フリマアプリで売れるコツ!「稼げるキーワード」の選定方法とは?

 

 

こんにちは、阿部です。

メルカリを利用した販売で稼げていますか?

今回はフリマアプリで稼ぐ方法について紹介していきます。

 

フリマアプリで稼ぐ方法

メルカリをはじめとする、ラクマ、フリルなどのフリマアプリが、かなり盛り上がっていますね。

 

現在、メルカリはユーザー数が4000万人を突破しております。

稼ぐなら今がチャンスだと思っています。

 

今までの主なネットでの稼ぎ方とフリマアプリ

今までは主に3つのネットでの稼ぎ方がありました。

①ヤフオク、楽天オークションといったオークション型

②アマゾン、楽天、ヤフーショッピングといったモール型

③自分でサイトを作り販売していくネットショップ型

①⇒②⇒③の順番でレベルが上がっていきます。

言葉でいうと①が初心者向け、②が中級者向け、③が上級者向けということになります。

 

しかし今、その中に「超初心者向け」の稼ぐ場所として、「フリマアプリ」という市場が出現したのです。

パソコンを使わなくても出品することが可能で、たとえ説明不足であっても、ぼやけた写真を使用しても、簡単に売れてしまう市場です。

 

そのような好ましくない出品状況だったとしても、色んな方がコメントをしてくださります。

「これってどう使うんですか?」、「詳細の写真アップしてください!」などの質問・要望が来てそれに返答をしているうちに売れてしまうのです。

 

フリマアプリの利点

「フリマアプリの何がいいのか?」といいますと、出品者との距離が近く、とても購入しやすい環境だという点です。

対面で商品を売買しているのと変わらない状況を作り出しているのです。

 

以上をまとめますと「フリマアプリ」というのは、初心者でも簡単に商品の売買ができ、簡単に売れてしまう市場ということになります。

 

そして、今稼いでいるほとんどの方は「ビジネス素人」と言われる方々なのです。

そこに戦略をしっかりと考え、転売の知識を持った方が参入したらどうなると思いますか?

 

当然、稼げますよね。

ですから、早速フリマアプリで稼いでいこうと、考えている方に3つの切り口を紹介していきます。

 

フリマアプリで稼ぐ3つの切り口とは?

その3つの切り口のキーポイントは「ずらす」ということです。

転売の基本が「安く仕入れ、高く売る」ということはご存知かと思います。

 

少しでも安く購入できるように仕入れ先を考え、少しでも高く売れるように販路を「ずらしていく」必要があります。

 

そこでどう「ずらす」のかと言いますと

1 メルカリ⇒他販路

2 国内⇒メルカリ

3 海外⇒メルカリ

主にこの3つでずらしていきます。では、それぞれ解説を解説していきます。

 

1 メルカリ⇒他販路

メルカリで仕入れ、ヤフオク、アマゾンといった別の販路で転売します。

相場を知らない初心者の出品者から仕入れ、ヤフオクやアマゾンなどで高く販売するということです。

オークファンやモノレートなどを活用し相場を比較しながら仕入れていくといいでしょう。

 

2 国内⇒メルカリ

メルカリ以外で安く仕入れ、メルカリで高く売ることです。

この場合はユーザーにあった商品を仕入れることがポイントとなります。

 

メルカリのユーザーは10代後半から30代前半の方が大半で、特に女性、主婦の方が多いです。

その方々にはどういった商品が売れるかと考え仕入れをします。

例えば「芸能人が使っているアイテム」、「ブランド品」などは売れやすい傾向にあります。

メルカリ、ラクマ、フリルでは「売り切れ」となっている、すでに売り切れた商品の販売価格を見ることができます。

 

そこで見つけた売れている商品をオークファンで検索し、相場を調べた上でヤフオクやモバオクまたは、実際にお店に行って仕入れてくるのもいいのではないでしょうか。

 

3 海外⇒メルカリ

海外から仕入れ、メルカリで販売することです。

海外の中でも中国から仕入れるのがおすすめです。

中国から仕入れるものは何かといいますと「ノーブランド品」です。

 

シャネルやヴィトンといったブランド品は仕入れてはいけません。

ごくごく稀に本物もありますが、9割5分は偽物だからです。

偽物の販売は、犯罪になってしまいますので十分に気を付けてください。

 

サーチの方法は、メルカリで中国商品を売られている方が扱っていて利益が出る売れ筋の商品をピックアップしていってください。(自分でリサーチをしていきます。)

そして、『それと同じ商品を中国のサイトから仕入れ、メルカリで販売していく。』という流れです。

 

「フリマアプリ」で稼ぐためには、この3つの中から自分にあったものを選び実践していきましょう。

どれがいいか迷うという方は、まず、1を行ってみてください。

メルカリやラクマなどのフリマアプリで仕入れて

ヤフオクやアマゾンで販売するモデルが

一番取り組みやすい販路だと思います。

 

商品を売るためのキーワードを選定する

また、2・3でさらに稼ぐためには、検索にかかりやすいキーワードを選定する必要があります。

メルカリでは1日10万品以上の商品が出品されているため、何もしなければ他の商品に埋もれてしまいます。

 

そうなった結果「1か月経っても商品が売れない。」と困っている方も多いのではないでしょうか。

再出品という手もありますが、前の商品ページを削除したり、出品には手間がかかるのでなるべく避けたいところです。

 

そんな時は「適切なキーワード」を取り入れることによって、多くの方の目に付くようになり売れやすくなります。

 

キーワードのちりばめ方

たとえば、売りたい商品が「ビームスのコート」だとしましょう。

BEAMSの公式サイトにある、この商品を出品するとします。

 

 

タイトルはBEMS MACKINTOSH DUNKELD ブラウンと記載します。

商品の説明文に上記のように書かれていましたので、その文章をベースに自分で考えて書いたようにアレンジして、メルカリの商品説明欄に書いていきます。

 

例)

このステンカラーコートのDUNKELDですが、昨年の12月に買ったばかりで特に目立つ汚れ等は見られません。

直営店で綺麗なシルエットで気に入ったため購入しました。

MACKINTOSHを代表するベストセラーコートです。

ブラウンは新色のカラーですごくおしゃれな上、柔らかなウール素材で着心地がいいと思います。

スリムなパンツにもうまくマッチングするコートで、ナノユニバースやユナイテッドアローズ好きの方にもおすすめできる1品ですのでこの機会にいかがでしょうか。

 

上記のように「ビームス コート」、「ビームス おすすめ」と検索をかける方に商品をみていただけるようになります。

ナノユニバースやユナイテッドアローズで探している人に対してもアピールできるので売れやすくなります。

 

ただ、注意して頂きたいのは、関係ないキーワードをたくさん記載するとメルカリ側から利用制限がかけられます。

初めは12時間利用制限がかかり、それを3回ほど繰り返すと最悪の場合強制退会になりますので

気を付けましょう。

 

大事なことは適切なキーワードを検索されやすいように入れていくことです。

適切なキーワードを適度に散りばめて書いていくと、商品の閲覧数が増えて自然と売れやすくなります。

ちなみに、キーワードを散りばめる場所は、タイトルでも説明文でも大丈夫です。

 

フリマアプリで稼ぐコツは「ずらし」と「キーワード」

いかがでしたでしょうか?今回は、フリマで稼ぐコツについてお話をさせていただきました。

 

フリマアプリで稼ぐためには、まず販路をずらしていくことです。

そのために、自分に合った販路を見極めてから始めていきましょう。

また、販売をする際の説明文などにうまくキーワードを散りばめておくことが大切です。

 

現在、「売れなくて困っている。」という方は、すぐに試して、売り上げをアップしていただきたいです!

 

ぜひ参考にしてみてください。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す