ビジネス初心者でも簡単にできる「中国輸入の始め方・やり方」

 

 

 

こんにちは、阿部悠人です。

 

一時の元高から一転

元安傾向(1円15元程)にある現在は

中国輸入を始めるのにうってつけと言えます。

(2017年4月)

 

今回はこれから

個人・法人で「【中国輸入ビジネス】を始めていきたい!」

と考えていらっしゃる方向けに!

 

「中国輸入の始め方・やり方」

僕の昔話を少々紹介していきたいと思います。

 

僕と中国輸入の出会い

僕自身2014年の2月に中国輸入に出会い、かれこれ3年以上経過し、最前線で取り組んできました。

 

始まりは中国のイーウーと呼ばれる

ダイソーなどの100円ショップの仕入先となっていた所へ

現地仕入れに行ったことでした。

 

当時は中国輸入に関して

教えてくれる方や知識、ノウハウが全くなく

「中国輸入は稼げるらしい」

ということしか分かっていませんでした。

 

そこでまず現地に行って直接仕入れるものだと思っていたのですね。

 

そして不用品販売と言われる

自宅にあるいらないものを売って稼いでいただのですが

要らない物も尽きてしまい

そろそろどこからか安く仕入れなければと考えていたところでした。

 

グーグルで検索していく中で

中国のイーウーという所なら

格安の商品がいくらでも手に入ると記載されていました。

 

「それなら行くしかない」と思い

次の日には航空券の予約をして現地に飛びました。

 

当時はお金も人脈もなかったため

中国に迷い込んだ貧乏学生といった風でした。

 

10日程の滞在期間中

毎日「福田市場」と呼ばれる大規模な卸市場に行き

楽天ランキングを参考にしながら買い付けをしました。

 

中国人と間違われ

中国語で話されても全く分からなかったことが今でも夢にでてきます、、、

 

僕は情報収集を怠ったために

いきなり現地に飛ぶという失態を演じましたが

「中国輸入」はネット上の情報をインプットしておくだけで十分

・中国語の知識

・中国の人脈

・中国の通貨である元

・法人

・現地へ行くこと

等は全く必要ありません。

 

一般の個人、学生でも主婦の方でも

インターネットさえ繋がっていれば

誰でも始めることができ在宅ですべて完結します。

 

したがって

ビジネス初心者にも取り組みやすいモデルです。

 

中国輸入の一部始終を観察する

そのような中国輸入ですが、まずメリットとデメリットは何であるかを知っておきましょう。

 

こちらの動画からご確認ください。

アマゾンを参考にターゲットを決める

多くの方が行われている「中国輸入」とは中国サイトから商品を仕入れ、日本のアマゾンで販売することが主流です。

 

アマゾンで「ノ―ブランド」と検索すると

沢山の中国輸入商品がヒットします。

 

例えば、、、ピアス、ネックレス、スマホカバー、服、キャンドルなどです。

 

それらの商品と同じ物を中国の物販サイトである

タオバオ、アリババ、aliexpress等で探し

利益が出そうであれば仕入れるという流れです。

 

あらゆる商品を中国から仕入れることができます。

 

それぞれのサイトの解説はこちらの動画をご覧ください。

ただし、タオバオ、アリババに関しては直接仕入れることができないため

仕入れの際は「買付代行会社」と言われるところへ依頼します。

 

この「買付代行会社」とは何かと言いますと

『指定した商品の買付け、検品、日本まで国際発送』をしてくれる会社です。

 

中国輸入に必須の代行会社とは?

こちらを活用しますと、日本で買い物をするのと同じような感覚で商品を購入することができます。

 

代行会社さんは数多くあるのですが

その中でも初心者が手頃に安く使えるところとして

「ライトダンス」がおすすめです。

 

中国輸入を始めるにあたって「代行会社」というのは大きな存在になります。

 

個人で中国輸入を実践されている方の

9割は「代行会社」を活用されていますからね。

 

なぜかと言いますと

中国サイトから買い付けるにあたっては

一般的に支付宝(アリペイ)という決済サービスを使うのですが

チャージする際に中国の銀行口座が必要だからです。

 

また「中国から日本へはどのように発送するか」

というのもネックです。

 

中国サイトの販売者に「日本へ送ってくれ」と

交渉するのも手間がかかりますし

自分で手配することになればより面倒でしょう。

 

他にも様々な理由はありますが

この2点だけでも代行会社の必要性が

分かっていただけるのではないでしょうか?

 

中国輸入を実践する上で代行会社を使うのは必須です。

 

代行会社を利用した取引の流れを示すと以下のようになります。

 

仕入れたい商品を見つけ

その商品が記載されているURLを中国の買付代行会社に

「これを買いたい」と発注します。

代行会社が日本へ国際便で送ってくれ

発注者の指定した場所(自宅など)へ届きます。

↓  

商品が到着したら商品の写真を撮り出品・販売

 

画像作りはSnapcrabで

商品の画像に関しては、初めは中国サイトの画像をそのまま使わせてもらいましょう。

画像を簡単にキャプチャーできるソフトとしてSnapcrabというものがありますので

こちらを使用します。

windows専用なのでmacの方は搭載されているペイントのような加工ソフトをご活用ください。

 

中国輸入はたったこれだけ

ここまで中国輸入の始め方・やり方についてお伝えしてきました。

 

流れをおさらいしますと

1.アマゾンで売れ行きの良さそうなノーブランド品(中国輸入品)を見つける

2.中国サイトで仕入れたい商品を探す

3.仕入れたい商品のURLを代行会社に送り商品の注文依頼を行う

4.代行会社が日本へ発送する

5.自宅に商品が届く

6.写真を取り出品する

7.売れたら商品を発送する

以上の7ステップです。

 

また、以下の動画も中国輸入を始めていく上

で参考になるのでご覧ください。

 

中国輸入初心者はまずフリマアプリ「メルカリ」 から始めよう!

中国輸入を始めるうえでまず何をすればいいのか?

中国輸入をマスターすれば

安定的に安価な商品を仕入れることができ

利益も伸びてゆきます。

 

ぜひ取り組んでみてください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です