暗号通貨投資の上達には、Twitterなどの「SNS」を活用せよ!

こんにちは、阿部です。

暗号通貨の価格に大きな影響を与えるツイート(発言)で知られる、ジョン・マカフィー(McAfee)氏の「次の一手」が話題となっています

なんと、「暗号通貨を価値の裏付けとした法定通貨の発行」を検討しているとのこと。

「法定通貨に換金できることが暗号通貨の価値」と認識されている現状とは真逆の試みということになりますね!

今回はこのニュースとともに、暗号通貨で利益を出すには「SNSの活用が非常に効果的」というお話をしたいと思います!

マカフィー氏の「法定通貨」発行計画とは?

本題に入る前に、Twitterで有名な情報発信者であるジョン・マカフィー氏のニュースから見ていきましょう。

マカフィー氏は暗号通貨業界に、強い影響力を持つことで知られ、マカフィー氏が一言つぶやくだけで暗号通貨価格が急騰するシーンもおなじみです。

そんなマカフィー氏は、「暗号通貨を価値の裏付けとした法定通貨の発行」を検討しています。

なんともキャッチーで、興味をそそられる話題ですが、マカフィー氏本人はこれを「マカフィーコイン」と名付けるなど真剣さをアピールしています。

法定通貨の発行はそもそも実現可能?

そもそもマカフィー氏のいうような法定通貨の発行は可能なのでしょうか?

「法定通貨」という言葉を辞書で引くと「利用面で強制力が法律で認められている通貨」とあります。

日本では「日本円」、アメリカでは「米ドル」といった決定的な法定通貨がありますよね。

ジョン・マカフィー氏が、いくら暗号通貨業界の大物だとしても、法的なハードルをいくつか越えなければ実現は難しいのではないでしょうか?

暗号通貨に詳しくなるには?→SNSで情報収集!

ジョン・マカフィー氏が、上記のような法定通貨の発行に成功するのかはさておき・・・。

マカフィー氏のような影響力を持つインフルエンサーを追いかけておくことは、暗号通貨投資においてとても大切です。

なぜなら、こうした有識者をフォローしておくと、「最新の情報」「有益な情報」「値上がり材料」を得られるケースが多いからです。

Twitterがもっともオススメな理由

有識者が発信している媒体は、ブログやTwitter、Facebookなどいくつかあります。

このなかで、断然オススメしたいのは「Twitter」です

暗号通貨の投資家は、大抵Twitterで情報収集を行っています。

それは、Twitter情報源はタイムリーだからです。

いち早く有益な情報を得やすいですし、一度詳しそうな人をフォローしておくことでその後も自動的に情報を得ることができます。

これなら、自然と情報が入ってくるので楽ですよね。

Twitterで有益な情報が得られやすいのは、情報が循環するサイクルができているからです。

ユーザーがTwitterで情報収集するという習慣から、有識者もTwitterでの情報発信を始めるようになります。

そのほうが多くの人に読んでもらいやすいですよね。

すると、さらにTwitterに情報が集まりやすくなるのです。

Twitterでは公開されていないコアな情報を得るには、たしかに他の手段もあります。

しかし、まずはTwitterで有識者をフォローするのがもっともおすすめの勉強法です。

Twitterでの情報収集の注意点

ジョン・マカフィー氏が「暗号通貨を価値の裏付けとした法定通貨」の発行を検討していることなどについてご紹介しました。

これがもし実現し、上手く機能するようになれば、さまざまなものやサービスが暗号通貨と結びつけられる世界が実現しそうですね。

さて、Twitterの情報には「誇張」や「ポジショントーク」も多いので、すべてを鵜呑みにしないようにしましょう。

そうした注意点をしっかりと覚えておけば、SNSは有益な情報になってくれますよ!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す