手数料無料のフリマアプリ「ラクマ」メルカリよりおススメ?

 

 

こんにちは、阿部です。

あなたは通販サイトといえばどこが思い浮かびますか?

 

「ジャパネット高田」「ゾゾタウン」「大手小売店」「ケンコーコム」など様々ありますが、代表的なものと言えばやはり「アマゾン」そして「楽天」ではないでしょうか?

今回はその楽天が運営する、フリマアプリ「ラクマ」をご紹介します。

http://rakuma.rakuten.co.jp/

 

「ラクマ」とは?

初めて見た時は「メルカリ?」とハテナマークでいっぱいでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

左:メルカリ 右:ラクマ

メルカリのデザイン構成と全く同じだからです。びっくりするくらい同じです。

 

このメルカリ型デザインは、僕が試してきたフリマアプリの中では一番使いやすいです。

このデザイン事態に知的財産権が認められても、何の不思議もありません。

ですから、資金力を活かしメルカリに似せたのは、かなりいい作戦なのではないでしょうか。

 

手数料は0%と当初のメルカリと同じなので、メルカリの手数料10%に嫌気がさした人は、似たような存在である「ラクマ」に流れていくかもしれません。

基本的には同じフリマアプリという類なので、メルカリで培ったノウハウがあればラクマでも稼げます。

 

ここで、少し俯瞰的に楽天を見てみましょう。

現在楽天は「ネットショッピング」として「楽天市場」「フリマ」として「ラクマ」を展開しています。(楽天オークションというサービスもありましたが、現在は終了しています。)

 

「楽天市場」は法人から個人への「BtoC」「ラクマ」はC(消費者)同士の「CtoC」になっており、もはや「フリマ」も市場の立ち位置ができています。

現在はスマホ、特にアプリを利用して買い物をする人が増えているため、『CtoC市場を提供しているフリマアプリ』は、大きなビジネスチャンスを秘めているといえます。

ただ、「ラクマ」のダウンロード数は2016年11月時点で400万ダウンロードとメルカリの10分の1程です。

 

やはり、同じ総合型のフリマであり、先行者としての地位を、がっちり固めたメルカリの牙城は簡単には崩せないようです。

 

他にもある注目のフリマアプリ

他にもフリマアプリの有名どころでは「ヤフオクフリマ」「Fril」そして「SHOPPIES」があります。それぞれのアプリについて簡単に紹介すると

■「ヤフオクフリマ」

販売手数料がプレミア会員で8.64%、登録なしで10%かかります。

また、利用料を支払うことで「太字テキスト」「目立ちアイコン」などの

オプション機能が使えます。

 

■「Fril」

主なユーザー層はファッションに興味のある女性でニッチなブランド品も見つかります。

販売手数料はかかりません。

ダウンロード数は2016年11月時点で600万となっています。

 

■「SHOPPIES」

決済面で手数料がかかったり、ショピGの使いづらさ、そして10%の手数料もあり、改善がかなり必要なのではと思います。

 

メルカリとラクマの違い

メルカリとラクマの圧倒的に違う点は『毎日売上金を手にすることができる』という点です。

メルカリの場合、売れたとしても、最短で4日ほど売上金を手にするまでに時間がかかります。

 

長い場合だと12月1日に商品が売れた場合は、12月11日にやっと売上金が入金されます。

10日間は少し長く感じます。

ですが、ラクマは最短当日、遅くても2日後です。

 

キャッシュフローの面から見るとすごく助かりますし、不用品を売ったその日にお金を手にして、新しいものをすぐに買えるのはうれしいですよね?

さらに、ラクマは楽天スーパーポイントの使用が可能です。

 

僕は今まで楽天カードで商品を購入しており、ポイントがかなり貯まっていました。

 

しかし、アマゾンユーザーであったため楽天ポイントの使い道がなかったのです。

そのポイントがラクマの仕入れ代金に使えるということで、人的にかなりうれしいです。

 

『いつでも1%引きで商品を買える上、溜まったポイントでラクマから仕入れが可能』というのは好循環な仕入れサイクルを作れます。

 

「手数料が0%で売上金が当日に振り込まれる」(振込先が楽天銀行の場合)という点でメルカリユーザーが「ラクマ」に流れることが大いに考えられます。

 

また、今まで楽天市場で買い物していた人が、その商品をラクマで販売するというケースも多くなりそうです。

 

楽天圏でビジネスを展開していくという点を考えると、「フリマアプリ」に参入したのは

かなり良かったのではと思います。

 

手数料無料のラクマがオススメ!

今回はラクマとメルカリの違いについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

メルカリはユーザー数が多いものの、手数料が売上金額の10%かかってしまいます。

一方ラクマは、ユーザー数では、まだまだメルカリに及びませんが、手数料が0%で売上金が最短当日に振り込まれるのが強みです。

 

場合によっては、ラクマとメルカリの両方に出品して、利益が出そうな方で販売するというの面白いでしょう。

 

フリマアプリで稼ごうと考えているなら「メルカリ」だけでなく「ラクマ」の方もぜひ試してみてください。

 

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す