ビル・ゲイツ財団が「Mojaloop」についてケニア中央銀行に働きかける!?【2018年9月18日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

9月18日の相場は?→下落!

本日、ビットコインは70万円台で推移していて、ここ24時間で3%ほど下落

時価総額トップ10通貨でもすべての通貨がマイナス(赤字)となっています。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間で CyberMiles (CMT)が6%ほど上昇

仮想通貨市場全体が下落トレンドの1日となっているので、10%以上の高騰を見せる通貨もありませんでした。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①ビル・ゲイツ財団が「Mojaloop」についてケニア中央銀行に働きかける!?

銀行口座を持たない世界20億の人々への決済システム普及を目指す送金システム、「Mojaloop」(モジャループ)。

リップル社とビル・ゲイツ財団が協力し、開発を進めてきました。

そして新たに、Mojaloop普及のため、ビル・ゲイツ財団がケニア中央銀行に関与しようとしている、というニュースが報じられています!

いったいどのようなことでしょうか?

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

ビル・ゲイツ財団は、ケニアにMojaloopを普及させるのに必要な各種ライセンス(許認可)を取得する必要があり、ケニア中央銀行との関与していると思われます。

ただし、リップル社の仮想通貨「XRP」と「Mojaloop」は一体ではなく、それぞれが独立した存在という点には注意しましょう。

そのため、Mojaloopが成功しても100%リップルの値上がりに繋がるわけではないのです。

しかしマーケットからのイメージも含め、間接的にはMojaloopの成功がXRPにいい影響を与えることにはなります

XRPホルダーにとっては、一応の朗報といえるでしょう!

②SECは「ETHは有価証券ではない」を撤回か?

さまざまな議論の末、現在では「イーサリアムは有価証券ではない」と認識されています。

その元となっているのが、SEC職員による「イーサリアムは有価証券として規制されない」という発言です。

しかしここに来て、SEC委員長のClayton氏が「それは個人的見解であり、SECの見解ではない」という見方を示しています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

この問題はまた振り出しに戻ってしまうのでしょうか。

ちなみに、「有価証券」と認定されると規制対象となり、イーサリアムにとっては下落要因となります。

投資家にとっては重要な問題ですが、こればかりはどうなるか予測できませんね。

強いて言うなら、有価証券かどうかのSECの判断基準が変わったわけではないので、前言撤回される可能性は低い、と思っています。

③仮想通貨とブロックチェーンの「応用」最新動向

仮想通貨とブロックチェーンの将来性は高いと認識されているものの、現実世界で、どのようにそれを応用していくのかが見えにくくなっています。

上記ツイートでは、ブロックチェーンの応用例として「セキュリティ・トークン」が有力ではないか、と紹介されています。

これは「証券のトークン化」のことで、株式などの有価証券を仮想通貨に置き換えたり、ブロックチェーンでやり取りしたりすることを指します。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

「仮想通貨は使えない」だとか「ブロックチェーンは応用できない」などと言われることも、残念ながらあります。

しかしそれは、現時点での状況だけを見ているからだ、と言わざるをえないでしょう。

これまで仮想通貨なしで回ってきた古い世界に、無理矢理ブロックチェーンや仮想通貨を当てはめようとしてもなかなか難しいです

しかし、世界が電子化、無人化などを進めていく上で、これから登場する商品がブロックチェーンを応用したり仮想通貨を組み込んだりしていく、という事例は増え続けるでしょう。

長い目で見ていきたいところです!

④リップル社システム採用「Money Tap」今秋リリースへ

リップル社の送金システム「xCurrent」を採用したスマホ送金アプリ「Money Tap」(マネータップ)。

先日ウェブサイトが公開され、今秋(2018年秋)にAndroid版とiOS版アプリがリリース予定であることが分かりました。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

Money Tapはリップルシステム採用ということで注目していたのですが、ついに進展がありましたね。

「内外為替一元化コンソーシアム」という、住信SBIネット銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行など60以上の銀行が加盟するコンソーシアムがあります。

この組織がリップルのxCurrentを採用して作成したのがMoney Tapです。

この多くの銀行がリップルを選んで作ったMoney Tapが成功するのか、注目しましょう!

9月18日のまとめ

  • ①「Mojaloop」のビル・ゲイツ財団、ケニア中央銀行に働きかける!?
  • ②SECは「ETHは有価証券ではない」を撤回か?
  • ③仮想通貨とブロックチェーンの「使い道」の最新動向
  • ④リップル社システムを採用した「Money Tap」今秋リリース

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Leave a Reply