初心者のためのヤフオク入門!「出品方法・ジャンク品・悪評価対策」

 

 

こんにちは、阿部です。

 

少し前の話になりますが

2014年の夏に米競売大手のサザビーズとイーベイが

ネット競売での業務提携を発表しました。

 

サザビーズと言えば

270年以上にもわたって高尚な芸術品を扱ってきた

由緒あるオークションハウスで一般の方は近寄りがたい印象です。

 

しかし、そのサザビーズがいよいよ一般大衆にも

門戸を開くということで

そのニュースを聞いたときはワクワクしました。

もちろん、全く手が出せないモノばかりですが。

 

日本のネットオークションサイトもいずれは

リアルオークションハウスと業務提携ということが

あるのでしょうか?

 

さて、日本の有名なオークションサイトと言えば

「ヤフーオークション」ですよね。

 

不用品を売却するのにも転売の基礎を学ぶにも最適です。

今回は「ヤフーオークション」について

 

・出品方法

・ジャンク品販売

・悪い評価への対応方法

に焦点を当ててお話したいと思います。

 

ヤフオクで出品するまでの流れ

出品の仕方が少々面倒でためらってしまうという方も

いらっしゃると思います。

そこで、簡単な出品方法のご紹介です。

 

まずはアカウント登録をします。

登録の手順

① 「Yahoo! JAPAN ID」を取得する。

  18歳以上なら誰でも取得できます。

 

② 「Yahooプレミアム会員」に登録する。

  (フリマ出品のみなら必要ありません。)

  月額498円(税込)が必要です。

 

③ 出品本人確認をする

  こちらは、「モバイル確認」と「本人確認」があります。

  「本人確認」は時間がかかるので「モバイル確認」を選びましょう。

  携帯、スマホの電話番号により確認するのですぐに終わります。

 

①~③を終えたら出品が出来るようになります。

続いて出品のやり方について説明します。

 

出品方法

トップページの「出品する」をクリックし

下の画面に行ったら出品する商品のカテゴリを選択していきます。

 

① 商品撮影

実物を見ることが出来ないネット上の取引では

商品の写真が商品説明と同じくらい重要になります。

 

いろいろなアングルから

傷や汚れがある場合はその部分をハッキリと写して

商品の状態が分かるように撮影しましょう。

 

② カテゴリー選択

自分の出品したい商品のカテゴリを選択します。

 

③ 商品説明

分かりやすいタイトルと

質問が来ないくらいの説明文を書きましょう。

タイトルは「ブランド名」「商品名」「型番」「色」「容量」 など

その商品が何なのか分かりやすいように記載します。

 

また、それらを記載することで

キーワード検索をするユーザーの目に留まりやすくなります。

 

説明文には

・基礎情報(商品名、メーカー名、機能、色、素材、サイズ等)

・商品の状態(新品/中古、傷、汚れ、動作の具合等)

・付属品の有無(元箱、ケーブル、説明書等)

・発送方法、送料

・決済手段(銀行振り込み、ヤフー簡単決済、代引き)

を記載するといいでしょう。

 

④ 販売価格、開催期間を決める

売りたい値段が決まっていれば「定額で出品」を

そうでなければ「オークション形式」を選ぶといいでしょう。

開催期間は「午後10時から11時」を終了時間にするのがおすすめです。

多くの人が利用する時間ですので落札の可能性が高くなります。

 

以上を入力すれば出品作業は大体終わりです。

あとは残りの欄を埋めていきましょう。

 

どうでしたか、出品の方法は分かりましたか?

意外と簡単に出品できますので

まずは不用品等がいくらで売れるのか

楽しみながら販売してみるのもいいかと思います。

 

では、

ここからは、ぜひ参考にしていただきたい

「意外な売れるもの」を紹介いたします。

 

ヤフオクで売れる「ジャンク品」

オタクの街もとい電気街として有名な秋葉原に行くと

ジャンク品コーナーから商品を凄い勢いでカゴに入れている方を

目撃することがあります。

 

パソコンやカメラを購入する方が多いようですが

一体どうするのでしょうか?

 

『修理して使うのか、パーツだけ取るのか

はたまた修理品として売るのか』気になるところですね。

 

僕はカメラやパソコン関係のジャンク品は詳しくないので、

それらに価値を見いだせる人は素直に「すごい」と思います。

 

ジャンク品を扱えるようになれば

ビジネスの幅も広がり利益につながりますし

何より「地球にやさしい」ですからね。

 

ジャンク品と聞くと敬遠するかもしれませんが

僕たちにも全く縁がないわけではありません。

 

自分で使っていたパソコンやスマホが

壊れてしまえばジャンク品になります。

(電源が付かない、液晶が割れた、ボタンが反応しないモノなど)

あなたも家に一つくらいはあるのではないでしょうか?

 

さて、そのような「ジャンク品」ですが

あなたはどうしていますか?

 

使えないから捨ててしまうという方が

結構いるのではないでしょうか?

 

有料の廃品回収で処理している

という方もいらっしゃいますよね。

 

ですが

それはもったいないかもしれません。

 

捨てる前に再利用、ジャンク品として

売ってみることを考えてみませんか?

 

「え~壊れてるモノなんて売れるの?」

と感じる方もいるかと思います。

 

しかし、結構需要があるのです。

 

ヤフオクの検索ワードランキングでは

毎月5位以内に入っているのです。

 

ですから、かなり高額で売れることもあります。

もちろん、二束三文のときもありますが。

 

どんなジャンク品が売れている?

たとえば、以下の「Play Station4」

電源はつきますが、すぐに消えてしまうというジャンク品です。

 

一般の方なら使用することができません。

ですが、12,500円とけっこう高価格で落札されています。

 

続いては富士通の「LIFEBOOK」というパソコンです。

こちらは電源が付くものの写真の青い画面になったまま

フリーズしてしまうとのことです。

 

これも知識がない方には使えません。

しかし、こちらも24,000円と

決して安くない額で落札されています。

 

どんなものでも売れる?

ただし、何でも売れるというわけではありません。

ジャンク品にも需要があります。

 

比較的よく出品され落札されるのは

「パソコン」「スマホ」「ゲーム機」「カメラ」

などの電化製品で修理ができるモノやパーツが取れそうなモノです。

 

また、「人気商品」や「生産中止になった商品」などは

高値で取引されます。

 

ジャンク品の説明には気を配る

なお、ジャンク品を出品する際は商品説明に気を付けてください。

購入者に誤解を与えないよう

ジャンク品であることをしっかり説明しましょう。

 

これらの点に注意して、ぜひ出品してみてください。

ジャンク品も見方を変えるとお宝商品になり得ます。

お宅にないか、ぜひ探してみてください。

 

ここまでは出品のお話をさせていただきましたが

ここからは落札後の評価についてのお話です。

 

ヤフオクで「悪い評価」をもらってしまったら

取引は人と人が行うことですので、

評価に関してはどうしても思い通りにはいきません。

 

ということで

「悪い評価を消してもらう方法(オークション)」

についてお話しさせていただきます。

 

相互評価の文化?

ネットオークションの評価形式は

基本的に相互評価となっています。

 

評価をすることが強制されているわけでは

ありませんが、一方が評価をしたら

もう一方も評価を返すべきといった空気ができています。

 

よほどのことがない限りは

一番良い評価と「ありがとうございました」

などの軽いお礼コメントを残すのが文化のようです。

この辺りはフリマアプリも同じですね。

ふつうに取引をしていれば

大抵は良い評価で埋まっていくため

特に問題はありません。

 

ですが

初心者の方でそのような悪しき?文化に染まっていない方だと

何の問題もなく商品が届いても「普通」「どちらでもない」

という評価をする方もいらっしゃいます。

 

これらの評価は総合評価には影響しませんし

本来そこまで気にするものではないと思います。

 

そうは言っても

このような良い評価を付け合う文化ですから

「普通」の評価があると

取引相手に「ん?」と思わせてしまうことも事実です。

僕のところにもこの類の相談がよく来ます。

 

たとえば

「当日に発送し、お礼と発送の連絡をしました。

商品に欠陥はなく、防水包装もしておきました。

こちらに落ち度はないはずです。

なのに評価が普通でした、コメントもなく納得いきません。

どうしたらよいでしょうか?」

このような内容です。(若干文章は変えてあります。)

 

ですので、そのような場合の対処法について

考えていきましょう。

 

紳士淑女たれ

納得いかない評価をもらった場合

まずは相手に「なぜこの評価なのか」を問い合わせましょう。

 

もしかしたら、何かトラブルがあったのかもしれません。

話を聞いて、改善策があるようでしたら

実行して評価を変えてもらいましょう。

 

ポイントは評価コメント欄で

交渉のやり取りを進めるということです。

評価コメントは履歴に残り、全ユーザーに公開されます。

たとえ、評価が良くならなくても

自分の意見や取引の状況をコメント欄に残しておくと

第三者がどちらに非があるのかを

見極めることが可能です。

 

ですので

悪い評価やコメント・暴言をいただいても

穏やかで誠意のこもった

紳士淑女的なコメント・対応をするように心掛けましょう。

 

そうすることで

将来のお客様へアピールすることができ信頼を得られます。

 

また、個人情報や下品な言葉での

誹謗中傷を書かれた場合には、

事務局に問い合わせることで

「規約違反」として対応してくれることもあります。

 

いくら完璧を目指して努力しても

良くない評価を付けられてしまうことはあります。

 

それが気になる気持ちも分かりますが

出来るだけの対応をしたら気持ちを切り替えて

次の販売戦略を練ることに時間を費やしましょう。

 

はじめてのオークションはヤフオクで

いかがでしたでしょうか?

今回は、「ヤフオク」についてお話をさせていただきました。

 

簡単な出品方法や

ジャンク品が意外な価格で売れるかもしれないこと。

 

そして、もしも悪い評価をもらってしまったら、

どのように対応するべきなのかということを

まとめてお話しさせていただきました。

 

ある程度「ヤフオク」での流れは

つかんでいただけたのではないでしょうか?

 

「ヤフオク」はまだ試したことがない。という方は

現在フリマ式という出品方法もございますので

一度そちらで試してみるのもいいかもしれません。

 

この機会にぜひ

「ヤフオク」へ参入して新しい販路を開拓しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です