転売で商品が売れない人必見!「写真の撮り方とタイトルの付け方」

こんにちは、阿部です。

 

 

転売ビジネスを始めて

「商品が思うように売れない」

という壁に当たった事はないでしょうか?

 

商品が売れない理由としては

 

・商品自体に需要がない

・商品の見せ方が良くない

・一度しか出品していない

・ワードの工夫が出来ていない

 

といった様な原因が考えられます。

 

転売ビジネスを取り組むにあたり

大切なのは仕入れ、商品選定になりますが

「商品を売る工夫」というのも

実はすごく大切です。

 

ちょっとした事ですが

やれるべき事は全て取り組み

収益を最大限上げる事が出来る様

工夫していきましょう。

 

本日は2つのちょっとしたテクニックを

ご紹介致します。

 

(1)商品の写真の撮り方を工夫してみる

以前も加工アプリを使って

購入率をあげる写真撮影のコツを

紹介させて頂きました。

(→http://abeyuto.com/fril/picture/)

 

3〜4枚の写真をコラージュして

1枚の写真にする事も

勿論大切ですが、商品の背景にもこだわってみましょう。

 

例えば観葉植物など緑の植物を背景に

少し写り込ませるというのも

商品を目につかせるためのテクニックです。

 

緑や青には集中させるという効果があります。

 

人前で話す際、ステージ上に

話す人を挟む様に観葉植物を置く事により

聞く人の集中力をより上げる事が出来ると言われています。

 

また、赤には食欲をそそるなど

欲を煽る効果があるので

食品系を出品する際は

コラージュした写真を

赤枠で囲んだりするといいかもしれませんね。

 

色による心理というのはとても大切ですので

意識してみて下さい。

 

また写真の明るさも重要ですので

なるべく明るいところで撮りましょう。

 

(2)タイトルに限定性を持たせる

メルカリで出品する際、

ユーザーがまず目をつけるのは

写真とタイトルです。

 

つまり、写真とタイトルに

パンチの効いたものを使う事が出来れば

よりクリックされる可能性は高くなります。

 

そこで是非取り組んでほしいのが

限定性を持たせるという事です。

 

例えば2000円で出品していた商品で

なかなか売れなければ

【3時間限定】2000円→1700円

といった様に、限定性と数字を使って

クリックされる頻度を上げさせます。

 

勿論利益が取れなければ意味がないので

その範囲内で下げられる価格で設定しましょう。

 

いいねは付いているものの

「なかなか売れないなあ」

という商品にオススメの手法です。

 

この様にちょっとした工夫によって

商品の売上が上がる可能性は大いにあります。

 

商品を売る為に自分が出来る事は

極力取り組み、

売上を最大限に出来る様工夫してみて下さいね。

 

「売る為に考える」

という事はとても大切です。

 

是非実践してみて下さい^^

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です