Fril(フリル)で商品が売れた時の「発送方法の選び方」

皆さん、こんにちは

 

GWを迎え気温とテンションが上がりますね!

それにつられて購買意欲も高まる?季節となりました。

お店の書き入れ時(稼ぎ時)ですよ!

 

注文が重なると対応が大変ですよね。特に配送が

Amazonのような自動配送サービスがないフリマアプリでは、

顧客の満足度を下げないためにも迅速丁寧な配送に気を配らなければいけません。

 

ということで、

今回はフリルの≪配送方法≫について説明します。

 

どんな配送方法があるのかを知っておくことで、

商品の大きさや重さにより使い分けることができます。

 

また、あらかじめ配送の種類を知っておけばお客様の要望にもすぐに応えられますね!

この機会にしっかりと把握しておきましょう。

 

まず配送方法の種類を紹介します

 

〇A4サイズより小さいものを送るとき

クリックポスト

レターパックライト

レターパックプラス

ポスパケット

普通郵便

 

〇A4サイズより大きなものを送るとき

ヤマト宅急便

ゆうパック

はこBoon

があります。

今回はA4サイズまでの配送を行うときの方法をご紹介します。

 

≪クリックポスト≫

重さ1キロ以内、厚さ3センチ以内の商品を配送することができます。

料金は164円で全国一律送料、荷物追跡もあるのでおススメの配送方法です。

ただし、利用するにはYahoo!JAPAN ID登録とYahoo!ウォレット決済が必要です。

 

≪レターパックライト≫

重さは4キロ以内、厚さは3センチまでです。

こちらはクリックポストでは対応できない、

1キロ以上4キロ以内の商品配送に適しています。

荷物追跡もあります。

 

料金は全国一律360円と

クリックポストよりは少し高くなりますが、

通常のゆうパックや宅配便に比べると送料を抑えることができます。

 

v1

 

≪レターパックプラス≫

重さは4キロ以内でレターパックと同じですが、こちらは厚さに制限がありません。

送料は全国一律510円で、もちろん荷物追跡ありです。

レターパックでは送ることができない4キロ超の商品を配送する際に使うといいでしょう。

v2

≪ポスパケット≫

重さは1キロ以内で厚さは3.5センチ以内です。

送料は全国一律360円(着払いのときは+21円)で荷物追跡ありです。

クリックポストやレターパックに比べると割高な感じがしますが、着払いが可能なので

送料を負担せずに品物を送りたい場合におススメです。

サービスを申し込む際には、郵便局でポスパケットの「あて名シール」をもらい、荷物に貼り付ける必要があります。

 

≪普通郵便(定形・定形外)≫

皆さんおなじみの配送方法になります。

メリットは小さいものを送る際には値段が安く済むという点です。

デメリットは荷物追跡もできず補償もないのであまり高価なものは送れないというところです。

サイズ、重さ、料金は下の図を参考にしてください。

配送3 配送4

どうでしょう、自分の商品に適した配送手段は見つかりましたか?

賢い配送方法を知り気持のいい取引ができるよう心がけましょう♪

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です