フリマアプリの「専用出品」「お取り置き」?評価を下げない断り方!

 

 

こんにちは、阿部です。

 

あなたはフリマアプリを利用しているときに

「専用出品」と書いてある商品を

見たことはありませんか?

 

『この専用出品とは何なのか?』

『自分がするときにはどうしたらいいのか。』

ということを今回はお話していきます。

 

ローカルルール①?専用出品とは

初めて「メルカリ」「ラクマ」「フリル」などの

フリマアプリを利用される方は

「【専用】って何?」と思いますよね。

 

購入するときに商品タイトルに「~様専用」

となっていたり、出品している商品に

「専用にしてください」と言われたりします。

 

そんな時に、どう対応すればいいか分かりませんよね?

僕もその一人でした。

 

『値段交渉中に、他の人に買われないように』

『何らかの理由で今は買えないけど

 いついつに買いたいから取り置きしておいて』

という意味で【専用】にしてもらうことが多いです。

 

専用出品への変更方法

あなたが出品者で専用を頼まれた場合には、

「商品画面」で「商品編集」を行うことにより変更できます。

ですが

専用とはフリマアプリの独自ルールなのです。

こちらはメルカリのガイドに

記載されている内容ですが

メルカリでは基本的に

「最初に購入した方と取引をする仕組みとなっています。

 

つまり、専用にして【誰かに買われた】

としても文句は言えないのです。

 

システム的には「専用」にしたからといって

他の人が買えないようにすることはできません。

 

ですが、通常は「~様専用」となっている商品を

他の方が購入することはないと思います。

 

専用出品のデメリット

専用にするとデメリットもあります。

 

・購入されるまで、売れない

その人しか購入できないようにするため

『購入されるまで売り上げにならず、お金が入らない』

という状況に陥ってしまいます。

 

 

・結局、購入してもらえないということも

専用にしたのにやっぱり買わないという方も

少なくありません。

 

その辺りのリスクも考えながら

【専用】にしていきましょう。

 

 

専用のやり方は動画でも解説しておりますので、

よろしければご覧ください。

(内容はラクマとなっておりますが、方法は同じです。)

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

ローカルルール②?お取り置きとは

先ほどまでは、「専用」という言葉についての話でした。

これと似たような意味で「お取り置き」という言葉があります。

 

あなたは欲しい商品が偶然見つかった時に、

「肝心のお金が足りない。」という経験はありませんか?

 

僕が高校生の頃、某メンズアパレル店で見つけた

テーラードジャケットに一目ぼれしました。

 

しかし、価格は数万円、、、

 

バイトも何もしてなかった僕には

当然ながら購入する資金がなかったので、

無理やりお願いして、1週間ほど取り置きをしてもらいました。

 

その時は、実家のリンゴ農家を手伝って、

どうにか商品代金を用意し購入することが出来ました。

なつかしい思い出です。

 

このようにリアルビジネスでも使われる

「取り置き」と意味合いは同じです。

たとえば、

このように「お取り置きしてほしい」

と言ってこられる方は多数います。

 

ここからは

『「お取り置き」とは何なのか?』

『こちら側にメリットはあるのか?』

ということについてお話していきます。

 

「お取り置き」が意味すること

まずは「お取り置き」の意味について

詳しくお話ししていきます。

 

「お取り置き」とはその名の通り

『購入するまでの間、他の人に売らずに

取っておいてもらえないか』ということです。

 

購入前提でのお話がほとんどですので、

売れる見込みがない商品であったら

喜んでお取り置きしてもいいでしょう。

 

ですが、お取り置きを受ける場合には

いくつか注意点があります。

 

「お取り置き」の注意点

まず、「お取り置きしてほしい」と頼まれた場合は、

【いつまでに購入するのか】そして

【理由】をしっかり聞きましょう。

 

せっかく取り置きしたにも関わらず、

連絡が無くキャンセルになってしまうことがあります。

 

そのようなことを無くすためにも

しっかりと購入者さんとお話ししましょう。

 

「ポイントが入るまで」

「お給料日が10日なので。」のように

日にちと理由がはっきりある方には

「お取り置き」をしても問題ないと思います。

 

ですが、理由がはっきりしない方や、

「売上が出たら」など曖昧な回答の方の場合は、

取り置きはお断りした方がいいでしょう。

「お取り置き」の気持ちの良い断り方

『同じ商品をいくつも出品している方』や、

『購入希望者が多く、すぐに売れそうな商品を扱っている方』は

「お取り置き」をしたくないですよね。

 

キッパリと断れればいいのですが

「お取り置きしてほしい」と頼まれると

「断ったら相手に不愉快な思いをさせないかな?」

と不安になる方もいるかもしれません。

 

「それにわざわざ返信するのも面倒だな。」

という方も中にはいますよね。

 

そのような方は最初から

商品説明に「お取り置きは不可です」

と記載しておくといいでしょう。

このようにしっかり記載すれば

「お取り置きを・・・」というコメントは

めったに来ません。

 

来たとしても、記載があるので

返信する必要はありません。

 

もちろん、商品によって

「お取り置き不可」

「お取り置き可」

と分けても問題ないありません

 

うまく使い分けて売上を伸ばしていきましょう!

 

「専用出品」と「お取り置き」を上手く使う

さて、今回は「専用出品」と「取り置き」について

お話をさせていただきました。

 

実際に、フリマアプリをしたことがない方でも

これで対応方法は分かっていただけたと思います。

 

また、現在お困りだった方もこの方法や注意点を理解し、

実際に利用してみてください。

 

お取り置き・専用出品は信用取引になりますので

自分もしてほしいと思うことがあるという方は、

信頼できる相手なのか見極めて上手く利用していきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です