amazonで売れるコツはFBA出品!そのメリットとは

 

 

こんにちは、阿部です。

 

あなたは売上を伸ばすための工夫・コツについて考えていますか?

 

amazon販売で売上を伸ばすためには

「回転率の良い商品を売ること」

「一円でも高く、商品を売りぬくこと」

二つの要素が重要です。

 

月に一点のみ高値の商品が売れたとしても

コンスタントに収益を上げることは難しく

反対に回転率の良い商品を多く売っていても

利益が出ていないのであれば良い成果には繋がらないからです。

 

amazon販売で在庫の回転率を高め

より高い値付けで商品を売りぬくために有力な手段の一つが

FBA出品です。

 

ここではFBA出品と自己出品の違い

FBAと自己出品の価格差についてご紹介します。

 

FBA出品とは

FBAとはフルフィルメント by Amazonの略であり、出品者に代わってamazonが注文を受け付け、

出品者がamazon倉庫に納品した在庫を注文者に出荷するプログラムのことです。

 

注文情報の処理とamazonの倉庫からの出荷、口座への入金に加え

amazon.co.jpへの注文と同様に国内配送料無料サービスや

ギフト包装、返品を含むカスタマーサービスが適用されます。

 

FBA出品されている商品は

amazonの商品ページ上では

「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表記されます。

amazon販売においてFBA出品を利用することの最大のメリットには、2017年5月現在においては出品者の信頼度の向上が挙げられます。

 

2017年4月度は

国内amazonのマーケットプレイスに

自己出品による詐欺アカウントが出店

更には

他の出品者のアカウント乗っ取りと

カスタマーの個人情報の抜き取り

売上金の不正受け取りが行われるなど

amazonの出品者・購入者の双方に激震が走りました。

 

amazonマーケットプレイスを利用した詐欺の特徴は

特定出品者を対象にするのではなく

一般の購入者も無差別にターゲットとなっていることです。

 

騒動についてはYahoo!ニュースをはじめ

大手ウェブメディアで報道されたため

カスタマーはamazonマーケットプレイスを利用した決済に対して

敏感になっていると考えられます。

 

amazon.co.jpの詐欺アカウントに共通している特徴は

商品ページに対して

FBA出品ではなく自己出品を行っていることです。

 

その理由としては

実際には在庫を確保していない商品を出品していることが指摘できます。

自己出品では、注文が入っても出品者の意思で発送しないことができます。

しかし、FBAでは注文が入れば、出品者が納品した在庫をもとに

amazon側が自動的に商品を発送するからです。

 

 

つまり

FBA出品を行うことは

増加する詐欺出品者と自身のアカウントの圧倒的な差別化に繋がり

amazonでの買い物に不安を覚えている購入者に

安心感を与えることが出来るのです。

 

FBA出品と自己出品の値付けの違い

出品者はamazonの商品ページに対し、FBA出品自己出品の二通りの方法で商品を出品できます。

 

二通りのうち

どちらの出品形態を選択するか?

によって特に新品商品の値付けは変わります。

 

amazonの商品ページの一番上に

出品者として表示される権利である

「カートボックス」を得ることがamazon販売の鍵です。

 

つまり

amazon販売における理想的な値付けとは

「カートボックスを獲得出来る値付け」を指す

と言えます。

 

カートボックスを獲得できない多くの出品者の方が

まず最初に考えるのは

出品価格を下げることではないでしょうか。

 

勿論、価格を下げることは販売数を伸ばす上では有効ですが

amazonのカートボックス獲得率は

出品価格だけを参照して決定されているわけではありません。

カートボックスの獲得資格は

一定のパフォーマンスを達成している大口出品者に提供され

その上で

実際にカートボックスを獲得できるか否かは

「注文不良率」

「その他の出品者のパフォーマンスの指標」

「配送スピード、配送方法、価格、FBAの利用によるものも含む年中無休のカスタマーサービスなどを通じて、商品と共に購入者に提供されるショッピング体験全般」

などによって決定されます。

 

つまり

amazonでは「価格」とは

ショッピング体験を左右する

要素の一つに過ぎないと考えているということです。

 

多少価格が高かったとしても

「配送スピード、配送方法、カスタマーサービス」が

充実していればカートは獲れるのです。

 

amazonの商品ページに出品しているFBA出品者の多くは

自社の値付けを自己出品の最安値よりも高く設定した上で

カートボックスを獲得しています。

 

その理由としては

FBAを活用することで

amazonの求める配送スピードやカスタマーサービスに

応答可能であることに加え

自己出品に比べ

消費者が商品を安心して購入しやすいことなどが考えられます。

 

FBA納品時の配送料無料キャンペーンを活用しよう

amazonでは2017年12月31日まで

有料サービスであるFBAパートナーキャリアを使用した場合の

amazon倉庫までの在庫の配送料が

何度でも無料となるキャンペーンを展開しています。

amazon販売を行う上で

FBA出品においても自己出品においても

ネックとなるのは送料の高さです。

 

例えば

一つの段ボール箱に

一点につき500円の利益がでる水筒を

5点詰めて納品を行うとします。

 

送料が1500円の場合

利益は1000円です。

 

1000円の利益は

価格の変動リスクによって

相殺される可能性が十分に大きいといえる額です。

 

だからこそ

amazon販売を行う上では

商品選定と同時に送料を抑えることが非常に重要です。

 

FBAのメリットを享受した上で

納品にかかる送料を

12月31日までゼロにすることが可能な

今回のキャンペーンはamazon販売を検討している方であれば

利用しない手がないと言っても過言ではありません。

 

ここまでFBAを活用し

amazonで売上を伸ばす方法について解説してきました。

 

amazonマーケットプレイスを悪用した詐欺が多発している現在

まず出品者が行うべきことは

カスタマーからしっかりと信頼を勝ち取ることです。

 

FBAを利用することで

カスタマーは安心して商品を購入することが出来るため

信頼性の低いアカウントとの圧倒的な差別化が可能です。

 

また、品のカートボックス獲得率も上昇します。

 

amazon販売で成果を挙げたい方は

ぜひ、参考にしてください。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す