「HB10」と「OK06ETT」で暗号通貨インデックス投資を実現!

こんにちは、阿部です。

今回は、以下のような方にオススメのトークンをご紹介したいと思います。

  • どのコインにどれくらい投資すればよいのかわからない
  • 短期的な大儲けよりも、中長期的なリターンを重視
  • とにかく時間がない。面倒なことはなるべく避けたい

上記のような方は、

  • Houbiがリリースする「HB10
  • OKEXが発行する「OK06ETT

がかなりの有力候補となるはずです。

これら「仮想通貨インデックス」と呼ばれる投資方法を解説していきます!

Houbiの「HB10」で10種類の暗号通貨へ分散投資!

まずはHoubiの「HB10」から解説します。

こちらは取引所が発行するトークンとなっており、これ1つ購入するだけで10種類もの暗号通貨へ分散投資することが可能です。

「HB10」の対応通貨

具体的には、以下の暗号通貨と連動しています。

  1. HT(フオビートークン)
  2. BTC(ビットコイン)
  3. EOS(イオス)
  4. ETH(イーサリアム)
  5. BCH(ビットコインキャッシュ)
  6. XRP(リップル)
  7. IOST(アイオーエストークン)
  8. LTC(ライトコイン)
  9. ETC(イーサリアムクラシック)
  10. DASH(ダッシュ)

どれも見慣れた暗号通貨ばかりですね。

ちなみに、最上部に記載されている、①のHT(フオビートークン)は、その名前の通り取引所Houbiが発行するトークンとなっています。

最近、取引所トークンが大変注目されておりトレンドですので大注目です!

個別に買うよりオトク?

「HB10」はその仕組み上、同じような値動きをする投資商品を自分で作り出すことも可能です。

組み入れ通貨10種類をそれぞれ個別に購入するのです。

「HB10」や、後述する、OKEXの「KO06ETT」の正体は、複数の暗号通貨をパッケージしたものにすぎないからですね。

しかしそれでも「HB10」トークンが人気なのは

  • 配当が受け取れる
  • AirDrop(無料配布)がもらえる

といった貴重な特典があるからです。

ただし「HB10」は数に限りがあるため随時チェックしておきましょう!

Houbiの公式サイトはこちら

OKEXも「OK06ETT」を発表!6種類の暗号通貨に分散投資

続いて、OKEXがリリースする「OK06ETT」についてもみていきましょう!

基本的には上述の「HB10」と同じような仕組み。取引所トークンの1つであり、複数の暗号通貨に分散投資が可能です。

「OK06ETT」の対応通貨

ただし、「HB10」の10種類に対しこちらは6種類への対応です。

具体的には、下記のラインナップが組み込まれたパッケージとなっています。

  1. BTC(ビットコイン)
  2. ETH(イーサリアム)
  3. LTC(ライトコイン)
  4. BCH(ビットコインキャッシュ)
  5. EOS(イオス)
  6. OKB(オーケービートークン)

こちらもド定番となる暗号通貨がズラリと並んでいます。

最後のOKBは、OKEXが発行する取引所トークンですね。

ちなみに、「OK06ETT」も数に限りがあるため注意しましょう!

OKEXの公式サイトはこちら

インデックス投資は株式市場でも大人気

暗号通貨にインデックス投資できるトークンは非常に便利なものですがその仕組みがピンと来ない!という方もいるはず。

そんなときイメージしていただきたいのは株式市場のインデックスです。

「日経平均株価」や「TOPIX(トピックス)」がテレビなどで報じられますよね。

これらの指数は、ある企業の株を1つだけの値動きをみるわけではなく、日本にある数多くの株式に一斉に投資していたらどうなっているか?を示している数字です。

そのため、日経平均株価に連動する投資信託やETFはそれ一本買っておけば日本全体に投資できるわけです。

このことからとても人気商品ですね。

同じことを暗号通貨市場でやっているのが上述の「HB10」や「OK06ETT」です。

暗号通貨インデックスの元祖ともいえる「Crypto20」というものもありますが、これも20種類の暗号通貨に、分散投資できるように設計されたパッケージ(詰め合わせ商品)ですね。

それだけのことですので、まったく難しくはありません!初心者こそ、ぜひ挑戦してみてほしい暗号通貨インデックス投資です。

現在のような市場全体が割安な時期はけっこうチャンスだったりしますよ!ぜひ参考にしてみてください。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す