Fril(フリル)のタイムラインって?拡散して販売促進

 

 

皆さん、こんにちは。

 

昨日も紹介したフリマアプリの≪フリル≫。

 

UP後にさっそく、いくつかの問い合わせが来て、

浸透しつつあるなあとを実感しました。

 

そこで今日は、≪フリル≫について徹底的にご紹介させていただきます。 

 

紹介させていただくのはアプリを開いて

一番初めに出てくるページのタイムラインについてです。

そもそもタイムラインと聞くとLINEのページを連想しませんか?

 

常に新しい情報が上がってくるページ。

 

辞書で調べると

≪SNSの一、フェイスブックのプロフィールページや

ツイッターなどで発言が時系列に並んだ状態の表示画面のこと≫

と出てきます。

 

そうです、フリルの中のタイムラインも同じ役割を果たします。

フリルではタイムラインのフォロワーは最初、

自分のフォロワーにしか表示されません。

 

しかし≪イイね≫をつけられると、

そのイイねをつけてくれた人のフォロワーにまで拡散します。

 

つまりイイねをつけられればつけられるほど

商品が拡散されていくんです。

 

タイム1

通常タイムライン

 

まずイイねを増やすためにはフォロワーを増やす必要があります。

 

フォロワーを増やすためには

自分自身がいろいろな人のページに行き、

商品にイイねをしたり、

この人フォローしたいなと思う人をフォローしたりと方法は様々です。

 

タイム2

自分がイイねをしたものが出る

 

多くの人に商品を見てもらうことにより、

購入してもらえる人の量や幅も変わってきますので、

様々なページへサーフィンすることも1つの方法ですね。

 

タイム3

コメントしたアイテム

出品 購入 両方

 

タイムラインの重要さがわかると、

出品するときに撮影する一枚目の写真が

どれだけ重要かがわかりますよね。

 

余談になりますが、

≪イイねをすると商品が拡散されてしまう≫

 

ということは

 

本気で狙っている商品があった場合は、

ライバルが増えてしまうということなので、

「イイね」ではなくコメントで交渉をすることが得策だと思います。

 

『タイムラインを制する者はフリルを制す。』

 

と言うくらいタイムラインは重要なので、

写真もアプリで加工するなど工夫してみましょう。

 

ちょっと手を加えるだけで同じものでも

全く違ったものに見えることってありますよね?

 

それでは今回はタイムラインについてのお話でした。

 

皆さんにも素敵な一枚が撮れますように^^

 

 

ご質問・ご相談があればドンドンお願いします!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。
大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

現在は、「新しい働き方」を提供することをテーマに、日本全国の起業家に「物販」・「アフィリエイト」といったビジネスや、資産運用の手法の1つとして、「暗号(仮想)通貨投資」をコミュニティにて指導に力を入れている。公式メールマガジンは2万人、LINE@7000人の方が購読中。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です