中国輸入ビジネスを始める前に準備しておきたい4つのこととは

 

先日、パソコンを買い変えて色々と面倒なことになっています。

sonyのvaioからmac bookにしたのですが、

ワードやエクセル、

ソフト関連の物はすべて買いなおさないといけないと

出費がかなりかさんでおります(笑)

 

「もう少し考えておけば、準備しておけばよかったかなぁ

と少し後悔中です。

何事も事前の準備が大切ですよね。

 

皆さんにはそういった経験はありませんか?

 

さて、今回は中国輸入を始めるにあたって

準備しておくべきことについて説明します。

 

準備といっても難しいことではなく、

いくつかの「サイト」を登録し

「ツール」をパソコンに取り込むということを行います。

 

これによって稼ぐために最適な環境を作っていきます!

 

4つの準備すべきこと

 

1、Google Chrome(グーグルクローム)に設定する

2、使うサイトをブックマークに登録する

3、Amazonに出品者登録する

4、PayPalに登録する

 

1:ネットビジネスをするなら「グーグルクローム」がおススメです。

なぜなら、理由が3つあります。

〇「動作が速い」

〇「自動で外国語を日本語に訳してくれる」

〇「輸入ビジネスに適した拡張機能が多い」からです。

同時にGmailアドレスも取得し、ビジネス用として使用しましょう。

 

ダウンロードはこちらから

 

2:よく使うサイトはブックマーク登録をして手間を省きましょう。

各サイト、ツールについては今後説明していきますのでご安心を。

 

ブックマークしておくべきサイト

【中国仕入れサイト】

タオバオ

アリババ

輸入する商品を仕入れるサイトです。

 

【ツール】

PRICE CHECKE(プライスチェック)

モノレート

上2つはAmazonでの売れ行き、販売価格、出品者数を知るために使います。

 

FBA料金シミュレーター

Amazonで販売した場合、利益がどれくらい出るか調べるために使用します。

 

Google翻訳

日本語の商品名を中国語に翻訳する際使用します。

 

チャイナマート

チャイナマートはタオバオの日本語版のようなモノです。

タオバオに比べ若干高めになっていますので、商品を調べるためだけに使います。

 

3:商品はAmazonで販売していきますので出品者用のアカウントを取得しましょう。

 

Amazonが良い理由としては、

「商品画像を用意しなくてよく出品が楽」、

「FBAがあるため作業負担を減らすことができる」、

「集客力が高い」

などが挙げられます。

 

4:PayPalは世界中で利用されている決済サービスです。

中国から商品を仕入れる際に使用しますので登録を済ませておきましょう。

基本的に仕入れ代金を支払うための利用なので

「パーソナルアカウント」で問題ありません。

 

登録方法についてはこちらを参考に

 

どうでしょうか。

準備と言ってもそんなに大変なモノという感じではないですよね。

 

サクッとすませて稼ぐ環境を整えてしまいましょう!

 

1 個のコメント

  • こんにちは。
    いつもブログやメルポンにはお世話になっております。
    最近、アリエクスプレスから仕入れ、メルカリに出品しております。
    そこで、質問なのですが、パロディー商品の出品は危険ですか? やめたほうが良いでしょうか?
    スーパーブランドではありません。 ちょっとした有名メーカーのパロディー商品です。
    ご意見お聞かせ下さい。
    よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です