タオバオ・アリババは宝の山!中国輸入は「新規出品」で稼ぐ

 

 

こんにちは、阿部です。

 

「新発売!」

いい響きですよね。

 

新しいモノ好きの僕は「新発売」の文字が躍っていると

特に関心のないモノまでついチェックしてしまいます。

 

特に「中華まん」と「ガジェット系」は

新しいモノが出るたびに手を出しています。

 

ここでは、

そのような新発売を中国輸入において行った場合

について説明していきたいと思います。

 

中国輸入で新発売?

中国輸入における「新発売」は 「新規出品」と言われます。

 

「新規出品」とは、アマゾンでまだ売られていない商品を

新しく商品ページを作成して販売することです。

 

新規出品の方法とメリット

アマゾンの商品取扱い数は膨大ですが、それでもタオバオやアリババにあってアマゾンでは売っていないモノが山ほどあります。

 

当然、それらの商品の中には需要があるのに

供給されていないモノも多くあります。

 

それを新たに売っていくのが

「新規出品」 つまり

『アマゾン内で新発売!』ということです。

 

商品ページが存在しないので

①自分で商品ページを作らなくてはならない

②販売実績がないので売れないリスクがある

というネガティブな点があります。

 

①に関しては慣れていけば間違いはなくなりますが

②に関してはいくら経験を積んでも【失敗がゼロ】とはいきません。

ですが

リサーチがうまくいけば 、他の出品者がいないため

独占的に販売でき利益も大きくなります。

 

もちろん、ただ出品するだけでは

すぐにライバルが追随してくるので工夫が必要になります。

 

工夫の仕方としてたとえば

『日本語の説明書を付ける』

『独自のパッケージを付ける』

『オリジナルブランドとして販売する』

などがあります。

 

要はオリジナル商品を作るということですね。

 

このあたりは別の記事で取り上げていますので

そちらのチェックもよろしくお願いします。

 

中国輸入で法律違反?

ところで、あなたは中国製品と言えばどんなイメージですか?

「安い、作りが雑、偽物が多い」

このようなところでしょうか?

この中で『安い』というのは
転売ビジネスをしている僕にとってはとてもありがたい事です。

作り・質に関しては年々向上していて

日本製品と比べても遜色ない品も増えています。

 

問題は『偽物が多い』ということです

 

偽ブランド品は金の生る木

過去にお会いした方の中には、偽物と知らずにブランド物の財布を購入してしまいアマゾンのアカウントを無くしてしまった方もいらっしゃいます。

偽物を販売する事も

購入してしまう事も犯罪と見なされてしまいます。



もちろん、購入者に落ち度がなく

知らずに購入してしまったから逮捕されてしまう

という事はありませんのでご安心ください。

 

あくまで「偽物と知っていて購入した」場合です。



中国で売られているブランド品の偽物は

クオリティが高く本物とうり二つですので

日本で販売すればかなりの収益を得る事が出来ます。



また、有名ブランドのロゴが付いた商品や柄・デザインが

似ている商品などもかなり需要があり、

バンバン売れていくのも事実です。



過去の記録を調べると

ヴィトンと全く同じ柄の財布を200円で仕入れ

日本では数万円以上で販売していました。



数百円の仕入れで数万円の利益が出せるなんて

夢の商品ですよね。

 

著作権侵害は犯罪行為!

ただし、偽物を販売した場合「著作権を故意に侵害した者は、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金に処せられる」等の刑事罰がありますので、絶対に止めましょう。


仮に罰が無くても

著作権を侵害するようなことは控えましょう



また、悪意が全く無く仕入れた商品が

実は著作権侵害の対象となっている事も十分にありえます。

 


キャラクターグッズや偽ブランド品を扱うと

すぐにアカウント停止処分になりますし

法的にも裁かれる可能性がありますので十分に注意して下さい。



ルール違反をして稼いでも長続きしません

何より「バレるんじゃないか?」と

ビクビクしながら過ごすのは居心地が悪いものです。

それではいくらお金があっても人生を楽しめないですよね?

 


中国輸入は仕入れ価格を抑えることができる分

ノーブランド商品を相場価格で販売するだけで

確実に収益に繋がりますし、十分稼ぐ事が出来ます。

 

 

中国輸入はルール順守と新規出品で

ここまで、中国輸入における新規出品と著作権に対する説明をしてきました。

 

おさらいしますと

・新規出品とは、アマゾンで未発売の商品を新たに販売すること

・新規出品の厄介な点は

①自分で商品ページを作らなくてはならない

②販売実績がないので売れないリスクがある

・オリジナル商品を作ればさらに稼げる

・中国製品には偽物が多い

・販売だけでなく購入でも刑事罰の対象になる

・ルールを守っていても十分に稼げる

 

いかがでしたか?

著作権、商標権問題というのは自分自身だけではなく

購入してしまった方や、メーカーさんにも関わる事です。

 

多くの人の思いや権利を

踏みにじる行為だと覚えておいてください。

 

中国輸入は偽ブランド品なんて物を扱わなくても

十分に稼げるのですから

ルールを守って楽しビジネスライフを送りましょう!

 

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です