なぜ初心者が転売で稼げないのか?大切なのは「価格差」と「予想」

 

 

 

こんにちは、阿部です。

 

まず転売で稼ぐために意識していただきたい

「利益と価格差は別物」

ということについて解説します。

 

「利益と価格差」

例えば

ヤフオクで   3,780円で販売されていて

メルカリで 12,000円で売れているとき

単純に価格差だけを見たら 8,220円 あります。

 

そこで「8,220円も稼げるんだ!」

というのは完全な間違いです。

 

それは、ただの

「価格差」であって「利益」とは別物です。

 

これがよく初心者が陥る罠です。

8,220円を利益だと勘違いしてしまうんですね。

 

そして、これだけ儲かると思い

「6,000円でも買っちゃえ!」

ということになったらどうなりますか?

 

他にかかる費用を計算すると

メルカリの手数料の 1,200円

購入者へ発送料 700円

ヤフオクの送料 600円

ヤフオクでの振り込み手数料 300円

計 2,800円かかりますね。

 

仕入れが 6,000円

その他費用が 2,800円

合計 8,800円

 

2,220円利益だと思っていたのに

蓋を開けると580円の赤字です。

 

「え・・・」と思いませんか?

儲かると思って仕入れたのに、結局は損しています。

 

これは情報発信者がよく「これだけ儲かりますよ」と

【価格差】だけを表示しているために勘違いする方が多いようです。

 

初心者だと

赤字になっていることが分からずどんどん仕入れてしまい

資金がカツカツになってから

「あ・・・」となるケースが起こりえます。

 

「利益」と「価格差」は全くの別物です。

 

国内転売において【赤字】になるということは、

算数ができないことと同じですので気を付けてください。

 

なぜなら

「既に売れている、利益が出る商品」を仕入れてくるからです。

 

『安く仕入れたものを高く売ることができるなら』

損するはずはありませんよね。

 

それが損になるというなら

足し算・引き算が出来ていないということです。

 

輸入や輸出の場合は

同じ仕入れ先・同じ販路であるため価格競争になります。

 

そのため

【赤字】になるということがあります。

 

しかし

国内転売における

1週間、2週間といった短い期間で

相場が急激に下がることはまずありません。

 

また

あったとしてもそのような商品を

見つけること自体が稀で難しいです。

 

あらかじめ利益が出ている商品を

仕入れている限り「稼げます!」

 

絶対に「価格差」と「利益」は

一緒にしないでください。

全くの別物です。

 

また、少し話は変わりますが

転売で稼いでいくにあたって

『予想する』というのは

かなり重要になってきます。

 

『予想する』ということ

個人で月に数千万売り上げようと思ったら、

同じ商品を何百個も仕入れて販売しなければなりません。

 

中古品の場合は

その商品を何個も何個も仕入れることはできず、

また検品、状態説明の記載などしなければならず、

新品に比べ時間がかかります。

 

今から転売に取り組むなら

中古品を扱うことが一番です。

 

しかし

月商数千万の域に到達するためには

商品を卸してもらって他者よりも有利な条件で仕入れ販売するか

価格差がある商品を見つけ何百個も仕入れるしかありません。

 

卸してもらうというのはハードルが高いため

予約商品を大量に仕入れ

利益を乗せて販売するのがおすすめです。

 

そんな時に重要なのが

『予想する』ということ。

 

「この商品は人気があるし、品薄になるだろうな・・

だからこれくらいでも売れるはずだ」

という感じです。

 

予想で儲けた話

僕は21歳の時、はじめて株式投資を行いました。

完全にビギナーズラックですが

3日で50万という利益をあげました。

 

その時は転売という言葉を全く知らない時で

友人が株をやっていたのを見て

かっこいいなと思ったのが始まりでした。

 

アルバイトで貯めたお金や奨学金50万円で

当時、株価が乱高下していた東電株を購入。

2,3日で2万円ほどの売買益を手にしていました。

 

もっと稼ぐために人よりも早く儲かる銘柄を見つけて

仕込まないといけないと思ったのです。

 

株というのは早く情報を掴みとり

分析する力が必要です。

 

たとえば

「今年の夏は猛暑になるからビールがかなり売れるだろう。

つまり、サントリーHDの株価が上がるよね。」

という感じです。

 

僕は『東京オリンピック』に目を付けました。

 

2013年の9月、

2020年のオリンピック開催地が東京に決まったのですが、

それにより建設株が大幅に株価を上昇させました。

 

東京でオリンピックが開催されるとなれば、

オリンピックの会場を作るために建設工事が多くなりますよね。

 

私は「大盛工業」という

株価が当時26円しかしなかった株を15000株ほど購入しました。

 

絶対にオリンピックが決まると思っており

1、2か月ほど前から仕込んでおいたのです。

 

オリンピックが決まると

3日で株価が80円代まで急騰しました。

 

早く利確をしたかったので

66円ほどで売り抜けてしまいましたが

それでも元手が2.5倍になりました。

 

一瞬で50万以上の利益が出たのです!

 

転売も同じで

何が売れるかというのを予想することで

稼ぎにつなげることができます。

 

日々アンテナを張ろう!

今回は「利益と価格差は別物」ということ、

また何が売れるかを「予想する」重要さについて

解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

 

日々しっかりとアンテナをはり

儲かる商品を見つけていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です