メルカリ1000万ダウンロードの秘訣に迫る。

こんにちは、阿部です。

 

 

皆さん知っていましたか?

スマホアプリのメルカリがついに900万ダウンロードを

1月24日を持って達成しました。

 

12月6日に700万ダウンロード達成したばかりで

たった6週間で200万もユーザーが増えるという驚きの伸び率。

 

私の予想では2月14日に

1000万ダウンロード達成したことが発表されるのかなと思います。

*2月2日をもって1000万ダウンロード突破しました

2か月で300万ダウンロードされたことになります*

 

1000万という大台になったら

大大的にキャンペーンがありそうですね。

 

ここでメルカリの歴史を見ていきましょう。

 

2013年7月2日に「メルカリ」が

Androidでリリースされ、23日にはiOSでもリリースされる

2014年5月に200万ダウンロード達成。初のテレビCMが放映される。

2014年6月6日に300万ダウンロード達成。

2014年7月22日に400万ダウンロード達成。デザインのリニューアル

2014年9月16日に500万ダウンロード達成。そしてMercari US

をリリース。

2014年10月1日に販売手数料が10%に変更

2014年11月6日に600万ダウンロード達成。

リアルフリーマーケットを開催

2014年12月6日に700万ダウンロード達成。

2015年1月 24日に900万ダウンロード達成。

2015年2月14日1000万ダウンロード達成見込み。

 

これほどまでヒットしたのは、

スマホしか使わない層にうまくアプローチできたからですね。

 

そのため、ヤフオクのユーザーと

取り合いになりにくい構図となっております。

 

ヤフオクってオークション制で

欲しい商品があっても3日から1週間ほど

入札しておいて待たなければならないですよね。

 

アマゾンが伸びているのがわかるように

すぐ手に入り安心したシステムというのがとても重要です。

 

メルカリは固定価格の即決制で

欲しいものがあったら簡単に購入できます。

 

さらに、運営側が取引の仲介をしており、

従来ネットで買う際に「本当に届くか不安」という要素を

うまく取り除いたのも大きな要因です。

 

インターフェイスも見やすく、

個人間のやり取りで安く買える。

 

さらに、コメントで気になる点があったら

気軽になんでも聞ける仕様になっており、

商店街で商品を買うのに似てますね。

 

 

いつでもどこでもスマホだけでできる

「メルカリ」は今度も伸びていきますし、

さらにビジネスチャンスが広がってきますね。

 

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

2 件のコメント

  • コメント失礼します!
    3月25日にやって、お金はいつ銀行の方に振り込まれてますかね??教えてください!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です