minne(ミンネ)でハンドメイドを販売するコツ

皆さん、こんにちは。

 

そろそろ新しい生活にも慣れ、

好きな事や趣味をする余裕が出てきたのではないでしょうか?

 

私は相変わらず新しい事業構築のために事務所に籠りきりです(笑)

 

趣味が仕事のようなものですし、

楽しいからぜんぜん苦ではないんですけどね^^

私の場合、まさに「趣味が高じて本業になる」といった感じです。

 

知り合いの(Rさん)にもそんな感じの人がいます。

Rさんは「ペーパークイリング」という

細長い専用の紙をクルクル巻いて花や動物を作るのにハマっていました。

 

何か作るたびに周りの人にあげていたのですが、

 

あるとき、友人から

「これ売れるんじゃないの?」

と言われた事がきっかけで

「自分のブランドを作ってもいいかも」

と言い出したので、【minne】というアプリがある事を教えました。

 

【minne】は作家さん達が思い思いの作品を売っているアプリです。

 

その思いが画面越しに伝わったのか

「【minne】で自分の作品を売りたい!」

と早速自分の作品を出品していました。

 

minne 図1

 

ですが、アップして1週間くらい経っても一向に売れる気配がない・・・

まだ1週間しか経っていないので、

「そんなに早くは売れないのかな?」とか、

「何か売れるコツがあるのかな?」とか

私も一緒に考えてみました。

 

出した結論、

 

それは≪ニーズに応えること≫

自分が作りたい物とお客様が必要、

欲しいと思っている物は違うということです。

 

いくら自分の作りたいと思っている物を作って売っても、

お客様が必要としてない物なら売れるわけないですよね。

 

ファンが付くぐらいになっていれば、それで売れてしまいますが。

 

≪季節の先取りをする≫

≪ニーズに応えること≫の具体例ですね。

ファッションやアクセサリーなどは、

今だと春らしい物、夏っぽい物が人気あるようです。

 

≪どんな物が売れているのかチェックする≫

どんな物が売れているのかチェックすると

売れ筋がわかってくると思うので参考になると思います。

 

初めにやっておくといいですね。

 

≪相場をチェックする≫

自分の作品に値段をつけるのは案外難しいですよね。

値段をつける前にお店や雑誌、他の出品者を見て、

どれくらいの値段なのかチェックするといいです。

 

と、こんな結論を出しました。

 

いかがだったでしょうか、参考になりました?

上記にあげた事はあくまでも一例ですが、

これらの事を意識しつつ販売していくと

売れ行きは良くなると思いますよ。

 

そうして、自分のブランドを確立してから作りたいモノを売っていきましょう!!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です