リップル845億円相当(210億XRP)の大量送金を検知!その目的とは?

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→上昇!

本日、ビットコインは41万円台で推移しており、ここ24時間で約2%上昇

時価総額トップ10通貨では、イーサリアム(ETH)が7%も上昇しています。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

ここ24時間でChainlink (LINK)が約18%上昇!

スマートコントラクトの実用化を加速させるプロジェクトとして期待感が高まっていますね!

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①リップル845億円相当(210億XRP)の大量送金される!その目的とは?

仮想通貨の大口送金を追跡するbot「クジラアラート」(Whale Alert)が2日、リップル(XRP)の大量送金を知らせました

送金されたのは総額2,133,569,088XRPで、日本円換算で約838億円相当となる超大口取引です。

この動きの正体は何だったのか?

これには、「ロックアップ」という仕組みが関係しています。

リップル社はXRP総量の約60%を保有していますが、それが一度に売りに出されると価格は暴落してしまうため、リップル社はXRPの売却額を毎月10億XRPまでに制限しています。

もし売却額が月当たり10億XRPを下回った場合、残りは「エスクローアカウント」へと送金されます

この動きがXRP大量送金の正体と見られています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

結論、XRPの市場価格に影響する出来事ではありませんでした。

一般的には、「大量送金=誰かが仮想通貨を買おうと(売ろうと)している?」というサインの可能性があります。

たしかにビットコインの場合はギクリとするのですが、リップルの場合、「大量送金!?……ああ、リップルさんか。」って感じになりますね笑

ちなみに、上記838億円相当のリップル送金に要した手数料は、わずか1セント以下(1円ほど)だったとのこと。

改めて、すさまじいコストパフォーマンスを見せつけてくれましたね!

②リップル(XRP)を抜き、イーサリアム(ETH)が時価総額2位に浮上!

仮想通貨の時価総額ランキングで、イーサリアム(ETH)がリップル(XRP)を抜き、2位を奪還しました(2019年1月3日現在)。

過去7日間の価格推移(右端)を見ても分かるとおり、直近では両通貨が上昇しています。

このことから、イーサリアムがリップルを上回る上昇率を連発し、アルトコインNo.1の座を奪還したことが分かります

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

イーサリアム急上昇の要因は、1月16日頃予定のアップデート「コンスタンティノープル」(Constantinople)ですね!

時期的には少し先ですが、仮想通貨によく見られる「期待上げ」です。

また別の理由として、ここ1年で95%の下落率を記録するなどのイーサリアムの「下げすぎ」もありました。

ETHとXRPの競争が激化していますが、ファンダメンタルズ(経済環境)はどちらの通貨も悪くはありません。

イーサリアムはICO市場の低迷が打撃になっているものの、上述のように95%減と割安感がありますし、リップルは世界中で「リップルネット」の採用が進んでいます

どんどん競い合って、仮想通貨業界を盛り上げてほしいですね!

③ドル円相場が「瞬間暴落」し、ビットコインも急落!

ビットコインは3日朝、42万3千円から41万4千円に急落しました(下図)。

まったく同じタイミングで、米ドル/日本円相場も急変していました。

約109円から105円までの超大幅下落を記録しています(下図)。

昨今、米ドル相場とビットコイン価格の連動性が指摘されています。

安定感の高いドル円相場では非常にまれな急落により、ビットコインが巻き添えとなり、下落した形です

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

今朝のドル円の下落はスゴかったです……。

フラッシュクラッシュ(瞬間暴落)と呼ばれるこの現象は、Appleの業績不振などの影響で生じました。

仮想通貨とAppleの業績が連動するなんて変な感じですね。

ところで、このような連動が起きているのか?

それは、為替とビットコインの両方に投資するトレーダーが増加してきているからです。

たとえば為替の下落により追証が発生すると、その支払いのためにBTCが売られたりします。

また、仮想通貨が伝統資産と比較される地位になってきたことも大きいでしょう。

ビットコインと、為替・株式・商品などの伝統資産との相関性は、今後さらに強くなっていくはず。

僕たちも、伝統資産に投資するトレーダーの「心理」や「お金の循環」を意識した立ち回りが必要になりますね

④ビットコイン開発者「BTCはアルトコインよりも優れている」

著名なビットコイン開発者ジミー・ソン氏は31日、自身のブログにて、ビットコインは分散的(非中央集権的)であるため、他の仮想通貨よりも突出して優れていると述べました。

「分散化の強みは分かりづらいことが多く、捨て去られがちだ。しかし、それこそが真の利点である」

ビットコインには特定の管理者は存在していません(非中央集権的)。

この性質が、特定の人物や企業の存在感が大きいアルトコイン(中央集権的)よりも優れるとの主張は、果たして的を射ているのでしょうか。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

ソン氏は名指しこそしていないものの、「ICO」のプラットフォームであるETHと、リップル社の影響が大きいXRPに対して、「俺のほうがスゴいんだぞ!」と言いたげですね笑

たしかに、仮想通貨は「非中央集権的」であるがゆえに特別な存在です。

とはいえビットコインにおいて、一部のマイナーがマイニング比率を高め、発言力を強めていることや、中央集権的な性質を持ちかねない「ライトニングネットワーク」によってアルトとの競争力を強化しようとしていることも事実です。

そのためビットコインが本当の意味で突出した存在になるにはまだ課題も多いと思いますが、皆さんはどう感じますか?

本日のまとめ

  • ①リップル845億円相当(210億XRP)が大量送金される!その目的とは?
  • ②リップル(XRP)を抜き、イーサリアム(ETH)が時価総額2位に浮上!
  • ③ドル円相場が「瞬間暴落」し、ビットコインも急落!
  • ④ビットコイン開発者「BTCはアルトコインよりも優れている」

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

3 件のコメント

  • 初めまして。
    有益な情報を毎日配信頂き
    ありがとうございます!
    仮想通貨に関して、現在コインもICOも分散したまま塩漬け状態です。
    最終的にbit、eth、xrp等にまとめる予定ですが、早めに塩漬けコインを損切りするか?時期を待って相場上昇してきたら交換すべきか?悩んでいます。
    阿部さんのご意見を是非お聞かせ頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

    • 悩む時間がもったいないので、すべて切って主要通貨にまとめるのがいいかと思いますね!
      ないし、今年プラスにもっていければ税金処理で損益換算できるので、それにも使えますね。

      • 阿部さん、アドバイスありがとうございます
        やはりスピードが重要ですね。
        参考にさせて頂きます!
        このページに返信頂いてたのですね、
        今日気づきました‍♀️

  • Leave a Reply