2倍近く急騰中!!「ライトコイン相場」が今年やってくる!?【2019年3月13日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは43万円で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし

時価総額トップ10では、ほぼ全ての通貨が数パーセント上昇しています。

時価総額トップ100|急上昇ランキング!

ここ24時間でCrypto.com Chain (CRO)が約54%上昇!

インドネシアの仮想通貨取引所「Indodax」への上場が発表されたことで上昇していますね。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①2倍近く急騰中!!「ライトコイン相場」が今年やってくる!?

多くの仮想通貨の値動きがパッとしない中、好調な価格推移を見せるコインがあります。

時価総額4位のライトコイン(LTC)です

ライトコインは、2019年始め約30ドル(3300円)で推移していましたが、現在は60ドル(6600円)付近まで上昇してきました。

なぜライトコイン相場だけがこれほど「強い」のでしょうか?

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

ライトコインが絶好調ですね!

その理由は主に2つあります。

  • ライトコインが匿名技術「MimbleWimble」を実装
  • ベネズエラ政府による国際送金サービスへの採用

どちらも大きなニュースですが、特に「MimbleWimble」関連に注目ですね。

MimbleWimble」とは、「誰が、どこへ、いくら送金したか?」などのプライバシー情報を外部から見えなくする技術。つまり匿名性技術のことです。

ライトコインはこれまで、ビットコインに似た仕組みを持つことから、その影に隠れがちでした。

しかし「MimbleWimble」採用によりライトコインは独自路線を強調

これが思いのほか高く評価され、発表時には30%の瞬間的上昇を見せています

ライトコインへの資金流入は今も続いているので、今後、明確に「売られる」動きがみられるまでは、上昇トレンドが継続すると考えています!

②ビットトレックス(Bittrex)が取引所ICO(IEO)を実施へ

アメリカ最大級の仮想通貨取引所ビットトレックス(Bittrex)が、同社初となる取引所内でのICO実施を発表しました。

取引所内でのICOは「IEO」(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)と呼ばれ、前例にはバイナンスによる「バイナンス・ローンチバッド」があります。

ビットトレックス版IEOの詳細としては、

  • セール開始時間:日本時間3月15日、10:00 AM〜3月18日、9:00 AM
  • トークン名:RAID(レイド) 「XRD」
  • 一つの口座の購入最低枚数:30,000 XRD (~10.5 USD)「約1170円」

などの内容が発表されています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

IEOとは、大手取引所が「お墨付き」を与えたICOのことですね。

野放しのICOに投資するよりも安心感があるので、その先駆け「バイナンス・ローンチバッド」は大盛況となっています。

ライバルの成功をみて、ビットトレックスもガマンできなくなったのでしょう笑

今後、他の取引所もIEOをスタートさせた場合、2019年の一大トレンドになる可能性があります。

投資チャンスは常に「他人の手垢がついていないところ」に落ちているので、新しい動きにしっかり追随したいですね!

③仮想通貨リスク(LSK)が約15%上昇!その要因は?

時価総額39位の仮想通貨リスク(LSK)がここ2日ほど、好調な値動きを見せています

リスクとは、分散型アプリケーションプラットフォームです。(時価総額第2位のETHと同じですね!)

今月11日、1.25ドル(139円)で推移していたリスクは13日、1.43ドル(159円)となり、15%近く上昇

今回の上昇要因はどこにあるのでしょうか。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

リスクも好調な値動きですね。

主な要因としては、

  • INATBA(国際信用ブロックチェーンアプリケーション協会)への加入
  • サイドチェーン(リスクと接続する別のブロックチェーン)に機械学習を実装した

などがありますが、特に前者のINATBA加入に注目したいところ。

INATBAはブロックチェーン関連ビジネス促進を目標とする協会です

同協会への加入により、ビジネスへのリスク応用や、LSKの社会的地位の向上が期待されます。

ただし、ちょっと具体性に欠ける好材料ですので、今後の継続的な上昇に繋がるかについては慎重に考える必要がありそうです。

④世界初となる仮想通貨テーマの映画『Crypto』が4月に公開

世界初となる仮想通貨をテーマにした映画『Crypto』の予告編が公開されました。

ロシアの犯罪集団による仮想通貨を使ったマネーロンダリング(資金洗浄を知った主人公が、事件を調査していくストーリーで、4月12日からアメリカでの公開が予定されています。

仮想通貨の知名度上昇が期待されるニュースです。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

やはり今回も、仮想通貨は「悪」として描かれるようですね。

世間の仮想通貨へのイメージがまたネガティブになってしまいそうですが、一人でも多くの人に仮想通貨を知ってもらえるなら・・・よしとしましょうか。笑

芥川賞を受賞した小説『ニムロッド』など、仮想通貨は世間への露出を強めています。

仮想通貨業界の発展や、市場価格にとってもよい傾向といえるでしょう。

本日のまとめ

  1. 2倍近く急騰中!!「ライトコイン相場」が今年やってくる!?
  2. ビットトレックス(Bittrex)が取引所ICO(IEO)を実施へ
  3. 仮想通貨リスク(LSK)が約15%上昇!その要因は?
  4. 世界初となる仮想通貨テーマの映画『Crypto』が4月に公開

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す