Amazon販売戦略「スポンサープロダクトの活用で売上げアップ」

 

 

皆さん、こんにちは

 

 

昨年秋に開始された広告サービス

『Amazonスポンサープロダクト』

皆さんご存知ですか?

 

「名前は知っているけど使ったことがない」

「効果あるの?」

 

という声をよく耳にするので

今回はそのことについてお話ししようと思います。

 

Q: スポンサープロダクトって何?

 

A:  クリック課金型広告です。

 

設定したキーワードが検索されると、

広告したい商品が検索結果ページの下部に表示されます。

こんな感じです↓

 すぽぷろ11

 

上の画像は「スマホケース」で検索した際のページです。

赤い四角で囲んだ部分がスポンサープロダクトによる広告商品です。

 

ここに表示された商品がクリックされ

「商品詳細ページ」に行くと課金される仕組みです。

 

ページに表示(インプレッション)されただけでは課金されません。

 

 

Q: 費用はどれくらいかかるの?

 

A: 1クリック2円以上ですが、、、

 

スポンサープロダクトは広告費用をオークション形式で決めます。

この形式が問題になります。

 

例えば、あなたが1クリックを3円に設定した場合は

1回クリックされるごとに3円かかります。

 

もし、他の人が皆2円で入札していれば、

あなたの商品は検索結果の1ページ目に来ます。

 

しかし、他の人が皆、あなたよりも高い額で入札していた場合、

あなたの商品が表示されるのはずっと後の方のページになってしまいます。

 すぽぷろ3

 

普段の買い物を振り返ってみれば分かると思いますが、

20ページも辿っていくことはほとんどないですよね?

 

これでは、意味がありません。

 

ですので、

アマゾン側から提供される1ページ目の推定入札額をふまえて、

入札金額を決定するのがいいと思います。

 

また、1日当たりの予算上限も決められますので、

「予想以上に費用がかかってしまってヤバい」ということもありません。

 

 

オートターゲティング、マニュアルターゲティング

 

オートターゲティングの場合、

購入者が入力した検索キーワードや閲覧している商品との

関連性をAmazonが自動的に選択し、広告が掲載されます。

 

マニュアルターゲティングの場合は、

商品とひも付けするキーワードを自分で設定します。

 

始めはオートに設定して、クリックにつながるキーワードがつかめてきたら

マニュアルに設定するのがいいと思います。

(どんなワードがクリックにつながったのかがAmazonのレポートで分かります)

 

 

Q: 気になる宣伝効果は?

 

A: 今のところ高いです。

 

現在は入札単価が低いため、費用対効果はかなり高いです。

 

私もある輸入商品を新規登録した際に利用しましたが、

開始10日で21個完売、カテゴリランキングで1位を獲得しました。

ちなみに、売上高広告費比率(広告費 ÷ 売上)は5%程でした。

 

ただ、今後は入札単価が上がっていくと予想されますので、

今のように高いコストパフォーマンスを維持できるかは何とも言えません。

 

 

どうでしたか、Amazonスポンサープロダクトについて興味がわきましたか?

 

新規出品してみたけど思うように閲覧数が伸びない方や

より注目させたい商品をお持ちの方はぜひ、試してみてくださいね!

 

Amazonスポンサープロダクトについて、くわしくはこちら

 

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です