリートジャーナルは、VIXや金などの伝統的な金融資産とビットコイン価格との「相関性」(連動性)が強くなっていることを、機関投資家参入の根拠に挙げています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

上記報道では、調査分析会社エクスカリバー・プロ(Excalibur Pro)がリサーチした結果、過去5日間で金(ゴールド)とビットコインの相関係数が0.84もあったこと。

また、ボラティリティ指数(VIX)とも0.77の高い相関が見られたことを理由としていますね。

(1に近づくほど、完全に値動きが一致している)

過去、ビットコインは金などの伝統資産とは無関係に動いていました。

それがだんだん一致するようになってきたということは、「機関投資家が伝統資産と仮想通貨の両方に投資し、お金を行き来させている」証拠といえますね。

2019年は、機関投資家が仮想通貨市場を押し上げる1年になると僕は考えています。

単なる推測ではなく、いよいよ現実のものになってきましたね!

②マイニング事業のビットメイン社、CEOウー氏が退任!

世界最大のマイニング会社「ビットメイン」のジハン・ウー氏がCEOから退任すると、中国メディアが報じました

退任の理由は明らかになっていませんが、

  • CEOのポストが二名分あるビットメイン社のシステムに反対する従業員がいた(CEOを1名に削減?)
  • 仮想通貨の下落でマイニング事業が向かい風の中、ジハン・ウー氏と社員の間にトラブルが発生?

などの要因が考えられます。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

ビットコイン価格の下落でマイニング業界が大不況に陥っていますね

ビットメイン社はマイニング事業を「儲からない」と考え、AI(人工知能)分野のビジネスに注力していく計画もあるといいます。

さらに、50%の社員をリストラにする可能性もあるとのこと・・・。

散々ですね。

このニュースからは、「あのビットメインですら利益を出すのが難しいマイニング業界の悲惨さ」が伝わってきます。

③「クジラ」を追跡可能な「Spiking」が35億円の資金調達に成功!

仮想通貨の相場を読む上で無視できないのが、「クジラ」(大口投資家)の動向です。

大口投資家の入れる注文は相場を大きく動かすこともあります。

もし、そんな「クジラ」の取引を追跡できるとしたら?

シンガポールのスタートアップ「Spiking」は、クジラの取引を真似して投資できるサービスを開発し、3220万ドル(約35億円)を集めることに成功しました。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

単純に「クジラ」の取引を後出しで真似してリターンを出せるかというと、それほど簡単ではないでしょう。

それでも、大口の動向が読めるのは有利ですね!

しかも、サービス内容だけではなく、「Spiking」が約35億円の資金調達に成功していることこそ特筆に値します

仮想通貨市場は冷え切っていますが、その中で投資のためのプロダクトが資金調達に成功していることは、「仮想通貨への投資需要が今後大きくなる」ことが予測されている証拠ともいえるでしょう!

④DMM Bitcoinが最大11万1千円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!

サービス開始1周年を記念し、DMM Bitcoinが『DMM Bitcoin1周年記念!最大111,000円キャッシュバック!キャンペーン』を2019年1月1日より開催します。

上記のように、

  • 口座開設する→ 1000円キャッシュバック!
  • 取引する→ 金額に応じて最大10000円キャッシュバック!
  • 入金する→ 金額に応じて最大10万円キャッシュバック!

のキャッシュバックを「もれなく」受け取ることができます。

取引所が開催するキャンペーンとして「破格」の条件であることは間違いありません!

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

最大11万1千円ですか・・・これは目を疑うレベルのキャッシュバックですね!

DMM Bitcoinといえば、

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ネム(XEM)
  4. リップル(XRP)
  5. ライトコイン(LTC)
  6. イーサリアムクラシック(ETC)
  7. ビットコインキャッシュ(BCH)

の7通貨、計14通貨ペアに対応する本格派の取引所。

しかも、めずらしくアルトコインのレバレッジ取引に対応している点で、ぜひ登録しておきたい取引所ですね

取引手数料が無料」という大きなメリットもあるので、この機会に口座開設してみてください!

明日のビットコイン相場

現在42万6千円よりも上のラインがかなり売りの強い価格帯として機能しているようですね。

12月25日以降、何度もこの価格帯に頭を突っ込んでは叩き落されてきています。

フィボナッチを引いても丁度合致するラインなのでかなり意識されているようです。

現在2本の下向きのトレンドラインの中で推移しており、この下落ムードではこの固い天井を突破するのは難しいでしょう。

もし42万円のラインを抜けてきても、一過性の上昇に終わってしまう可能性が高いです。

このまま行けば明日に関しては39万8千円のラインまで下落してくる予想です。

フィボナッチ
フィボナッチ比率と呼ばれる人間が無意識的に意識しやすい比率に基づいて設計されたテクニカルツール。ライン上が節目となりやすい傾向にある。

本日のまとめ

  • ①ついに「機関投資家」が本格参入か!ビットコインと金の相関性をWSJが指摘
  • ②マイニング事業のビットメイン社、CEOウー氏が退任!
  • ③「クジラ」を追跡可能な「Spiking」が35億円の資金調達に成功!
  • ④DMM Bitcoinが最大11万1千円のキャッシュバックキャンペーンを実施中!
  • ⑤明日はビットコイン下落!

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply