画像を指定範囲で切り取りたい時に活用したい「SnapCrab(スナップクラブ)」の使い方

kei-10

 

こんにちは。

阿部悠人です。

 

 

WEB上の画像保存する際はどうしてますか?

 

 

基本的には

画像の上で右クリックし「名前を付けて保存」で

ダウンロードされているかと思います。

 

ただ

「長方形の画像を正方形に切り取りたい。」

「画面を指定の範囲だけキャプチャーしたい。」

という場合、なかなか名前を付けて保存だと自由が利きません。

今回は、それらを簡単に行えるソフトをご紹介したいと思います。

 

 

そのソフトは「snapcrab」というもので

グーグルクロームブラウザの拡張機能です。

 

 

macbook、windows どちらのパソコンでも

クロームのブラウザを入れて頂ければ誰でも利用可能です。

 

 

しかも、無料でお使いいただけます。

 

 

「画像を自由に切り取る範囲を選択できる事」

「それでその画像を簡単に保存する事」が出来て

転売ビジネスをやっていく上で、さらに効率化する事が出来るので

是非使い方を覚えて頂いて実践して頂きたいと思います。

 

 

 

こちらのスナップクラブはこちらのサイトからダウンロードすることが可能です。

snapcrabダウンロード

 

snapcrab_001

ダウンロードされましたら

実際にAmazonのサイトを例に使い方を解説していきます。

 

 

お使いのパソコンによってどこに表示されるかというのは変わってきますが

パソコンの右下の方に矢印のマークにスナップクラブのカメラのアイコンがありますのでそちらをクリックして下さい。

 

 

snapcrab_002

そうしますとこのようにメニューバーが出てくるので

こちらのスナップクラブのメニューバーを使って実際にキャプチャーしていきます。

 

 

まずは設定して頂きたい事は、保存先を変更する事です。

お好きな名前でフォルダを新規作成して頂いて

保存先にそちらのフォルダを指定して頂きたいと思います。

 

 

その指定するやり方なんですが

スナップクラブのメニューバーの方に歯車のマークの設定画面があるので

こちらから詳細設定を選んで下さい。

 

 

snapcrab_003

キャプチャーの保存先という所で

通常はデスクトップにチェックが入っていてデフォルトとなっているのですが

今回は指定のフォルダという項目を選択して

参照から新規作成したフォルダを指定して下さい。

 

良ければ右下の適用というボタンをクリックしOKという所をクリックして頂ければ

フォルダの設定がされていきます。

 

実際に画像をキャプチャーしていきたい保存したい場合は

こちらの方に指定範囲をキャプチャーという項目がありますのでこちらを選択して下さい。

 

 

snapcrab_004

後は画面が白くなりましたら

保存したい範囲を左クリックで動かして頂ければ

指定の範囲を保存する事が出来ます。

 

 

右下の方にWとHという欄でサイズの対比を指定する事が出来ますので

メルカリなどで商品を出品していく場合は

画像をなるべく正方形で保存していきたいので

WとHの値を出来るだけ近づけるようにして下さい。

 

 

カメラマークのアイコンをクリックして頂ければ

画像が指定したフォルダの方に追加されていきます。

 

 

このようにスナップクラブというソフトを使いますと

かなり効率的に指定の画像をキャプチャーする事が出来ますので

是非有効活用してみて下さい。

 

kei-10
阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です