IBM担当者「ビットコインは1億円に達する」との強気予測を発表!【2019年2月22日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう。

本日の相場は?→横ばい

本日、ビットコインは44万円台で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし

時価総額トップ10では、多くの通貨が横ばい、もしくはわずかに下落しています。

TOP100通貨|急上昇ランキング!

ここ24時間でQASHが約34%上昇

QASHを買うことができる取引所「Liquid」がクレジットカード決済に対応したことで、上昇に繋がっていますね!

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①IBM担当者「ビットコインは1億円に達する」との強気予測を発表!

世界的コンピュータ企業「IBM」のデジタル通貨部門の担当者・ジェシー・ルンド氏は、最終的なビットコイン価格が100万ドル(1.1億円)に達するとの見方を示しました。

いつかビットコインは100万ドルをつけると思うよ

合わせて、2019年末のBTC価について「5000ドル(55.3万円)だと思う」とも述べました。

IT業界で世界的に存在感を見せつける「IBM」担当者の発言は、投資家心理にも影響を与えることになりそうです。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

ビットコイン1.1億円というと、、、現在の水準(40万円)の250倍以上に当たります

もはや「強気予測」というレベルではありません笑

さすがにポジショントークでしょ、と思ってしまいそうですが、一方で2019年末の予測を約「55万円」としています。かなり控えめですね。

つまりルンドさんは、期限を設けず、ビットコインが達成しうる最大のピーク価格を「1.1億円」と言っているのであって「明日にも」というつもりではないでしょう。

これならば、むしろ「冷静」かつ「現実的」な予測といえそうです。

ちなみに僕は、ビットコイン投資の魅力は価格が「青天井」なことにもあると考えています。

たとえば、ビットコインは現在、あらかじめ決められていた発行上限枚数「2100万枚」を「増やす」計画も浮上しています。

つまり、ビットコインはバージョンアップされ、今後どんどん進化していくのです(日本円など「法定通貨」はアップデートされることないですよね)。

さらに、BTCはすでに投資対象として一定の地位を獲得済み。

無価値になることは考えにくい上、上限価格は青天井」なのがビットコインであり、こうした投資対象は貴重です。

僕もルンドさんと同じく、将来的には1億円を超えると思っています!

②テスラCEOのマスク氏「仮想通貨は紙幣よりも優れている」と主張

時価総額8位のテスラ(XLM)のCEOを務めるイーロン・マスク(Elon Musk)氏は、自身がビットコインを「素晴らしい」と考える理由について、以下のように説明しました。

「仮想通貨は通貨管理を回避している。紙幣は消滅するのではないか。仮想通貨は一枚の紙幣よりも、価値を移転するのにはるかに優れた手段であることは間違いない」

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

ちょっと回りくどいですが、要するにマスクさんは、「仮想通貨が法定通貨(米ドルや日本円など国が発行する通貨)を駆逐する」と主張しているんですね。

現在、金融庁などが仮想通貨の呼び方を「暗号資産」とするように提唱しています。

しかし仮想通貨の実態は、紛れもなく「通貨」です・・・つまり、価値を移転するのに長けた存在なのです。

送金は一瞬で済むし、手数料は安いし・・・最近の「キャッシュレス化」とも相性バツグンですよね。

とはいえ、マスクさんの予測は「強気に偏っている」と感じるかもしれません。

個人的には、仮想通貨が法定通貨を「駆逐」するまでにはならなくても、「ネット決済という限られた市場で普及すれば、仮想通貨は現在の10倍や100倍になる!」と考えています。

③データで証明!日本人はリップル(XRP)が大好き

仮想通貨に詳しいライターの高城泰氏は、ビットコイン(BTC)の「日本人保有率」が1%に過ぎないのに対し、リップル(XRP)では6%にも上るとする内容をツイッターに投稿しました。

下記は、高城泰氏がVCEAの月次データから独自に算出した、各通貨の「日本人保有率」です。

  • モナコイン/MONA 68.8%
  • リップル/XRP 6.2%
  • イーサリアム/ETH 1.1%
  • ビットコイン/BTC 0.9%
  • ビットコインキャッシュ/BCH 2.0%
  • ライトコイン/LTC 0.7%

多くの通貨の中で、リップルの日本人人気の高さが改めて裏付けられました。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

5ちゃんねる(旧2ちゃんねる)発祥の「モナコイン」は、国産コインなので、日本人保有率が高いのも当然ですね。

一方で、グローバルな通貨であるリップルが、これほど日本人に保有されていることは特筆に値するでしょう。

これは、以下のことを意味しています。

  • 日本人ユーザーが多い → XRPについて「日本語で読めるネット情報」が多くなる → 日本人が投資判断で優位に立ちやすい(多くの通貨は英語が読めないとマトモに情報収集できません)
  • リップル価格を動かしているのは、日本人投資家であると考えられる

つまり、リップル投資において日本人は有利なのです。

リップルはファンダメンタルズ(経済環境)も良好ですし、長期投資にぜひ取り入れたい通貨の1つとして、僕も常に注目していますよ!

④「ウォレット残高ランキング」コインチェックが世界9位に

仮想通貨取引所におけるウォレット(電子サイフ)の「残高ランキング」で、日本のコインチェック(coincheck)が9位にランクインしたことが分かりました。

ランキングを作成したCrypto Exchange Rank(CER)は、その詳細を以下のように発表しています。

https://cer.live/?utm_source=cer_blog&utm_campaign=Crystal

1位の取引所コインベースは21.9億ドル(約2400億円)、2位のバイナンスは17.7億ドル(約2000億円)となっており、9位のコインチェックは1億1800万ドル(約130億円)の残高と算出されました。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

「取引所ランキング」というと、多くの場合は「出来高」(取引量)の順ですよね。

しかし最近では、出来高は偽ることができる(多く見せかけることができる)ことが分かっています。

そこでCrypto Exchange Rank(CER)は、ウォレットの「残高」に着目し、取引所をランク付けしています。

たしかに、これは合理的ですね

大きなウォレット残高は、多くのユーザー数、信頼性などの裏付けとなりますし、何より偽ることが困難です(アドレス内の残高は、ブロックチェーン上に公開されています)。

また、短期トレード向けの取引所では、出来高がかさみやすく、その分過大評価されていました(BitMEXなど)。

でも、残高ベースならその心配もありませんね。

取引所を評価する上でぜひ参考にしたいランキングです。

本日のまとめ

  • ①IBM担当者「ビットコインは1億円に達する」との強気予測を発表!
  • ②テスラCEOのマスク氏「仮想通貨は紙幣よりも優れている」と主張
  • ③データで証明!日本人はリップル(XRP)が大好き
  • ④「ウォレット残高ランキング」コインチェックが世界9位に

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!

 

阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す