知らないと損をする!メルカリでよくある3つのトラブル対処法

 

 

 

こんにちは、阿部です。

 

「えー何それ・・・」

あなたはメルカリで販売していて

トラブルにあったことはありませんか?

 

ビジネスとしてメルカリを利用すれば

何度も販売・購入をすることになり

トラブルは避けられないでしょう。

 

今回は、そのようなときの対処方法

いくつかご紹介させていただきます。

 

たとえば

『なぜかわからないけど商品ページが削除されてしまった』

という経験はありませんか?

僕は何度か経験しており

その度に何とも言えない悲しさを味わっています。

 

まずは、そのような

商品削除にどう対応すればいいのか?

説明していきます。

 

1 「出品停止」になってしまった時の対処法

先ほどの画像によると停止の原因は

「複数の商品を掲載しその中から購入する商品を選択させる形式の出品」

とあります。

 

僕の商品説明欄の

・「他にも色違いを出品しています」

・「他の商品とまとめ買いでお値引きします」

がそれに引っかかってしまったそうです。

 

「なんで?メルカリの事務局はとっても厳しいの?」

と思う方も多いかもしれませんが、そうではありません。

 

メルカリ事務局が自分から商品を削除するのではなく

その商品を見ている人が『通報』する事によって削除されます。

 

メルカリでは誰でもこの画面で通報できるようになっているのです。

 

悲しい事ですが中には通報をするために

商品を見ている人もいるそうで

「少しでも違反かな?」と感じることを記載してしまうと

すぐに通報されてしまうのです。

まずは自分の商品説明欄に

落ち度はないかどうかを確認してみてください。

 

全ての商品に同じ説明文が記載してあるにもかかわらず

一つの商品だけ削除されたという場合は

あまり気にしなくても大丈夫です。

たまたまその商品に通報が重なってしまったのでしょう。

 

ですが、ひんぱんに商品が削除されてしまう場合

いったん商品説明欄に

「いたずら通報はやめてください。違反商品ではありません。」

と記載してみてください。

 

もちろん違反しているものを出品すれば

通報されるのは当たり前ですが

そうではない商品にわざわざ理由をつけて通報されるのであれば、

それは「いたずら通報」となります。

 

それでも商品削除が相次ぐようでしたら事務局に相談しましょう。

問題ない商品だった場合は削除された商品を復元してくれますし

通報されても削除されないようにしてくれます。

もしいたずら通報に悩まされている場合は

事務局に相談してみてくださいね。

 

では、次にメルカリでよくある

「画像が表示されないトラブル

についてご紹介していきます。

 

2 「画像が表示されない」時の対処法

この症状の原因は2つあります。

1つ目は、メルカリのサーバーが混み合っている場合

2つ目は、ご自身のインターネット回線の状況が良くない場合

 

まず

◆1つ目の混み合っている場合

数分待っても画面が表示されず「おかしいな」と思った時は

大抵メルカリのサーバーが混み合っている場合が多いです。

 

この時は緊急のメンテナンスが入ります。

だいたい、1時間~2時間くらいです。

 

◆2つ目のインターネット回線が思わしくない場合。

この場合は通信が良くできる回線に切り替えるか、

繋がりやすい場所に移るかのどちらかになります。

 

私の場合、事務所の固定回線を使っているので

画像が表示されないということはそうそうありませんが、

スマホのキャリア回線を使用するとたまに遭遇してしまいます。

 

ドコモの場合だと7GBの通信容量を超えた場合、

128kbpsとほぼ使えないと言っていいくらい遅くなります。

 

この時、2GBごとに2,500円をキャリアに支払えば元に戻りますが、

それならワイマックスのモバイルルーターを

月2,500円で契約したほうが使える容量も多く経済的です。

 

画像が表示されない場合は

上記の2つのどちらかであるので

事象に合わせて対処していきましょう。

 

最後は

出品者として「返品・返金」の対応を迫られた時

対処方法についてご紹介します。

 

3 「返品・返金」の対応方法

ネット上での取引であり、商品の印象を決める画像も

撮り方によって変わってくるものです。

 

そのため、思っていたイメージと違ったという内容から、

服についたシミ、電化製品が動作しないなど出品時に気づかなかった点など

様々な理由があるかと思います。

これらの事柄を3つに分けて対応方法を紹介します。

 

1、購入者に非がある場合

・思っていたものとイメージが違う

・やっぱり必要なくなった

上記のようなことに関しては購入者側の都合であるため、

基本的に返品・返金は受け付けなくて大丈夫です。

 

2、出品者側に非がある場合

・説明に記載されていない汚れ・つぶれ・破損がある

・商品が動作しない、使えない

・そもそも間違った商品を送ってしまった

上記の場合は出品者側に責任があります。

 

商品が1,000円以下の安価な商品であれば

あげてしまってもいいかと思います。

 

高価な商品であれば、まず返品をしてもらいましょう。

届きましたら、事務局にお問い合わせをして

取引のキャンセルを行います。

送料は、出品者側がすべて持ちます。

 

3、運送会社に非がある場合

・商品が紛失してしまった

・発送途中に商品が破損・汚れてしまった

上記の場合については購入者側との交渉となります。

 

紛失に関しては、まず運送会社に問い合わせましょう。

『間違って違うところに投函してしまった』ということも

ありますので、しばらく待ってみましょう。

 

何日経っても出てこない場合は

出品者側が費用を負担するのがいいかと思います。

 

定型外郵便で送ってしまった場合

探す方法がないので『問い合わせ番号がある発送方法』をとりましょう。

 

汚れ・破損に関しても同様に、出品者側がいくらか負担する形で

購入者さんと話をつけるのが良い方法だと思います。

 

4 トラブルはつきもの、対処は冷静に

今回はメルカリでのトラブル対処法をご紹介しましたが、

いかがでしたでしょうか?

 

商品の売買にはトラブルがつきものです。

冷静に対応できるように上記のことについて

頭に入れておくといいかと思います!

 

ぜひ参考にしてください。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です