外注化戦略【納品代行業者】【FBAマルチチャネルの活用】【コメント対応・返信】

 

 

こんにちは、阿部です。

 

突然ですが

あなたは「心に余裕を持っていますか?」

心の余裕は、とても大切です。

 

心に余裕がない人は

目の前のことにとらわれ過ぎて近視眼的になりますし

周囲の変化も受け入れにくくなります。

 

また、人の本音や変化にも気づきにくくなり、

不満・愚痴も増えネガティブ思考になってしまいます。

 

これは自らが主体となってビジネスをする上では致命的です。

 

物販をやっていく上で

そんな状態を避ける策の一つが「作業の外注化」です。

誰にでもできるような単純作業に追われてしまっては

しんどいだけです。

そんなことは他の人に任せて

自分は面白く稼ぐことに直結することだけを行なっていきましょう。

 

ということで、

今回は『納品代行業者』についてお話ししたいと思います。

 

納品代行業者を使うメリット

以前紹介したFBAを使うことにより、

商品の保管、注文処理、梱包、出荷、配送に関する

お問い合わせ・返品対応まで

すべて外注化することができます。

ですが、商品の検品、FBAへの納品などは自分でやらなければなりません。

 

副業で実践したい方は

日中自宅にいない事の方が多いので、

なかなか荷物を受け取れないかと思います。

 

また、扱う商品が増えてくると、

自宅での仮保管スペースが必要となりますし、

FBA納品の作業に手間と時間を取られてしまいます。

 

このような場合に

頼りたいのが納品代行業者です。

 

転送業者から送られる商品は代行業者のもとへ

直送してしまいましょう。

海外からの商品受け取り、検品、FBA納品までを

すべて外注化することができます。

 

そうすることで、

【商品リサーチ】【仕入れ】という利益に直結する作業のみに

専念できるので利益を増やすスピードがグッと上がります。

 

外注化の前に

ただし、物販を行う上で

いきなり納品代行業者を使うのはお勧めしません。

 

最初は自分の家に送り

自分で商品を受け取り

個々の商品を確認

そして、商品ラベルや配送ラベルを貼り

FBA納品をするという

一連の作業を経験してみてください。

 

何を外注したのか分かっていないとサービスの活用に

不具合が生じることがあります。

 

ですので、一連の流れをすべて実際に自分でやってみて

理解してから外注化するようにしましょう。

 

納品代行業者がどのようなモノかイメージできましたでしょうか?

代行業者を利用することによって、

稼ぎに直結する時間を大幅に増やすことができます。

さらに、時間と場所に悩まされることもなくなり

心に余裕ができます。

では、ここからは外注化の中でも

「梱包・発送」についての

ノウハウについてお伝えしていきます。

 

梱包・発送の外注化とは?


梱包・発送に関して初めのうちは「売れた!」と嬉しいので案外楽しい作業ではありますが1日10個以上の作業となってくるとかなりつらいです。

 

1品10分かかるとしても

1時間半かかってしまう作業となります。

 

また場所も重張りますので

発送代行に依頼するべき作業の一つです。

発送代行ってどこ?と思われますよね?

 

私は、

FBAを利用することをオススメいたします。

 

FBAというのは、

Amazonが代わりに梱包・発送してくれる

サービスなのですが、

実はAmazon以外で販売する場合でも

利用することができます。

 

それは

「FBAマルチチャネル」という

サービスなのですがかなり便利です。

 

例えばメルカリで売れた場合でも

マルチチャネルにて発送依頼すれば

早ければ次の日、

遅くとも3日以内にお届けしてくれます。

 

メルカリで中国輸入をされている方は

中国から直接FBAに納品して

その商品をメルカリで

販売するなんてことも可能なんですね!

 

Amazonでもメルカリでも両方で販売ができてしまいます。

さらに梱包・発送などの手間は要りません

 

メルカリは稼げるけど手間が…。

と思っていた方にとっては

とてもありがたいサービスではないでしょうか。

 

ですが、

Amazonから送られるんだから

メルカリでの購入者にロゴ入りでばれてしまうのでは?

と思われますよね?

 

ですが、無地の段ボールでの発送が可能のため

実際のところその心配はいりませんのでご安心ください。

 

さて、ここからは

実際に頑張っている仲間からあった

ご質問に沿って外注化についてお話していきます。

 

コメント・返信の外注化

まずは、その質問をご紹介します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今までamazon販売の在庫処分だけしていたんですが、

この間、試しにメルカリ用の商品を仕入れて販売したんですが、

かなり売れ行き好調で、阿部さんの話していたことを実感できつつあります!

 

で、売れ行きが好調なのはいいのですが、

24時間体制で購入者のコメント質問対応をするのは

さすがに厳しいなと感じまして、

外注を考えていこうと思っているのですが、

その場合アカウントを外注さんとどのようにシェアしていけばよろしいいんですか?

 

外注さんにアカウント作ってもらうと、

自分はログインできないし、

自分のアカウント(スマホ?)渡してしまうと、

自分が管理できなくなってしまいますよね。

 

メルポンでやってもらうのもアリかと思いますが、

質問などの対応ができなような気もします。

お手数ですが、アドバイスいただけると幸いです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

といった内容になります。

 

あなたご自身で、ある程度利益が出てきたら

徐々に外注化をしていくことをお勧めします。

 

ある程度とはどれくらいなの?と思われますよね。

では、基準で話していきますと

10万円程度の利益が出てきたら何かしらの作業は

お願いしてもいいかと思います。

 

例えば、

・商品のリサーチ

・出品、コメントのやり取り

・梱包、発送

・利益計算

などなど色々あるかと思います。

 

さて、先ほどご紹介させていただいたご質問の内容は、

「コメント」の対応についてでした。

 

まず、メルカリのアカウントは共有することができます。

つまり、複数の端末で同時ログインができるということです。

 

例えば、ログイン情報が

ID:mercari@gmail.com

PASS:mercari

上記だとすれば、

こちらの情報を外注さんにお伝えすれば

外注さんがいつも使用しているスマホでログインすることが可能です。

 

アマゾン、楽天などご自身でアカウントを持っているかと思いますが、

同じような感じでメルカリもログイン情報さえあれば誰でもログインが可能です。

 

そして、コメントのやりとりを外注さんに行ってもらうのです。

また、24時間体制でやりたい!という方もいらっしゃると思いますが、

外注さんをフル活用してもコンビニのようにシフトを組むなということは

かなり大変かと思います。

 

24時間体制は厳しくても外注さんの予定を聞いておくことが大切

そこで、コメントのやりとりは、外注さんへお願いするにしても合間合間に返答してもらいましょう。

対応できない時間帯などをあらかじめ聞いておくと

後ほどトラブルになりにくいと思います。

 

そして、外注さんが対応できる時間帯を把握し、

それをプロフィールや商品説明文に記載します。

 

メルカリにはプロフィールというものがあり

各自自由に設定ができます。

「お仕事があるため日中は返答できません」

「朝方のため夜遅い時間にいただいたコメントは朝にお答えします」

など書いておくといいです。

 

中には

「コメントしたのに返ってこない。」

「この人無視しているのかな?もう買わない。」

という方もいらっしゃいます。

 

そういったことがないためにも

プロフィールあるいは、

商品説明文にでも記載しておくことをオススメします。

 

こうすれば、

あなたが対応しなくても

ビジネスが回っていく仕組みが出来ます。

 

メルポンでもコメント返信が可能

また、パソコンで出品できるツール「メルポン」でも

コメント、取引メッセージの返答ができます。

まだ、使ってないよという方は是非、試してみてください。

 

外注化で楽しく転売

さて、今回は外注化の必要性についてお話をしてまいりました。

しつこいようですが、外注化は売上・利益を伸ばす上で

必ず行っていかなければならないことです。

 

物販の場合は

・商品のリサーチ

・出品

・お客さんとのやりとり

・梱包・発送

・利益の管理

これらすべて外注化していくことが可能です。

 

徐々に徐々に自分のやることはなくしていき

もっと稼ぐためにはどうすればいいかという販売戦略を

考えていく方向にシフトしていきます。

 

目安的には月10万利益が出始めた時点

何かしらの作業は任せていくといいです。

 

この基準を覚えておいて

外注化を実施してみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です