お洒落なフリマアプリ「クロシェ(Clooshe)」ってどうなの?

皆さん、こんにちは。

 

クロシェというフリマアプリはご存知でしょうか。

雑誌のような作りになっており、商品の紹介ページが2,3ページあり

その後に実際の商品がならべれていて気に入ったら購入するという仕様になっています。

 

覗いてみるとかなりお洒落で惹きつけられますね!

 

さて今回はクロシェを実際に使ってみてどうだったかをレビューしていきます。

 

clooshe

 

 

 

クロシェは、ヤフオクなどを運営するYahoo!が作っているアプリです。

 

こちらが

S__9666563

 

TOP画面です。

本当に雑誌のようなデザインですね。

 

S__96665645

 

「本物かつけまつげかわから…」を選ぶと

まつげの商品一覧が表示されます。

 

S__96665654

 

 

とてもお洒落で購入者としては買い物も楽しいですね。

雑誌をよく見る方はわかるかもしれませんが、

欲しい商品があった時に店舗名は書いてありますが

すぐ買えないのはもどかしいですよね。

 

クロシェは雑誌を見ながら欲しい商品をアプリですぐ決済できて買い物が楽ちんです^^

 

 

一方で出品者としては使い勝手はいまいちです。

 

 

まず出品する際にメルカリやフリルで出品している文章を「コピペ」することができません。

 

というのも、特殊文字に一切対応していないのです。

 

♡などの特殊記号だけではなく、顔文字も一部対応していません。メルカリでせっかく作った紹介文も、一から書き直し…。

少しうーんってなりますよね…。

 

文字のフォントが変わっていて、一見かわいいかなと思うのですがそれが原因で特殊文字が使えないのであれば必要ないかなと感じました。

 

「!」マークなども変わった形で表示されるので少し見にくさも感じます…。

 

更に、一番のネックな点は利用者数がとっても少ないのであまり商品も売れません。

 

メルカリでは1日1個ペースで売れる商品も、2週間に1個ほどです。。。

 

手数料が無料なので利益は多いですが、10パーセント値上げして出品しているメルカリのほうが売れているのが現状です。

 

売れないとなると、出品の手間もあるのであまり出品したくないですよね。

ヤフーさんがもっと力を入れてくれればなあ….

 

よくよく考えてみると、

フリマよりもネットショップの方が同じデザイン構成で運営されるとかなり評判がいいのかな?と思いました。

 

「クロシェ」はどうでしたか?

是非覗いてみてくださいね^^

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です