Microsoftが一時的にBitcoinでの決済を停止

MicrosoftがBitcoin決済を一時的に停止

Microsoftは、Microsoftストアの支払い方法として、Bitcoinでの決済をやめるとの報道がありました。Microsoftのサポートスタッフは、この動きは一時的であるとしています。あくまでBitcoin通貨の不安定な状態、ボラティリティの高さを理由として挙げています。

Microsoftは2014年にBitcoin決済を追加しましたが、4年ぶりにBitcoinの決済オプションが一時的とは言え停止される形となります。前日までは200万円前後をウロウロしていましたが瞬間的に177万円まで落ちました。

そして、アルトコインもビットコインにつられる形で全体的に下落をしました。現在は少し価格を戻してきているので本当に一時的なネガティブなニュースによる下落でしたね。加えて韓国でも仮想通貨の口座を提供する国内6銀行を対象とした合同検査の実施を発表したこともあり、下げ相場だったことも関係しているかもしれません。

ビットコイン決済を止める企業は他にも

PC向けゲーム配信プラットフォーム「Steam」でも2017年12月の初め、ボラティリティと高い決済手数料を理由にBitcoin決済をやめました。今回のMicrosoftとほとんど同じ理由でBitcoin決済をやめたことになります。小額決済であれ国際送金であれ、「安い手数料で利用できる」これが暗号通貨の大きなメリットの1つです。ですが、Bitcoinは大きな需要と、マイナーの支持を失いつつあることによって、送金詰まりが続いていて、手数料が高騰しています。

もし、ライトニングネットワークが実装されれば・・・

ビットコインにライトニングネットワークが実装されれば、ビットコインのスケーラビリティの問題は解決すると思いますので、ライトニングネットワークの実装後に再びビットコイン決済の取り扱いが始まるでしょう。一時的との報道もありますので、今の所、そこまでネガティブにならなくていいと思っています。Microsoftからの公式な発表もまだですので、もう少し様子を見てもいいかなと。。

今回の下落のタイミングでまた安く仕込めたコインがあったので個人的にはラッキーでした。下落は常にチャンスでもあるので、有望なコインにはいつでもエントリーできるように準備だけはしておきたいところですね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す