初心者が稼ぐならフリマアプリで無在庫販売!簡単便利な方法教えます

 

 

こんにちは、阿部です。

 

朝のランニングで糖分が足りなくなったので

コンビニで甘いものを購入することにしました。

 

色々見ていると

以前は120円程だったアイスが140円に

80gで100円だったクッキーが70gで100円になっており

円安・原料高の影響を実感しました。

 

普段ならそのままコンビニで購入するのですが

食料品も買いたかったため近くのスーパーに行きました。

 

行ってみると

コンビニと同じアイスでも88円でした。

たった100,200mしか離れていないのに

50%近くもコンビニの方が高いのです。

 

「価格差」は場所を変えるだけでも生まれますし

技術革新等でも同様に生まれます。

 

物販は「安く仕入れて高く売る」のが基本であり

極端にいえばスーパーで仕入れて

コンビニで販売することでも

稼ぐことができます。

 

今回は、そのような視点を変えた

「メルカリ販売の仕入れ先」

仕入れ先をうまく活用する「無在庫販売」の方法

を紹介していきます。

 

場所による価格差は転売の基本!

あなたはKDDIが運営している「BtoBモール」をご存知ですか?

 

「BtoB」というのは

Business to Businessの略です。

 

企業(法人)を相手にして

事業や商取引を行う会社のことを

BtoB企業と呼びます。

集まっている企業は中国製品を主に扱う業者が多いという印象です。

 

そして先日

「ここのBtoBモールを使って初月で利益50万を出しました!」

という方がいらっしゃいました。

 

その方は

無在庫でメルカリにひたすら出品して

売れたら、BtoBモールから仕入れて発送していたそうです。

 

無在庫なので在庫のリスクはありませんからね。

「売れたら仕入れる」だけです。

【数打ちゃ当たる戦略】で出せば出すほど売れていきます。

 

肝心の仕入れ値ですが

「メルカリよりも安いの?」と思う方が多いかもしれません。

 

中国から仕入れている僕からすると、特段安くはありません。

しかし、メルカリで高く売れるので仕入れ先として魅力はあります。

 

国際送料や代行手数料などを含めた金額ですし

日本の業者がほとんどであり

検品もしっかりされているので

品質はそれなりに良いです。

 

海外から買い付けるのが不安という方は

BtoBモールやその他の業者専用の買付場にて

仕入れてみてはいかがでしょうか?

 

netseaの無在庫販売は稼げる?

ここで1つ、いただいた質問についてシェアしていきたいと思います。

–質問————————–

阿部さま

初めまして!

いつもメルマガ楽しませて頂いています!

今回のメルマガでネッシーのがありましたが、質問させて下さい。

私もネッシーは登録していて使えるのですが。

メルカリで同時に売れればいいのですが、1つ売れる度に発注をすれば

送料がかなりかかり利益がとれないのではとネッシー→メルカリを躊躇しています。

阿部さんはサンダルをたくさん販売された!

とのことでしたが送料の部分はどう解決されたのでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします。

–回答————————–

メルマガでは卸サイトの「netsea」について

少し取り上げてました。

 

そこで

「netsea」の商品をフリマアプリに無在庫で販売して

稼ごうと思った方も多いかと思います。

 

探してみると意外と多いのですが

卸サイトと言われるものは沢山見つかります。

 

「netsea」が代表的ですが、他にも

・楽天BtoB(現在受付中止中)

・イチオクネット

・スーパーデリバリー

などがあります。

 

しかし

『フリマアプリ受けしそうな若者向けの商品』

という点で見ると「netsea」がおすすめですね。

 

この「netsea」というサイトですが

誰でも会員登録ができ、すぐに発注することができます。

 

*販売者さんによっては取引申請してから時間がかかる。

あるいは、断られてしまうこともあります。

 

そして

「取引申請」を済ませると価格が見られます。

「原価+送料」というのが実際の仕入れ値となります。

ここで

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

原価が 1,000円以下 の商品がかなり多いのですが

送料が 648円 とかかかってしまいます。

なので

1個だと利益が取れないんじゃないかと思われているようですね。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

フリマアプリにおいては

「安くしないと売れない」というのは間違いで

そこそこ高くても売れてしまいます。

 

出品すれば必ず一番上に掲載されるので

「少し高くても欲しい!」と思われれば売れるのです。

 

「安くしか売れないから稼げないよね~」と思うのではなく

「売れたらラッキー!!」といった感じで値付けするのがいいですね。

 

具体的には

原価2000円以下の商品に

「原価+送料」×2以上で値段を付けるのが良いです。

 

そのように出品していき「これ案外売れるな!」

と思った商品は中国から仕入れることを考えます。

 

タオバオやアリババといった中国のショッピングサイトならば

大抵の商品は扱っていますし値段も安いです。

そこから仕入れれば、さらに利幅が大きくなります。

 

「netsea」は中国商品を単純に掲載して販売している方が多く

「お届けまで2週間程度かかります。」という場合もあるので

リードタイムには注意されてください。

 

中国輸入をバリバリやられている方は

『netseaに出品していって稼ぐ』という方法も

ありますのでそちらも試してみるといいかと思います。

 

ここまで、「無在庫販売」というワードが度々出てきましたが

あなたは「無在庫販売」に取り組んだことはありますか?

 

転売初心者こそ無在庫販売

私が転売を始めて間もないころ

無在庫でAmazon輸出に取り組んだことがありました。

Amazon輸出では日本のAmazonの商品をひたすら登録して

売れたらamazonから買って海外の購入者さんに送るといった流れです。

 

商品が手元になかったため大きさが分からず

1品送るだけで送料が2万円ほどかかり1万5千円の赤字を出したり

在庫切れで取引をキャンセルして評価が下がったりなど

「無在庫って難しいな、、、」と感じていました。

 

それ以来無在庫からは遠ざかっており断然有在庫派でしたが

取り組みやすく初心者におすすめなのは

【日本国内⇒フリマアプリの無在庫】

と断言します。

 

僕も最近は無在庫販売の割合を増やしています。

 

フリマアプリは無在庫販売に最適

なぜかというと、フリマアプリは中国系の商品が他販路に比べ

高く売れる傾向にありライバルも少ないからです。

 

また、「Amazon、楽天、netseaそして実店舗」

などから仕入れても利益を出しやすいです。

さらに

無在庫販売で売れている商品は

有在庫に切り替えるとかなり効率よく稼ぐことができます。

 

ここからは

実際に取り組んでいて気づいた

【無在庫販売のメリット】

について説明します。

 

無在庫販売のメリットは?

大きく分けて3つあります。

 

1、在庫を気にしなくてよい

2、面倒な梱包・発送がいらない

3、マーケティングが簡単にできる

 

それぞれ1つずつ解説していきます。

 

1、在庫を気にしなくてよい

無在庫の場合は有在庫にありがちな

・商品の置き場

・不良在庫

・在庫の管理

について気にする必要はほとんどありません。

 

【転売を初めてやる方】や【始めて間もない方】は

在庫を持たないといけないとなると、

どうしても「この商品売れるかな、、、」

と考えてしまい、1歩踏み出せない方が多いですよね?

 

その際に、無在庫販売であれば

『ひたすら出品して売れたら仕入れるというモデル』のため

在庫のリスクを考える必要はありません。

 

さらに、販売者から購入者(自分が売った相手)に

直接送ってもらうのが基本となり

手元に商品を置く必要すらありません。

 

実際に販売していって「この商品あと何個残ってたかな?」と

在庫の管理の必要性もないわけですね。

 

2、面倒な梱包・発送がいらない

フリマアプリで販売されている方の多くが、家に在庫を置いているかと思います。

 

すると

商品が実際に売れた時に

梱包して、発送しなければなりませんよね。

 

1日数個程度ならいいですが

大量に売れた場合は1人では回りせん。

 

しかし、無在庫販売の場合は

販売者にお客さんの住所を伝えて送ってもらいますので

この点も気にすることがなくなります。

 

3、マーケティングが簡単にできる

無在庫販売の醍醐味は「販路のリサーチ」を効率よくできるという点です。

 

有在庫ですと

通常はまず販路で売れる商品を時間をかけてリサーチして

その商品を仕入れられる場所を探してくるといった感じで進めていきます。

なるべくリスクを減らすため

初めは1種類2~5個までで仕入れを行い

売れたら大量に発注していく・・・

その繰り返し行う中で儲かる商品を探していきます。

 

一方、無在庫販売の場合はひたすら出品していきます。

そして、売れてから仕入れるため

扱える商品数が有在庫に比べ圧倒的に多いのです。

 

そのため、「どの商品が儲かるのか」ということを

効率よく見つけ出すことができるわけですね。

 

たとえば

6月~8月にかなり売れた商品として

「サンダル」がありました。

こちらも初めは

とりあえず出品していましたが

かなり売れていたため途中から有在庫に切り替えて販売してました。

 

重要なのは

自分の気に入ったものを出品するのではなく

ひたすら順番に出品していくことです。

 

こうすることで「こんな商品売れないでしょ」

と思っていたモノが実は売れていると分かるなど

面白い気づきが多くあります。

 

無在庫販売は

『儲かる商品を探し出し、それを有在庫で販売していく』

というスタイルをとることで

効率よく転売を行っていくことができます。

 

僕もフリマアプリで無在庫販売を行う中で

実際にいい商品が見つかり

大きな収益を上げることができました。

 

こうした理由により

無在庫販売をおすすめしております。

 

無在庫販売のデメリットは?

ただ、無在庫販売にもデメリットがあります。

 

たとえば

・せっかく売れても販売者に在庫がない

・手続き、配送スピードが遅い販売者もいる

のように販売者に左右されやすいので

機会損失を起こす場合があります。

 

そのため

安定的に稼いでいくことを考えたら

無在庫販売はあくまでマーケットリサーチに利用し

売れる商品は徐々に在庫を持って運用していくといいですね。

 

まずは無在庫販売でリサーチする!

ここまで、「場所による価格差」と「無在庫販売」の方法について説明してきました。

 

カンタンにまとめると

・リアルでもネットでも価格差のある商品はたくさんある

・初心者は無在庫販売から始めるべき

・無在庫販売のメリット

① 在庫を気にしなくてよい

② 面倒な梱包・発送がいらない

③ マーケティングが簡単にできる

・無在庫販売のデメリットは販売者の対応に左右されやすいこと

・無在庫販売で売れることが分かれば有在庫に切り替える

 

どうですか?

「無在庫販売なら自分でも稼げそう」と思えましたよね。

ぜひ参考にしてみてください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です