利益を決める値段設定!コツは「相場の違い」稼げる場所の探し方!

 

 

こんにちは、阿部です。

 

事務所の備品を色々買おうと

アマゾン、楽天、ヤフーショッピング

その他メーカーの直販サイトなどを見てみると

同じ商品でも値段が結構違っていますよね。

 

ホワイトボードを買おうとしてリサーチしていたら

アマゾンで12,000円で販売されているものが

楽天だと9,980円であったりと、

比べてみると意外と価格差がありました。

 

もし僕がこのホワイトボードを扱っていたら

当然アマゾンで販売しますね。

 

このように見ていると

「値段設定って難しいな」と思うかもしれません。

そこで今回は

『値段の設定方法』について

ご紹介しようと思います。

 

「値段の設定方法」

あなたは「この商品を買うならここ!」と決めていますか?

 

僕の場合は

本・家電製品→アマゾン、

食品、大型家具→楽天やメーカーサイトです。

 

本であればブックオフの方が

安いかもしれませんし

家電であれば、価格.comで探したほうが

お得かもしれません。

 

インターネットで値段を調べるだけならすぐですが

価格や特典を比較していくと案外面倒で

積極的にやろうとは思えません。

 

販路によって相場は違う

このような行動を取るのは僕だけではありません。

多くの方は買い物をする場所を固定的にしがちで

お店ごとの細かい比較まではなかなかしません。

 

つまり、販売する場所(アマゾン、楽天、メルカリなど)によって

購入する層も違うので、相場もそれぞれ変わってきます。

 

「この商品がアマゾンでいくらで売られているから

メルカリでこの値段で売れる」とは一概に言えないのです。

 

そこで、何か商品を売ろうと思った時は

必ずその商品がその販路でいくらで売れるかということを

調べる必要があります。

 

メルカリでリサーチする場合

メルカリでウィッグを販売する場合は

『その商品がメルカリでいくらで売れているか』

調査してから値付けをし出品していきます。

 

メルカリで相場を調べる方法は

虫眼鏡のマークからキーワードを「ウィッグ」といれ検索し

右上にある詳細検索のところから

販売状況を「売り切れ」と選択し検索を選びます。

 

そして、同じ商品が売れていないか見ていきます。

価格は結構ばらつきがあるため、商品を10個ほど

ピックアップして、平均値をとると相場がハッキリとしてきます。

 

適切な値段を知り、販売していくことでスムーズに売れ

またリサーチの段階から在庫のリスクを

最小限にすることができます。

ぜひ、販路毎の価格を調べるようにしてください。

 

また、値段設定といえば・・・

 

待ち合わせの間、電車で通勤の合間などの

空き時間にメルカリを見て購入をしているのですが

たまに「これって桁間違えている?」

という値段で出品されています。

 

「ラッキー!」と思ってすぐに購入するのですが、

「値段を間違えたのでキャンセルさせてください」との返答が…..

購入者側としてはかなりショックな出来事ですが

出品者としても本来得られるべき利益が

大幅に減少してしまうのは困りますよね。

 

ここからは

「値段設定」の間違いやトラブル

をご紹介します。

 

「値段設定」を間違えた時のトラブル

よくあるミスが一桁間違えて出品してしまうということです。

たまにお問い合わせを頂いていて

 

一例をご紹介すると

ーーーーーーーーーー

値段を一桁間違えて出品し

気づかずに購入されてしまいました。

購入者さんに間違えた旨をお伝えしたが、

相手が同意せず、取引のキャンセルができません。

メルカリ事務局にも事情を話したが、

「双方の同意がないとキャンセルできない」と言われました。

ーーーーーーーーーーーー

この方は30,000円で出品予定だったブランド物の財布を、

一桁間違えて3,000円で出品してしまったと、、、

 

3万円で売るのと、3千円で売るのでは、

手元に入る金額が2万5千円近く変わってきます。

普通にバイトをして3日分の給料に相当します。

 

メルカリでは基本的に購入後のキャンセルはできないので、

本来であれば間違えたにせよ、相手に送るべきです。

 

しかし、メルカリでは一方的に取引をキャンセル

つまり「相手が納得していなくても商品を送らず無かったことにする」

という手段を取っても評価に悪いが付くわけでもなく

罰金を取られるわけでもありません。

後日、事務局から注意が来るかもしれませんが。

 

私が購入者でしたら自分に非はないため

間違えたにせよ発送してほしいですね。

 

ただ、値段を間違えたということは明らかなので

本気で謝ってくれればキャンセルしてもいいですが。

 

対して、オークションサイトNO.1のヤフオクでは

間違って出品し落札・購入された場合でも

出品者が一方的にキャンセルできますが

「非常に悪い」の評価がつきますし、出品取消手数料も540円

(自動車・オートバイ等は3,024円)かかります。

 

間違って出品した際はキャンセルが可能であってもいいですが

出品者にはそれなりのペナルティがあったほうがいいと思います。

ですから、メルカリもヤフオクのようなルールを定めるべきです。

 

値段を入力する際は慎重に

いかがでしたでしょうか?

 

ここまでは「値段の設定方法」や

値段設定を間違えたときのトラブルを

ご紹介してきました。

 

メルカリで出品する際は適切な値段を知り

販売していくことが大切です。

しっかりと値段を確認し出品していきましょう!

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です