初心者でも副業でも「メルカリ」が物販ビジネスで稼げる理由とは?

 

 

こんにちは、阿部です。

 

今までLINEやメルマガ、セミナーなどで

「メルカリが凄い」ということを

何度もお伝えさせていただいてきました。

 

なぜ僕がそこまで「メルカリ」

をすすめするのか?

 

それは・・・

 

単純なことですが

メルカリに大きな動き(2016年に84億の資金調達)

 ⇒事業拡大

 ⇒僕らメルカリユーザーにも大きな影響

だからです。

 

このことは以前にも

お伝えさせていただきましたが、

「でも、まだ実感出来ていない」

という方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、メルカリは

単純なダウンロード数で言いましても

莫大な市場であることは

間違いありません。

 

今現在のメルカリの国内DL数をご存知でしょうか?(2017年4月時点)

なんと、4,000万DLを突破しているのです。

 

これだけのDL数がある「メルカリ」が稼ぎやすいのは

数字だけでも分かりますよね?

 

ということで、今回は

『メルカリがなぜ稼ぎやすいのか?』

について「ユーザーの質」の面から

お話しをさせていただきます。

 

1 メルカリはなぜ物販ビジネスで稼ぎやすいのか?

先ほど、メルカリのDL数について

お話をさせていただきました。

4,000万DLと言いますと、

つまり…

 

日本国民の3人に1人のスマホに

メルカリのアプリが入っているということになります。

 

ガラケーの人や機器を使わない人も考えれば、

スマホを持つ国民の2人に1人は

メルカリを使っていてもおかしくありません。

 

2015年の1月には

1,000万ダウンロード突破を発表、

僕が物販の情報発信をし始めたときは、

まだ500万ダウンロードくらいでしたので

この勢いは本当に異常ですね。

 

メルカリは「個人対個人」のプラットフォーム

今やメルカリは完全に、

「個人対個人」取引のプラットフォーム

としての立ち位置を確立しています。

 

ネットビジネスを行なっていると

「SNSのユーザー数」について聞いたことがあると思います。

「Facebook」や「Twitter」、もう少し前だと

「アメブロ」や「mixi」などがありましたね。

 

これらのユーザー数が「1,000万人を突破した!」や

「2,000万アクティブユーザーが!」などと発表するので

同じような感覚で「メルカリもそんなもんかー」

と思うかもしれません。

 

ですが、メルカリの「4,000万」という数字は

それらとは比較にならないほど凄い数字です。

 

メルカリの伸び率は異常?

「異常」だと言ったのにはもちろん理由があります。

少し考えていただきたいのですが…

 

1、SNSは何のために使用していますか?

 ・友達との交流

 ・情報収集のため

 ・自分を表現するため

人それぞれの目的がありますよね?

 

もちろん、このメルマガをご覧になっているということは

「ビジネスのため」という人もたくさんいるかと思います。

 

2、メルカリは何のために登録するでしょう?

と言いましても、メルカリの登録しているのは

モノを「買う」か「売る」ためですよね?

絶対にこのどちらかになるはずです。

 

つまり、メルカリに登録し利用している人全員が

「経済活動」もっと具体的に言えば

【お金のやり取りが発生すること】を前提として

メルカリを使っているということです。

 

SNSだと「ただ覗いて終わり・・・」

という人も相当な数いるでしょう。

 

しかし、メルカリでは

「着なくなった服を売りたい」や

「良い物が見つかれば買ってもいいかな」

という具合に

お金を支払ったりモノを出品することを

考えているアクティブなユーザーが多いのです。

 

稼ぎやすいのはアクティブユーザーが多いから

つまり、「メルカリが稼ぎやすい」というのは

当たり前といえば当たり前の話なのです。

 

SNSのように登録だけをしている

ユーザーが多いという状況とは違い、

メルカリの場合には登録をしている人は

何らかの経済効果を求めているためです。

 

・「安いものを買いたいなあ」⇔「もういらないし、お金にならないかな」

・「簡単に転売がしたい」⇔「この商品安いな、買ってみようかな」

 

このように、「お互いの欲しい」

を叶えてくれる場所が「メルカリ」なのです。

 

2 物販ビジネスを始めるならやっぱり「メルカリ」

いかがでしたでしょうか?

今回は

「メルカリはなぜ物販ビジネスで稼ぎやすいのか?」

ということについてユーザーの質の面から

お話をさせていただきました。

 

メルカリは、恐るべき速さで

急成長を遂げたフリマアプリです。

 

現在では、4,000万DLを達成し

日本人の3人に1人が利用している計算になります。

 

それはつまり、日本人の3人に1人がお客さんになる

可能性があるということです。

 

自分で集客をする必要なく、これだけの人を

相手に商売をすることが可能なのです。

 

初めて不用品を販売する人でも

転売初心者でも、確実に売れていくことは

間違いありません。

 

これから、物販ビジネスを始めたいと考えている方は

ぜひ「メルカリ」から始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です