なぜXRPに価値がある?誤解されがちな「リップル」5つの疑問【2019年3月9日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

今日の相場は?→横ばい

本日、ビットコインは43万円で推移しており、ここ24時間の値動きはほぼなし

時価総額トップ10では、ほとんどの通貨が小幅高となっています。

時価総額トップ100|急上昇ランキング!

ここ24時間でProject Pai (PAI)が約66%上昇!

アプリの最新版が発表されたことを受け、上昇に繋がっています。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう。

①なぜXRPに価値がある?誤解されがちな「リップル」5つの疑問

仮想通貨リップル(XRP)とそれを発行するリップル社は、様々な面で誤解されがちです

有名経済誌Forbesは、その代表例として以下を挙げています。

  • 誤解1:XRPは必要ない
  • 誤解2:XRPは価格変動が激しい、よって銀行は保有しない
  • 誤解3:リップル社はXRPを追加発行できる
  • 誤解4:リップル社がXRPの市場価格を操作している
  • 誤解5:リップル社の収益モデルはXRPである

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

「リップル」という言葉には、「仮想通貨XRP」と「リップル社」の2つの意味がある・・・これはリップルを理解しにくくしている理由の1つです。

しかし、こんなのは序の口

Forbesの言うように、リップルは誤解されやすいプロダクトです。

たとえば、「①XRPは必要ない」と感じている人は多いようですが、、、これももちろん誤りです

リップル社の国際送金システムとして代表的なのは、下記の2つです。

  1. 「xCurrent」→ 仮想通貨XRPを使わない国際送金システム
  2. 「xRapid」→ 仮想通貨XRPを活用する国際送金システム

どちらのシステムも国際送金が可能であるため、「結局、銀行間の国際送金にXRPは不要なのでは?」と言われることも多いです。

しかし、フィアット(米ドルや日本円など)よりも、仮想通貨XRPのほうが送金コストが低く済むという事実を忘れてはいけません。

XRPはより「安い手数料」で送金できるため「少額」の送金にも向いています。

こうした根っこの仕組みがあるから、「XRPには価値がある!」と断言できるわけですね。

②「核ミサイルに耐える」鉄壁の仮想通貨カストディサービス登場

スイスのネット銀行Swissquoteは、仮想通貨企業Crypto Financeと提携し、「核ミサイルに耐える、高セキュリティのカストディサービス」の提供を開始すると発表しました。

仮想通貨カストディとは:
仮想通貨を安全に保管するサービスのこと。信頼性の高いカストディの増加は、機関投資家の仮想通貨参入および価格上昇に繋がると考えられる。

Crypto Financeはセキュリティを高く評価される仮想通貨企業。

  1. ビットコイン
  2. イーサリアム
  3. XRP(リップル)
  4. ライトコイン
  5. ビットコインキャッシュ

の取引を、スイス国立銀行と同レベルのセキュリティ水準で提供しています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

「核ミサイルに対応するってどういうこと?」って感じですよね。

そのカラクリは、セキュリティの心臓である「サーバー」を、スイスのアルプス上の軍事バンカー(守備施設)に設置しているということ。

軍事バンカーは核ミサイルに対応しているので、「核ミサイルに耐える仮想通貨カストディサービス」という文句も嘘ではないようです笑

いずれにせよ、鉄壁のセキュリティを持つカストディの登場は、巨額の資本を安全に保管したい機関投資家(他人の資本を運用する投資のプロ)の参入を促す好材料と言えます!

③世界最大級の取引プラットフォーム「eToro」がアメリカへ進出!

株・為替・商品(コモディティ)取引などを提供する総合取引プラットフォーム「eToro」が、アメリカで仮想通貨取引サービスを開始すること分かりました

アメリカでの取り扱いの仮想通貨は、

  1. ビットコイン(BTC)
  2. ビットコインキャッシュ (BCH)
  3. イーサリアム(ETH)
  4. ライトコイン(LTC)
  5. ステラ(XLM)
  6. リップル(XRP)

などがラインナップされており、今後さらに追加される予定です。

「eToro」は、イスラエルを本拠に1000万人以上の登録ユーザーを抱える、世界最大級の取引プラットフォームです。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

eToroは「仮想通貨取引プラットフォーム」と説明されることが多いのですが、アクティブユーザーの50~60%は仮想通貨「以外」の取引をしています。

また、登録ユーザーは1000万人以上を抱えています(参考:コインチェックで170万)。

そんなeToroのアメリカへの対応は、他市場から仮想通貨へのさらなる資金流入が期待できるニュースとして注目

業界での注目度も相当高いので、今後の動向は超チェックです。

④コインチェックのハッキング「北朝鮮」ハッカー集団が関与

日本経済新聞は、2017~18年の仮想通貨取引所ハッキング事件のうち、推計5億7100万ドル(約627億円)の被害について「北朝鮮」が関与したと報じました。

2018年1月の「コインチェック580億円流出事件」についても、北朝鮮のハッカー集団によるものだったとしています。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

これまでにも、いくつかのハッキング事件について「北朝鮮による仕業では?」との憶測が飛び交っていました。

それらはウワサの域を出ませんでしたが、今回は、

  • 日本経済新聞が報じた
  • 国連安全保障理事会の専門家らによる「報告書」が情報源となっている

ことから信頼できる情報源。

北朝鮮はほぼ「クロ」だと思ってよさそうです。

国家による計画的犯行だったと思うと、ゾッとしますね・・・。

僕たち投資家にできることは何もありませんが、取引所には今後、鉄壁のセキュリティ構築をお願いしたいところです。

本日のまとめ

  1. なぜXRPに価値がある?誤解されがちな「リップル」5つの疑問
  2. 「核ミサイルに耐える」鉄壁の仮想通貨カストディサービス登場
  3. 世界最大級の取引プラットフォーム「eToro」がアメリカへ進出!
  4. コインチェックのハッキング「北朝鮮」ハッカー集団が関与

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す