フリル初心者が知っておきたい「トラブルを避けるプロフの書き方」

 

 

こんにちは、阿部です。

 

あなたは着なくなった洋服や不用品をどうしていますか?

 

「家族や友人にあげる」

「ブックオフなどのリサイクルショップに買い取ってもらう」

「ゴミとして捨てる」など様々な選択肢がありますが

最近は「フリマアプリで販売する」というのも魅力的な選択肢ですよね。

 

日に日に人気が高まるフリマアプリの中でも

特に注目したいのが

学生から30代の幅広い女性をターゲット層としている

フリマアプリ「Fril(フリル)」です。

 

ということで今回はその

フリルで好印象を与える「自己紹介の書き方」

についてお話しをさせていただきます。

 

フリルとは?

こちらは現在650万ダウンロードを突破した

大人気の出品手数料無料フリマアプリになります。

 

以前のCMでは、ファッション業界の愛憎劇を描いた

フジテレビ系水曜ドラマ「ファーストクラス」

に出演する沢尻エリカさんらをCMに起用して

ファッション性の高いオシャレなアプリであることをPRしています。

 

その後のCMでは山田孝之さんを起用し、手数料無料の良さを

前面にアピールしていることでも注目されています。

 

実際にフリルを利用していただくと

分かると思うのですが

フリルに出品されている方はオシャレ感度が高く

商品のレベルもかなり高いです。

 

フリマ=古着という概念が覆ります。

新品・未使用の物も多く扱われているので

「憧れの商品がフリマ価格で買えた」

「売り切れて買えずに悔しい思いをした商品が格安で購入できた」

ということも十分にあり得るのです。

 

「それならフリルを使ってみたい」

「フリルのことは知っていたけど、登録するのは少し不安」

といった方に向け

 

ここからはフリルの登録情報の設定

についてお伝えしたいと思います。

 

登録情報の設定

フリルを利用する際には、

他のフリマアプリと同様、

連絡先・住所を設定する必要があります。

 

「登録情報の設定」

という欄から設定を行うのですが、

ここでは「連絡先・住所」のほかにも、

「好きなブランド、サイズ、ショップ・プロフィール設定」

を行うことができます。

自分のイメージを決めてしまうとも言える

登録写真(画像左中央部分)もこちらから登録します。

 

中には写真を掲載していない方もいますが

フリルの利用者の多くは

登録写真に自分の好きなアーティストや

モデルの写真などを掲載しています。

 

凝った写真を掲載している人は

ファッションに対する想いも熱いようで

ファッション性の高い品物を

やりとりしているように感じます。

 

フリルの自己紹介には免責を記載する?

一般的に、ショップ・プロフィールの欄には

簡単な自己紹介に加え、出品している品物の系統などを

書くとことが多いと思います。

 

ですが、

フリルの場合はこれに加え

利用者の大半がトラブルを回避するための免責事項を記載しています。

 

免責事項の代表的な例をご紹介していきます。

 

①自宅保管品ですので神経質な方はご購入をお控えください。

②着画はできかねます

③値下げ交渉NG

④送料込の場合の発送は一番低価格な方法(普通郵便など)で

 行いますので、発送事故による責任は一切負いかねます

⑤他サイトにも出品しているため、

 突然出品を取り下げる場合もございます。

 

では、ショップ・プロフィールの欄に免責事項を記載しておくと

具体的にどのようなトラブルが回避できるのでしょうか?

 

これについて詳しく説明していきます。

 

①自宅保管品ですので・・・

新品・未使用の品物でも自宅保管品などは、

畳みシワがついていたり、検品の際に気づけなかった

微細な汚れがあるかもしれません。

中古の品ならなおさらです。

 

自分ではこれくらい大丈夫だろうと思っていても、

購入者にとっては違う場合も十分考えられます。

 

そのため、プロフィールの欄に事前に記載しておくと、

スムーズな取引が期待できるということになるのです。

 

②着画はできかねます

着画についてのお断りも記載しておきたい注意事項の1つです。

 

意外に多いのが

「商品を実際に着用した写真を掲載して欲しい」

という購入希望者からの要望です。

 

出品写真だけではイメージがつかめなかった場合に

寄せられることが多いのですが、

着画の際に顔が写っていたりすると、

プライバシーの問題などが気になります。

 

ですから、着画は行うとしても

限定的にした方がいいようです。

 

どうしても行わなくてはいけない場合には、

画像処理を施したり、顔を写さないで

撮影するように注意が必要です。

 

③値下げ交渉NG

フリマの特性上、

当然のように値下げ交渉をされることもあります。

 

中には提示金額よりも大幅な値下げを要求されることもあります。

 

そういった非常識な購入希望者からの

コメントは無視することもできますが、

最初から「値下げ交渉には応じられない」ということを

記しておくことで、無理な値下げ交渉をされる心配もありません。

 

ほんの少しなら値下げしてもいいという場合は

「お気持ち程度になります」

という文言を付け加えてみるといいでしょう。

 

④送料込の場合の発送は・・・

フリルでは7割ほどの商品が送料込の価格で設定されています。

 

そのため、

商品を送る際には発送料金が安く済む普通郵便を

利用するケースが多いです。

 

追跡が出来ないので『商品が届かない。』

ということが起きた場合、確認の手段がありません。

その際に、「こちら側では責任は負えません。」

ということを記載しているのです。

 

また、購入者の中には普通郵便ではなく、

補償のある発送方法(ゆうパックなど)を求めてくる方もいます。

 

こういった方に対しては、

後に紹介するコメント機能を使って、

料金の差額が発生することを伝え、

その分を上乗せした金額で取引を進めましょう。

 

⑤他サイトにも出品しているため・・・

人気商品を出品した場合には、

購入希望のコメントが複数の人間から

同時に寄せられる可能性があります。

 

複数のフリマアプリに出品している場合、

その確率はもっと高まることでしょう。

 

オークションとは違いフリルでは、

購入者を決める権利は出品者側に委ねられていますので、

より信頼のおける購入者に商品を購入してもらうことができます。

 

例えば、

最初に値下げ交渉を打診してきた

購入希望者と話を進めていたとします。

 

しかし数日後、

出品者の希望する金額で購入希望者が現れた場合、

出品者が購入申請を許可する前であれば、

後から交渉してきた方に売ることができます。

 

この場合、

最初に話を進めていた購入希望者は

「出品がいきなり取り下げられた」と

不愉快な思いをするかもしれません。

 

ですが、

出品を取り下げる可能性を事前に明記しておけば、

こういったトラブルも避けられるということになります。

 

トラブル回避は、プロフィール記載にあり

いかがでしたでしょうか?

 

今回は「フリル」を利用する際に、

『プロフィールに記入しておくとトラブル回避が出来る』

文言について詳しくお伝えさせていただきました。

 

ここで紹介したのはほんの一例ですので、

他にも「これをされたら困る」というようなことがありましたら、

事前にプロフィール欄に記載し、

購入者とのトラブルを避けるようにしましょう!

 

 

 

 

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です