物販・転売は「組み合わせ」で稼ぐ!差別化できるペア商品の作り方?

 

 

こんにちは、阿部です。

 

突然ですが、あなたは「組み合わせ」を

意識したことはありますか?

 

転売は「安く仕入れて高く売る」

という非常にシンプルなビジネスモデルで

誰でも取り組みさえすればそれなりに結果がでます。

 

「仕入場所」「販売場所」「どんな商品を扱うか」

これらをうまく組み合わせて稼いでいきます。

 

ただ、組み合わせ方を間違えると

【利益が出ない】ということにもなってしまいます。

 

ということで、今回は転売に関する

色々な「組み合わせ」について

お話しをさせていただきます。

 

組み合わせ次第で売り上げが変化する

僕がビジネスをやろうと思い

まず始めたのが不用品販売です。

家にあるいらない物を販売して稼ぐものですね。

 

不用品を販売し終えたら、

次は実際に仕入れをしていかなかければなりません。

 

そこでお店のセール品を見に行ったり、

ネットで安く買えないかリサーチしてみました。

 

やっていると、たまに利益が出そうな

商品が見つかったのですが、

当時はまったく商品知識やリサーチ能力がなかったため

利益はほぼ出ずという状態でした。

 

そこで目をつけたのがフリーマーケットです。

 

「素人が売ってるんだし安いだろう。」

と期待して行ってみました。

しかし、業者ばかりでネットで買うよりも高いので、

すぐに断念してしまいました。

 

学校のバザーとは全然違うのです・・・

 

安く仕入れる先はフリマアプリ

そして「もっと安いところがないかな」

と探していった結果、

フリーマーケットアプリを発見したのです。

 

フリマアプリは素人が

出品するため値段が非常に安いです。

値付けが適当で相場通りではありません。

 

ですから、その商品を仕入れて

ヤフオクやアマゾンで相場通りに

販売すれば稼げてしまいます。

 

仕入れメルカリ・販路ヤフオク、アマゾンの組み合わせ

ここでの組み合わせは

『仕入れはメルカリ、販路はヤフオク・アマゾン』

というものです。

 

これで1つのビジネスモデルができました。

そして、商品知識を詰め込み

ひたすら売買を繰り返した結果、

メルカリ仕入れだけで

月利100万を突破することができました。

 

仕入れを中国輸入・販路メルカリの組み合わせ

また、メルカリに目をつけ始めた頃には

中国輸入もやっていました。

 

当時は、メルカリで販売するという発想はなく、

アマゾンで中国の商品を販売していました。

 

すでに取り組まれている方はご存知だと思いますが、

アマゾンで同じ商品ページに出品する「相乗出品」は

非常に競争が激しく、値崩れが半端ではありません。

 

リサーチ時点では利益がかなり出ていたはずなのに

実際に販売するとなると利益が出ない

むしろ赤字になってしまうということも多々ありました。

 

そのような時

在庫処分のためにメルカリで

販売をしていたら「アマゾンよりも高く売れてしまう」

ということに気づき利益を出すことができました。

 

ここでの組み合わせは、

『仕入先を中国、販売先をメルカリ』

というものです。

 

同じ商品でも組み合わせを変えるだけで

稼げないものが稼げるようになったりします。

 

今回は仕入れ、販売場所の組み合わせでしたが

扱う商品、単価を変えてみるだけでも

収入が驚くほど変わりますので

この機会に見直してみてください。

 

ところで、

転売ビジネスは「安く仕入れて高く売る」

これが基本中の基本ですが

あなたはどちらに重点を置いていますか?

 

安く仕入れることはNG?

恐らく、多くの方が「安く仕入れること」に重点をおいていると思います。

 

たしかに、安く仕入れることができれば

コストは減り、利益率は高くなるかもしれません。

安売りにも対応できますね。

 

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

安く仕入れようと思えば思うほど

「なかなか商品って見つからない。」

ということはありませんか?

 

リサーチ、リサーチ、リサーチの毎日に

なってしまってはいませんか?

 

仕入値を安くしようとしても

個人でできることには限界があります。

 

そこで、「発想」を1つ変えてみましょう。

『なるべく高く売る』

ことを考えるのです。

 

「そんなことを言われても高く売れないよ。」

と思われるかもしれませんが、

意外と簡単にできてしまいます。

 

それは

単に『販路をずらす』ということです。

 

販路をずらして高く売る

Amazonで販売していたものを

メルカリやフリル、ラクマなどのフリマアプリへ

ずらしてみるのです。

 

そして、おすすめの販売方法は

「ペア商品」を売ることです。

 

おすすめは「ペア商品」

 ・ペアルック

 ・ペアウォッチ

 ・ペア○○

など・・・

 

カップルや家族用に商品を組み合わせたものです。

「パーカー」や「スエット」のセットアップ(上下セット)

などがよく売れています。

 

単品でも利幅を多く取れる商品は

たくさんありますが、

ペアにすることでさらに倍の利益を

得ることが可能です。

 

たとえば、こちらの商品を見ていただきたいのですが

Amazonでは815円(送料込み)

仕入れることができ・・・

 

メルカリでは2,500円

フリルでは2,480円

ラクマでは2,680円

で、それぞれ販売可能です。

 

ツールを使えば3つの販路に

同時出品ができますので

さらに収益を拡大していくことができます。

 

「ペア商品」という

組み合わせの工夫により

ライバルが少ないところで

勝負ができますのでおすすめです。

 

中には、単品のみで購入したいという方や

色の組み合わせを変えたいという方も

いらっしゃるかと思います。

 

そうした需要にも答えられるよう

あらかじめ説明文に

「単品・組み合わせの交換希望の方は

お気軽にコメントください」

などと一言入れておくとさらに売上が伸びていきます。

 

1つの商品でもカラー、サイズの組み合わせで

オリジナルのペア商品として

差別化をした販売ができます。

 

これを機に、組み合わせを考えた「ペア商品」を

販売してみてはいかがでしょうか?

 

転売で稼ぐためには組み合わせが大切

さて、今回は転売に関する「組み合わせ」

大切だというお話をさせていただきました。

 

ここまで見てきたように、

仕入れ先と販路の組み合わせを変えるだけで、

驚くほど売り上げが変化します。

 

また、単品商品に慣れてきたら

自分だけのペア商品を単品商品の組み合わせで作り、

販売してみましょう。

 

差別化ができ単品より

売れることもありますので、

組み合わせを探すのが楽しくなるはずです。

 

売上に悩んでいた方、これから転売を始めるという方も

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です