仕組み化を成功させる!ビジネスを拡大・安定させる外注化のコツ!

 

 

こんにちは、阿部です。

 

 

「時間足りていますか?」

「足りてない」と思った方、

あなたは1人でひたすら労働作業をしていませんか?

何でも1人でやっていたら、いくら時間があっても足りません。

 

特に副業として取り組まれている方は

時間が取れたとしても1日2時間程度だと思いますので

その時間を効率よく活用する必要があります。

 

転売ビジネスは非常にシンプルで

稼ぎやすいのですが、

やることは非常に多いですよね。

 

リサーチ、仕入れ、検品、出品、コメント対応・・・

 

これらを全部1人でやっていたら、

作業に追われ、時間は当然足りなくなります。

お金が増えても自由な時間は減るばかり・・・

しかし、作業を止めたら収入が入ってこなくなる。

 

ですから

「時間も確保しつつ安定して稼いでいきたい!」

という考えであれば、

「仕組み化」をしていく必要があります。

 

1 「仕組み化」の重要性

そのためにはツールはもちろんのこと

【人の力】が欠かせません。

 

ツール(システム)を使うと

単純作業を効率化はできるのですが

やはり人の手が必要な部分が出てきます。

 

しかし、従業員を雇うとなると、

固定費のみで数十万円かかり、

一個人ではなかなか踏み切ることはできません。

 

では、どうするかというと、

「外注」という形でお仕事を委託すればいいのです。

そうすれば、かなり低コストでお願いできます。

 

外注スタッフの仕事は

在宅で隙間時間にできることから、

引き受けてくれる方が多いです。

 

ですから、求人サイト「クラウドワークス」などで

募集するとかなり応募があるのですが、、、

 

肝心なのは採用してからです。

 

外注スタッフを採用した人が

結構悩まれる点がココかなと思います。

 

2 外注スタッフを育てるコツは?

実際に僕がメルカリビジネスを教える際も

まず外注化することから教えていますが

ここでつまづく方が多いのです。

 

・上手く動いてくれない

・すぐに辞めてしまう

 

など色々あると思うのですが

「隙間時間でお小遣いくらい稼げたらいいな」

と考えて手伝ってくれるため、

基本的に経営する側である僕達よりモチベーションは低いです。

 

やはり長く続けてもらい、コミットしてもらわなければ、

満足の行く結果は出ませんので、

いかに取り組んでもらうかが重要な点です。

 

よく「外注さんが上手く動いてくれない」と嘆いている方がいますが、

お願いする側もしっかりと働いてくれる環境作りをしないといけません。

 

外注さんの環境づくり

モチベーションが上がる働きやすい環境にすること。

 

その上でのアドバイスとして

例えば・・・少しでも何かできたり

達成出来たりしたら褒めて褒めて褒めちぎりましょう!

褒められれば誰でも嬉しいですよね?

 

「自分自身が認められている」

「もっと頑張ろう!」と思ってくれます。

 

商品が1つでも売れたら

「早速、1つ目売れましたね!!さすがです^^」とか・・・

「今日も出品してくれてありがとうございます!」とか・・・

ちょっとしたことでもなんでもいいので、褒めてみてください。

 

「褒めたり」「感謝したり」することで

働きやすい環境づくりができ

継続して手伝ってもらうことができます。

 

人の力を自分の力にする

社員さん・パートナーさん・外注スタッフさん・・・と

ここ数年でだいぶ僕自身のビジネスを

手伝ってくれる方が増えました。

 

1人では出来ることなど限られていますし、

自分の理想とするものを実現するために

「ビジネスを大きくしていこう!」と考えたとき

思いに賛同してくれる協力者は不可欠です。

 

人財、人財、人財・・・・

本当に【人の力】で

見える世界もガラッと変わってきます。

 

こうして【人の力】のスゴさに気付き、

毎日実感しているのですが・・・

同時に日々頭を悩ませているのもこの問題です。

 

マネジメントはかなり難しいです。

「こうして欲しいな」と思っても

思うように動いてくれなかったり

時には反発もあります。

 

「そんなつもりで言っていないのに・・・」

など思うときも多々あります。

 

1人でやるのなら自分の努力・頑張り次第で

なんとでもなると思うのですが

人を動かしていくとなると、なかなか上手くいきません。

 

手伝ってくる方一人一人にがっつりと協力してもらうためには、

まずモチベーションを高めてもらわなければなりません。

 

そして、そのためには

『その人の持つ力をどれだけ引き出せるか』

が重要です。

 

僕にはずっと思っていることがあります。

それは「人はそれぞれ良いところもあればダメなところもある」

ということです。

 

僕にも良いところは恐らくありますし

悪いところ、直さないといけないところなど

数え切れないほどあります。

 

自分で言ってしまえば

良いところは『行動力があるところ』です。

「これやりたいな!」と思ったことは全力でやり切ります。

 

逆にダメだな・・・と思うところは

『一度コレがいい!と決めたら意地でも崩さないところ』

でしょうか。

 

『人間は完璧ではない』ですからね。

 

しかし、その”ダメなところ”ばかりに

フォーカスするのではなく、

”良いところ”をしっかりと引き出してあげる。

ここが経営者・リーダーとして必要なことだと思うのです。

 

・リサーチが得意な人

・お客さん対応が得意な人

・細かい作業を正確にできる人

・人に教えるのが得意な人

人それぞれ絶対に優れたところはあります。

 

そこをしっかりと見つけ引き出すことができれば、

スタッフの方も成長し、貢献してくれます。

なによりも自分自身のビジネスも大きく伸びます。

 

3 その人の得意な部分を見つけよう

ここまでは外注スタッフを育てるコツを

お話してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

「その人がどんなことに優れていて、

どうしたらその点をもっと引き出すことができるんだろうか・・・・」

と、真剣にその人にとってベストなことを考えてあげられる。

そんな人に僕はなりたいと思ってます。

 

あなたもぜひ参考にしてみてください。

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です