穴場?実はネタの宝庫?暗号通貨の情報収集に使える掲示板

こんにちは、阿部悠人です。

暗号通貨投資をしていく上で、新鮮な情報、鮮度の高い情報をどのようにして仕入れるかが暗号通貨投資の成功と失敗を分けると言っても過言ではありません。それくらい重要なものです。それは暗号通貨投資をしている方であればその重要性についてはしっかりと理解していると思います。

ニュースサイトやまとめサイトを見て情報収集をしている人もいると思いますが、そのような情報は早くても数時間遅れでネット上にアップロードされますので、その頃には価格も上がりきっていて買いのエントリーをするタイミングを逃してしまい、高値掴みをしてしまった人もいると思います。

そうならないためにもやはり、どれだけ早く新鮮な情報を仕入れられるかが鍵を握ってきます。実際にどのようなところで情報収集をすればいいのか今日は2つ紹介をしたいと思います。

1つ目はTwitter

Twitterは利用者が多く、Bitcoin.comのCEOであるロジャー・バー氏やイーサリアム開発者のヴィタリック・ブテリン氏などの暗号通貨業界の有名人もTwitterをやっています。また、各暗号通貨の公式アカウントもあり、公式アカウントから最新の情報を得ることもできます。

加えて、Twitterの検索機能を使うことで自分の知りたい情報だけをすぐに仕入れる事もできます。Twitterの検索窓に知りたい暗号通貨の名前を入れる事でその暗号通貨についての全てのツイートを見ることができます。

もし、直近で何か材料がある場合には公式Twitterアカウントが何か投稿していたり、すでに先に情報を仕入れた人がツイートをしていたりもします。Twitterは簡単に情報収集できる反面、注意しなければならないことはデマ情報も早く出回るのでそういった情報を掴まないように気を付けなければいけません。

2つ目は各取引所の掲示板

チャットログと呼ばれたりもしていて、多くの取引所にあります。日本のメジャーな取引所であるビットフライヤー、ザイフ、コインチェックにもチャットログはあります。このチャットログの最大の特徴としてはリアルタイムに情報を取得できるということがあります。これはかなり大きなメリットだと言えます。

コインチェックやザイフをネットで見るとチャートを見ながらチャット機能も利用・閲覧することができます。ですが、流れが早く、雑談等も混じっているのでこの点に関してはデメリットと言えます。

まとめ

今日はTwitterやチャットログの説明をしました。情報は鮮度も大切ですが、デマ情報を掴まないようにもしないといけませんね。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す