アマゾンで売上UP「カートボックス」と「高い評価」を獲得する方法

  

 

こんにちは、阿部です。

 

今回は

Amazon販売において

売り上げを伸ばす戦略をご紹介します。

 

まず最初は

Amazonの「ショッピングカートボックス」

についてお話します。

 

「ショッピングカートボックス」とは?

「ショッピングカートボックス」通称カートボックスとは

下図の赤い四角で囲んだ部分のことを言います。

 

それで、「カートボックスを獲得する」というのは下図のように

商品ページのトップに自分のストアが出ていることを言います。

上の図ですと黒く塗りつぶした所にストア名が出ています。

【この商品は、(ストア名)が販売し、Amazon.co.jpが発送します。】

この状態だと、画面右の「カートに入れる」をクリックした場合

自分のストアから商品が購入されることになります。

 

一応、画面右下には他のストアも表示されていますが

ほとんどの人は画面右の「カートに入れる」を

クリックし購入します。

つまり、「カートボックスの獲得」は

商品を売るための最重要事項といえるのです。

(相乗り出品など同じ商品を複数のストアが出品している場合、ストアごとに差をつけにくいため)

ですから、最低でも画面右下の

「こちらからもご購入いただけます」の欄に

自分のストアを載せなければいけません。

 

では、どうやったらカートボックスを獲得できるのか?

 

カートボックス獲得戦略

アマゾン側は明確な獲得のための指標は公開していませんが

「獲得の要件」と「獲得率を高める方法」は発表しています。

それらから考えると

影響してくるのは以下の点かなと思います。

 

★ 価格

安いに越したことはありませんが

最低価格ならば取れるというわけでもないようです。

 

僕自身の体験も含めて考えると

販売価格が1,000円~5,000円くらいの場合は

Amazonプライムの最安値から100円以内。

 

10,000円を超えると

Amazonプライムの最安値から

100円以上離れても大丈夫のようです。

 

★ 在庫状況

在庫が0では獲得できません。

在庫数は多い方がいいようです。

また同ジャンルの関連商品をどれくらい

在庫に持っているかも影響してくるようです。

 

★ 配送

FBAが必須です。

 

★ 出品形態

大口出品が必須です。

 

★ 顧客満足指数

これは

・注文不良率

・キャンセル率

・出荷遅延率

・ポリシー違反

・回答時間

・評価

の6つで構成されています。

 

注文不良率・キャンセル率は

返品やクレームが影響しています。

 

出荷遅延率は自己出品者に関わるものですね。

注文を受けたら遅くとも3日以内に発送しましょう。

 

FBA利用者はAmazonが配送を

行ってくれるので関係ありません。

 

ポリシー違反はAmazonのポリシーを守っているかどうかです。

回答時間はお客様から問い合わせに

どれだけ早く対応できたかが問われます。

24時間以内の対応を心掛けましょう。

 

評価の項目はお客様からの評価により決まります。

当然、高評価が多い方が獲得率は高まります。

何より、高評価のストアの方がお客様は集まります。

ですから、お客様からの評価には常に気を配りましょう。

以上で「カートボックス」についての説明は終わりです。

 

どうでしたか?感じはつかめましたか?

カートボックスを獲得できるか否かは

Amazonで販売する場合、死活問題です。

 

少しでも獲得率を上げられるように、

コツコツやっていきましょう。

 

ここからは、先ほども少しお話した

Amazonにおける「評価」

について詳しくみていきたいと思います。

 

「評価」の重要性

Amazonで買い物をされたことがある方なら分かると思いますが、Amazon以外の各ストアには評価が付いています。

 

同じ商品で同じ値段なら

若干高くても評価が高いストアから

購入するという方は多いはずです。

 

現に、評価の低いまたは評価数の少ないストアは

最安値付近で出品しますが

評価・評価数とも充分なストアは安売りをしません。

 

それでも、評価の良いストアでは商品が売れていき

良くないストアの商品は売れ残ってしまいます。

 

そして、商品を売り切るために

値下げせざるを得ない状況になってしまいます。

これでは、いつまで経っても利益が出ませんよね。

むしろ、やればやるだけ赤字になります。

 

ですから、購入者からの評価には

充分な注意を払ってください。

 

ストア側が気を付けるべき点

『いかにして良い評価をもらうか』というよりは

『いかにして悪い評価をもらわないか』です。

 

では、どうするのかというと、まずは

【商品説明で状態が良くない可能性があることを伝える】

ことが大事です。

 

「中古品のため多数の傷がございます」

「色合いやサイズが微妙に違う場合がございます」

「輸入品のためパッケージに傷がある場合がございます」

などの説明を入れておき、心の準備をしてもらいましょう。

 

次に、

【悪い評価の変更または削除をお願いする】

ということが考えられます。

 

商品に大した問題がないのに

悪い評価を付けられた場合は

購入者に連絡を取り理由を確認した上で

評価の変更または削除をお願いしましょう。

 

その際は、たとえ理不尽な態度を取られても

出来る限り真摯に対応しましょう。

 

また、

・個人情報が書かれた

・商品のレビューを書かれた

・商品の内容、性能について書かれた

など販売者に責任がない場合は、

アマゾンに依頼し評価を削除してもらえます。

 

評価は完全に相手次第で、

こちらからは間接的に干渉できません。

中々厄介ですよね。

 

ですが、だからこそ評価により一定の信頼が得られ、

良い評価が集まれば集まるほど、

たくさん売れるという連鎖反応が生まれます。

あまり神経質になりすぎてもいけませんが、

出来る限りの対策を取って良い評価を維持するようにしましょう。

 

「カートボックス」と「評価」で売り上げUP

今回はAmazon販売において売り上げを伸ばす戦略を

ご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?

 

カートボックスを獲得できるかどうかで

売り上げはかなり変わってきます。

 

また良い評価が多ければ多いほど

売り上げも大きくなりますので

少しでも獲得率を上げられるように

評価を維持・向上させていきましょう。

 

 

 

 

2 件のコメント

  • はじめて訪問いたします。

    『カートボックスを獲得できるか否かは
    Amazonで販売する場合の死活問題です。』

    ほんとそうですよね!!

    カート取得方法について大変参考になりました。

    • ご訪問ありがとうございます!
      「カートボックス」はかなり重要ですよね。
      これで売上がかなり左右されますし…
      今後もブログを更新していきますので是非見てください^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です