メルカリビジネスはライバルが増え飽和し稼げないのか?

こんばんは。阿部です。

 

ここのところ季節柄か、SNSなどを眺めていると
「卒業」というキーワードがよく目に入りますね。

 

僕のような人間だと
一般的な会社勤めではないので

 

「歓迎会」や「送別会」などもないですから
季節感が本当に無くなってしまいます笑

 

強いて言うなら、物販をやっていて

「何が売れているか?」で

季節を実感したりすることが多いです。

 

(あ、世の中の人はそろそろ新生活の準備を始めてるんだな…)

 

というのが「モノを買う」ということから
はっきりと伝わってきますね。

 

メルカリを使っている人なんかは
「個人対個人」の取引なので
そのあたり実感しやすいのではないかなと。

 

あ、そうそう

そういえば少し前の話なのですが
こちらのニュース見ました??

http://jp.techcrunch.com/2016/03/02/mercari-raised

 

【メルカリが84億円の資金調達に成功】

 

これだけを見ると、僕らには関係ない話に
聞こえるかもしれませんが、実はこれって
かなり凄いことです。

 

記事の中にも書かれていますが
IT系企業の中でもここ数年でダントツに大きな数字です。

 

お気づきだとは思いますが
メルカリってものすごーーく儲けているはずです。

なのに資金調達をするということは
一体どういうことか?

 

これはもう

「何か」を仕掛ける…ということです。

 

間違いありません。

 

では「何」を仕掛けるのか?

それは外部の人間である僕にはわかりません。w

 

けど、1つだけ確かなことは

何かしらを仕掛けたとしても

 

“結果的に”

 

メルカリのユーザーは増えるということです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

これまでよりも爆発的な勢いで
「物販」に詳しくない一般人が今よりも
たくさんメルカリに参加してくるということです。

 

ということは言うまでもなく

僕らにとってチャンスなわけです。

 

ビジネスをやっていると

「飽和はしませんか?」

というのはよくもらう質問ですが

 

どんなビジネスだって極端な話、
「世の中の人全員がやったら」飽和しますよ。もちろん。
(実際にはそういった状況は考えにくいですが)

 

だから、自分なりに工夫したり
穴を見つけたりして

ノウハウを開発したり
スキルを磨いたりするわけですよね。

 

けど、先ほどのニュース。

これでメルカリの「飽和」は
また一歩、未来に先延ばしされました。

 

あくまで僕の予想ですが、まだしばらくの間
物販ビジネスの勉強をしている人は
問題なく稼ぎ続けられるだけではなく

これから数年はオイシイ思いができるでしょう。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

特別なノウハウなど別に使わずとも

ただやるだけでラクに稼げる状況、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

いわばボーナスタイムですね笑

 

これがもう少ししたらやってきます。

「まだ物販を始めたばかりだから…」
「ネット初心者だから…」

 

という気持ちももちろんわかりますが
いつまでもそういった気持ちで取り組んでいると
本当に損してしまいますよ。

 

「自分はプロのビジネスマンなんだ!」

 

という意識を持つことで始めて
本気で取り組めたりしますからね。

 

「時給300円時代」がやってくるとも言われていますから
今のうちに商売の基本となる「物販」を始めていきましょう。

 

今から始めても全然遅くありません。

なぜなら世の中の99%以上の人は

メルカリでビジネスをやろうなんて
1ミリも考えていないですからね。

 

すでにビジネスを始めている人は僕と一緒に
より稼げるように勉強していきましょう。

それで…

メルカリが「何か」を仕掛けるこのタイミングで
僕自身も近々「あること」を行いたいと思います。

 

これはどちらかというと
「副業のビジネスを本業にしたい」とか
「自由な生活を手に入れたい」という人にとっては
またとないチャンスになると思います。

 

詳しいことはまた後日お話していくので
こちらのブログ

早く情報を入手したい場合は

僕からのメルマガをよくチェックしておいてください。

 

では、最後までご覧いただき
ありがとうございました!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です