【メルカリ】素人でも簡単に3分で儲かる商品を見つけるリサーチ方法とは

メルカリ初心者
メルカリで稼ぎたい!売れる商品のリサーチってどうやってやるの?

あなたは、仕入れにおいて「どんなジャンルを狙っていくか」しっかりと考えていますか?

今回は狙っていくジャンルを踏まえ「儲かる商品を確実に見つけるリサーチ方法」についてお話しいたします。

メルカリ|商品のリサーチ方法とは?

【転売】に用いるリサーチ方法は共通しています。

  • ヤフオクでしたら→オークファン
  • アマゾンでしたら→モノレート

このような相場サイトで商品の相場、売れ筋をみていきます。

ただ、メルカリの場合はまだ専門的な相場サイトがないため、「とある方法」を使います。

メルカリの相場リサーチ方法

以下、順序立てて説明していきます。

  1. 『詳細検索』を活用して商品の状態を『売り切れ』にして売れている商品を検索します。
  2. ここで、思いつく商品を「キーワード」に入れたり「得意なジャンル」があれば、それを設定して検索すると、そのジャンルで売れている商品がすぐにわかります。
  3. そのあとは、かなり地味な作業にはなりますが1つ1つ商品を見ていき、それが、他のサイト、アプリではどれくらいの値段で売られているのかを見ていきます。

僕が試しに検索しましたところnexus7というタブレットが売れていました。

これがメルカリでは9,999円 。そしてアマゾンの相場サイト物rateで調べてみると16,000円で販売されています。

メルカリで9,999円で仕入れアマゾンで16,000円で販売。

つまり、価格差が6,000円手数料等抜いても4,000円近くの利益が出ます。

「これは儲かる商品だな。」ということが分かりましたら、あとはその商品がメルカリで出品されていないかを見ていくだけです。

こうしていけば簡単に儲かる商品は見つかります。 気になったらすぐに詳細検索でリサーチしてみてください。

しかし、そのようにしても「儲かる商品が見つからない」という方に【リサーチのコツ】をご紹介をしていきます。

リサーチのコツとは?

リサーチを行うに当たり「同じ出品者が同じ商品をたくさん扱っている」という事象が重要な鍵となってきます。

ご存知の通り、フリマアプリは本来、一般の方が自分の不用品を販売する場所ですよね?

つまり、1人の出品者がたくさん商品を扱っていれば、「営利目的の方がどこからか仕入れて転売しているのでは?」と考えることができます。

実際のリサーチ例

たとえば、「アサヒ 守る働く乳酸菌」」30本セットで送料込3099円で売り切れていました。

「仕入れたら損するんじゃないか?」と思われるかもしれません。

しかしこれ、仕入れ値は1797円です。

手数料や送料などを考えても500円以上利益が出ます。

メルカリ初心者
え、そんな安くどこから仕入れてるの?

仕入先は「サンプル百貨店」というサンプル品を格安で提供しているサイトです。

色々な商品が激安で販売されているのですが、激安の理由は「賞味期限が残り3ヶ月」と短いためです。それらをメーカーがマーケティングとして提供しているのです。

このサイトの「何が良いのか?」と言いますと「ほぼノーリスクで転売に取り組める」ということです。

先ほど紹介したものは、たった100円ですしもし売れなくても自分で使えばいいので気になりませんよね。

練習と思って、実際にメルカリに出品していただき

  • メルカリの基本的な使い方
  • 商品の出品方法
  • 取引連絡
  • 梱包・発送など

一通り体験してみてください。

やり方については動画で解説していますのでぜひご覧下さい。

 儲かる商品を探すのは意外と簡単

今回はメルカリで儲かる商品のリサーチ方法とそのコツについてお話をさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

「これなら自分でも出来るかもしれない」と思われたのではないでしょうか?

「その通りです」

リサーチは意外と簡単で、転売で稼ぐことは誰にでも出来るのです。

でも、「まだ勇気が出ない」という方は、僕の紹介した方法で一度【売れるという感覚】をつかんでください!

きっと、「自分でも出来る!」と思えるようになります。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

1 個のコメント

  • コメントを残す