CATEGORY 仮想通貨の始め方

仮想通貨の始め方

【2018最新】GMOコインの登録・使い方・買い方を徹底解説!!

GMOコインとは?特徴 金融庁認可の国内仮想通貨取引所でGMOインターネット株式会社が運営しています。 即時入金手数料・出金手数料・口座開設手数料すべて0円 スマホアプリが使いやすい トレードから資産管理機能までアプリ1つに集約 BTC・ETH・LTC・XRP・BCHを取り扱っている スマホアプリが使いやすい GMOコイン公式仮想通貨FXアプリ ビットレ君 開発元:GMO Coin, Inc. 無料 posted withアプリーチ   GMOのスマホアプリでは、仮想通貨の購入売却ができます。 また、チャート画面が見やすいので、多くのトレーダーが利用しています。 GMOコイン登録方法 まずはGMOコイン公式サイトにログイン 口座開設をクリック メールアドレス ロボット認証に✔︎ 無料口座開設をクリック (Facebook・Googleでも開設できます) メールが送信される URLをクリック パスワードを設定(設定後は忘れないようにメモ) 電話番号を入力 コードを送信をクリック 携帯に送られてくるコードを入力 認証するをクリック 開設申込へ進むをクリック 上記全て入力 同意するを✔︎ 確認画面へをクリック 確認したら確定をクリック 本人確認 どちらかを選択 受け取り時本人確認の場合 受け取り時に、身分証明証を配達業者のドライバーに見せて登録完了します 画像アップロードの場合 上記いずれかを選択 画像を選択し、アップロード 確定するをクリック 本人確認書類の提出完了 数日後、ハガキが届くので口座開設コードを入力し完了。 2段階認証の設定 セキュリティをクリック 利用するをクリックし、保存する GMOの場合、携帯番号認証なので2段階認証アプリは必要ありません。 これで完了です! GMOコインに今すぐ登録する   GMOコインでの買い方 入出金の日本円をクリックして、口座に入金します。 アルトコインは販売所で購入できます。(手数料が含まれた値段) ビットコインは現物取引(ユーザー同士で取引)なので、手数料なしで購入できます。 GMOコインに今すぐ登録する! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

bitbank(ビットバンク)の特徴・登録方法・使い方まで徹底解説!!

bitbank(ビットバンク)の特徴 取引手数料が「完全無料」 bitbankはすべての通貨ペアの取引手数料が無料です。 BTC/JPY XRP/JPY LTC/BTC ETH/BTC MONA/JPY MONA/BTC BCC/JPY BCC/BTC 取り扱い通貨6種類+日本円を組み合わせた上記8通貨ペアが取引できます。 ただし、XRPやBitcoinといった取引量が多い通貨ペア以外ではスプレッド(手数料)は広めな印象ですので、スプレッドが狭めで手数料有料のbitFlyeと比較し、コスト面で大きなメリットがあるかというと難しいところです。 最高水準のセキュリティ bitbankは、セキュリティに優れた取引所です。 盗まれやすいホットウォレットではなく、コールドウォレットで保管 マルチシグ方式での管理 という暗号通貨管理の基本をしっかりと抑えています。 bitbank(ビットバンク)の登録方法 まずは、ビットバンク公式サイトにアクセスし、画面真ん中のメール「アドレスフォーム」に自分のメールアドレスを入力して「新規登録」をクリックします。 「新規登録」ボタンをクリックすると、「メールを送信しました。」 という表示があり登録したメールアドレス宛に認証用メールが送信されます。 届いたメール本文内に記載されている「URL」をクリックします。 そうすると、上記の画面が表示されますので、パスワード入力と各確認事項にチェックを入れて、登録をクリックします。 次に、上記の表示になりますので、 氏名や生年月日などの各情報を入力していきます。 全ての項目を入力したら、上記の「次に進む」をクリックします。 そうすると、「取引の目的」「職業」「外国の重要な公人」について 確認する画面になりますので、各項目を選択します。 ※「外国の重要な公人」に該当する場合は、口座開設をすることができません。 「確認」をクリックすると、入力内容の確認画面になりますので、ここで再度、内容を確認します。 内容に間違いがなければ、「登録」をクリックします。 そうすると、基本情報の登録が完了します。 次に、本人確認書類のアップロードに進みます。 まず、上記の「本人確認書類のアップロードに進む」をクリックします。 そうすると、以下の表示になりますので、選択を行いますが、書類はパスポートもしくは免許証の選択をおすすめします。 ※「マイナンバーカード」の場合は、「住民基本台帳カード」を選択して表面のみアップロードします。 表面、裏面の順に画像をアップしていきますが、画像のサイズが大きい場合は圧縮してアップロードしてください。 そして、両面の画像がアップできたら、「アップロードする」をクリックします。 そうすると、上記の表示がされますので、審査が完了するまで待ちます。(1〜2日程度の時間がかかります。 通常は、数日以内に上記の「本人確認書類承認」のメールが届きます。 そして、次に、上記の「住所確認はがき」の郵送に関するメールが届きます。 ですので、この「はがき」を受け取ってください。 次に、二段階認証の設定をしますが、まず、アカウントにログインして上記の順でクリックして進めていきます。 「設定」をクリックします。 「Google Authenticator」または「IIJ SmartKey」でQRコードを読み取り、認証コードを入力→設定をクリックします。 二段階認証の設定は完了です。 次に、SMS認証もしておきます。 設定をクリックすると以下の画面になりますので、電話番号(携帯番号)を入力します。 すると、携帯へ認証コードが送られてきますので、そのコードを入力します。 そうすると、以下の画面になりますので、SMS認証設定も完了です。 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

【2018最新】Binance(バイナンス)の登録方法・入金・買い方を徹底解説!!

BINANCE(バイナンス)登録方法 まずは、公式サイトにログインします。 そして、トップページの「register」をクリックします。 メールアドレスを入力 パスワードを入力※ハッキングを避けるために他の取引所とのパスワードの使い回しは避けましょう。 バーを右側へスライド チェックを入れる Registerをクリック すると、Binanceから登録したメールアドレスに以下のメールが届きますので本文中に記載のURLをクリックします。 これで、アカウント認証・登録が完了します。 BINANCE(バイナンス)2段階認証の設定方法 ログインします 全てチェック 黄色をクリック 左の「Google~」をクリック まず、「Google Authenticator」アプリをスマホにダウンロードします。(既にダウンロードされている方は不要です) スマホでQRコードを読み取る。 QRコード横の英数字は必ずメモする。 「Google Authenticator」アプリで上記のQRコードをスキャンし、ログインパスワードと「Google Authenticator」アプリに表示された二段階認証コードを入力すれば完了です。 ※ちなみに、上記作業の際、QRコードの右に記載されている「パスワード」は必ず控えておきましょう。 そうしないと、スマホを紛失した際に二段階認証が使えなくなってしまいます。 Binanceへの入金方法 次に、入金方法です。 Binanceへ入金するためには、自分のBinanceアカウントの「ビットコインアドレス」が必要になります。 まず、「Founds」→「Deposit」へ進む すると上記の画面になるので、逆三角をクリック 「BTC」と検索しクリック 「Copy Address」をクリックする。 あとは、国内取引所の送金アドレスのところにペーストすれば「BINANCE」へ送金できます。 Binanceでのコイン購入方法 それでは、実際に、Binanceで購入する方法ですが、今回は、「ADA」を例にお伝えしてみたいと思います。 「EXchange」➡︎「Basic」を選択 検索窓で、「ADA」を検索します。 上記が「ADA」の取引画面です。 指値注文(Limit)を使って購入します。 価格、数量を入力し、下のボタンをクリックするだけです。 ※数量に関しては、ビットコイン残高の%での選択も可能。 (海外取引所ではBTCを入金していないと買えないのでまずは入金しましょう) 注文のキャンセル方法 注文画面の下に、注文中の取引があるので右端の「Cancel」:をクリックするとキャンセルできます。 まとめ 今回は、Binanceでの「アカウント開設」「入金」「購入」の方法についてお伝えしました。 BINANCEはもっとも使う海外取引所なので、必ず使いこなせるようになりましょうね! BTCの送金ミスにはくれぐれも気をつけましょう! バイナンスに今すぐ登録する! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

【初心者必読!】仮想通貨を買うならネット銀行(バンク)の口座を開設しよう!

ということで今回は、仮想通貨を安く買うためのネット銀行のお話です! 仮想通貨の取引所にお金を入金する時には、当然のように手数料がかかります。 しかし、ネットバンクを使えばその手数料が無料もしくは通常より安く済みます。 仮想通貨を購入する時に毎回手数料を払っていては、かなりの損です。 この記事を読んで、今すぐネット銀行を開設してみましょう! ネット銀行(バンク)とは インターネットを介した取引サービスのことで、ネット上で振り込み等ができます。 特徴は、 いつでもどこでも24時間365日使える スマホで振り込みできる セブンイレブンなどのコンビニ手数料が無料です。(回数制限あり) 他行への振込手数料も無料 口座開設料金も無料 通常の銀行口座よりも明らかにメリットが多いので、仮想通貨をやらない人にもおすすめです。 ネット銀行(バンク)のセキュリティーは大丈夫なの? 結論から言うと、”超”安全です! 通常の銀行口座と同じように、カードを無くした場合などのリスクは当然あります。 しかし、それ以外にネットからパスワードなどをハッキングされたなどの事件もありません。 当然、銀行としてもハッキングされればかなりの信用度を落とすのでセキュリティーにはかなりの力を入れています。 仮に、もしハッキングされたとしても全額返金されるはずです。 なぜなら、そうでないと訴訟を起こされて倒産してしまいます。 ネット銀行の操作は難しい? スマートフォンを普段から利用している方なら、誰でも簡単に使えます! スマートフォンに専用アプリがあるので、そちらを使って残高確認・入金などを行うことができます。 先ほども言いましたが、24時間いつでもどこでも振込ができるので 「あ、銀行閉まっちゃった。。」 「入金明日までなのに用事で銀行に行けない。。」 「今すぐ取引所に入金して仮想通貨買いたい!」 こういった時にすごく便利です。 慣れてしまえば操作も簡単なので、まずは開設してみましょう! おすすめのネット銀行(バンク)は? ネットバンクでおすすめなのは3つ 住信SBIネット銀行 楽天銀行 ジャパンネット銀行 です。 理由は、多くの取引所と提携しているからです。 住信SBIネット銀行と提携している取引所には「コインチェック」「ザイフ」「ビットバンク」など多数あります。 これらの取引所への日本円入金が何度でも手数料無料です。 住信SBIネット銀行の開設はこちら!    「楽天銀行」もクイック入金に対応している取引所が多いためオススメです。 通常、銀行は夜間や休日の振込には未対応ですが、クイック入金では、24時間365日いつでも取引所へ入金できます! (クイック入金の使えない取引所もあります!) 楽天銀行の開設はこちらから! もちろん「SBIネット銀行」「楽天銀行」ともに口座開設は無料です。 ジャパンネット銀行 「クイック入金」に対応している取引所が多いためおすすめです。 「GMOコイン」「ビットポイント」などでペイジーを利用したクイック入金が可能です。 ジャパンネット銀行の開設はこちらから! 一度開設しておけばずっと使えるので、 これを機会にぜひ検討してみてください! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

仮想通貨の始め方・やり方・購入方法をカンタン解説【初心者必見!!】

そもそも通貨とは? 仮想通貨とはかんたんに言うと、インターネット上のお金です。 ブロックチェーンというすごい技術が使われており、未来のお金の形を変える可能性を持っています! 代表的なのはビットコインですが、他にも仮想通貨は1000種類以上あります。 似ているものに電子マネーがあります。電子マネーもインターネットもしくは電子上に存在していますね。 電子マネーのポイントは時価により変動することがないですが、仮想通貨の価格は常に変動します。 また、仮想通貨は、日本円や米ドルなどとも交換できる独立した1つの通貨です。ここが、同じ電子上の通貨である電子マネーと異なります。 合わせて読みたい 仮想通貨ってなに?もっと詳しく教えて!(編集中) 超カンタン仮想通貨の始め方3ステップ 仮想通貨の始め方 取引所を開設 日本円入金 気に入った仮想通貨を買う 上記の手順で始めることができます。 ということでまずは、取引所を開設しましょう!(取引所開設は全て無料です) 初心者おすすめの国内取引所4選【これで十分!】 GMOコイン GMOコインは、金融庁認可の取引所で国内でも信頼の高いGMOインターネット株式会社が運営しています。 GMOコインの特徴 即時入金手数料・出金手数料・口座開設手数料すべて0円 スマホアプリが使いやすい トレードから資産管理機能までアプリ1つに集約 BTC・ETH・LTC・XRP・BCHを取り扱っている セキュリティがしっかりしている GMOコインを今すぐ開設する! 合わせて読みたい 【2018最新】GMOコインの登録・使い方・買い方を徹底解説!! bitbank(ビットバンク) 初心者の方に、特におすすめの取引所はbitbankです! bitbankの特徴 全コイン取引手数料無料 セキュリティーが高い サイトが見やすく初心者でも使いやすい bitbankを今すぐ開設する! 合わせて読みたい bitbank(ビットバンク)の特徴・登録方法・使い方まで徹底解説!! BITPOINT(ビットポイント) サッカー日本代表の本田圭佑選手をCMに起用し話題になった取引所です。 初心者にも分かりやすいサイト設計で、上級者の方向けのトレードツールも揃っています! BITPOINTの特徴 ビットコインの送金受け取り手数料が無料 MT4が使える(優秀なトレードツール) セキュリティーが高い Bitpointを今すぐ開設する! Zaif(ザイフ)※現在新規登録停止中 Zaifは、取扱通貨が国内で最も多い取引所です。 Zaifトークンという独自のトークンも発行しています。 また、コイン積立(自動で仮想通貨を定期購入してくれる仕組み)があります。 Zaifの特徴 取扱通貨が多い コイン積立サービス サイトが見やすく初心者でも使いやすい Zaifを今すぐ開設する! 合わせて読みたい Zaif(ザイフ)の登録方法について解説!【画像付き】 取引所開設の流れ 取引所開設の流れ 公式サイトから申し込み 個人情報の登録 自宅にハガキが届き登録完了 取引所の開設は無料なので、とりあえず開設して使いやすいところを使うのが良いです! また、仮想通貨は販売所ではなく取引所で買うようにしましょう。 販売所で買う場合は手数料がかかりますが、取引所で買う場合は個人同士での取引になるので手数料がかかりません。 簡単にまとめると 取引所は、ユーザー同士の板取引(購入したい値段で買える) 販売所は、手数料含まった値段で売られている(通常より高いが確実に買える) 取引所で買う場合少し購入方法が複雑ですが、一度覚えてしまえば簡単なので必ず覚えましょうね! 合わせて読みたい 手数料を抑えて仮想通貨を安く買う方法!(編集中) 仮想通貨購入前のセキリティー対策【必須】 購入前の対策 二段階認証 パスワードをメモ 上記の2つは仮想通貨を購入する前に必ず済ませておきましょう。 二段階認証とは、ハッキングされないように、パスワードとは別にセキュリティーロックをかけるものです。 仮想通貨はインターネット上のお金なので、実態がありません。 ネット上でハッキングされたり、パスワードを無くしてしまうと二度と戻らないこともあります。 二段階認証はどの取引所でも必ず設定し、パスワードも手書きのメモで保管するようにしましょう。 Web上のファイルで管理しているとパスワードが盗まれてしまう可能性もあります。 ネットバンクを開設して仮想通貨を安く買おう! 仮想通貨の取引所にお金を入金する時には、当然のように手数料がかかります。 しかし、ネットバンクを使えばその手数料が無料もしくは通常より安く済みます。 仮想通貨を購入する時に毎回手数料を払っていては、かなりの損です。 ネットバンクの特徴 いつでもどこでも24時間365日使える(クイック入金) スマホで振り込みできる セブンイレブンなどのコンビニ手数料が無料です。(回数制限あり) 他行への振込手数料も無料 口座開設料金も無料 通常の銀行口座よりも明らかにメリットが多いので、仮想通貨をやらない人にもおすすめです。 住信SBIネット銀行の開設はこちら!    楽天銀行の解説はこちらから! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

【2018最新】仮想通貨取引所は危ない?仮想通貨ハッキング対策まとめ

仮想通貨のハッキングとは ハッキングとは、ハッカーと呼ばれる人達にコインを盗まれてしまうことです。 しかし、取引所がハッキングされたからといって、ビットコインのシステムに問題があるわけではありません。 ブロックチェーンという技術は非常に優れています。 ハッキングが起きた場合に、問題なのは取引所や個人の管理体制です。 ハッキングされたから、「ビットコインは危険だ」というのは勘違いですので注意しましょう! そうやって、売りを煽って儲けようと考える人達もいます。 実際にハッキングされた事例 コインチェック事件 【NEMについて】 現在、NEMの入金、出金、売買を停止しております。ご迷惑、ご心配をおかけしておりまして申し訳ございません。原因や詳細など、判明次第早急にお知らせ致しますため、ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。https://t.co/caNpzT88ZO — Coincheck(コインチェック) (@coincheckjp) 2018年1月26日 国内の仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)のハッキング事件は、仮想通貨をよく知らない方でも知っているかと思います。 簡単に説明すると、 2018年1月26日にXEM(ネム)というコインがハッキングされました。 その総額は580億円で、世界最大のハッキング事件として多くのメディアで取り上げられました。 フィッシングアドレス事件 バイナンスのフィッシング被害が相次いでいます。 皆さん、ログインには注意して下さい💦 ◼チェックポイント ・サイトにwww.がない ・ログイン時にエラー表示 ・にも関わらず検証コードの入力画面になる#バイナンス#binance#詐欺 追加情報がある方は、コメントにて加筆頂けると助かります‼ — 暗号通貨女子大生 (@kasoutuka0509) 2018年1月12日 公式の取引所をそっくりに真似した偽のサイトが作られ、本物サイトと勘違いして、パスワードなどを入力した人々のコインが次々に盗まれてしまいました。 検索すると偽サイトが上位に表示され、アドレスも本物とほぼ変わらないものを使用していたため、多くの人が騙されてしまいました。 コインの管理方法 個人ウォレットで管理する 取引所で管理する 大きく分けて2つの方法があります。 多くの仮想通貨サイトでは、個人ウォレットで管理する方が安全と言っていますが、実際には個人で管理する方が危険です。 個人で管理する場合、初心者の方には難しいので、パスワードを失くしてしまう、送金ミスしてしまうことがあります。 堀江貴文(ホリエモン)さんも、何年か前に購入した仮想通貨のパスワードがわからなくなってしまって塩漬け状態とおっしゃっていました。 一方で、大手の取引所であれば全額保証されるケースが多いです。先ほど紹介したコインチェック社も、盗まれたコインを全て顧客に返金しています。このように大手取引所だと、資産もあるので全額返金されることが多いです。 また、大手であればセキュリティにかなりお金をかけているので個人で管理するより圧倒的に安全だといえます。 ですので、初心者の方は必ず取引所でコインを管理するようにしましょう! 合わせて読みたい セルフゴックスとは?仮想通貨をやる上で初心者が注意するべきこと 仮想通貨のセキュリティ対策3つ【超重要】 セキュリティ対策 ✔︎パスワードは取引所ごとに変える ✔︎取引所の公式URLを保存しておく ✔︎二段階認証をする それぞれ解説していきます! パスワードは取引所ごとに変える パスワードってついつい、同じものを使ってしまいがちですが仮想通貨の取引所を作る際は全て変えましょう! 全て同じにしてしまうと、仮に一つの取引所で個人情報が流出した場合に全ての取引所のパスワードがバレてしまいます。 変えていれば、そこの取引所のみの被害で済むので、面倒ですが万が一のために全て違うパスワードを設定しましょう。 取引所の公式URLを保存しておく 先ほど、フィッシングサイト事件の事件を紹介しました。 あのようなことにならないように、取引所に登録したらその公式サイトのURLを保存し、必ずそこからログインするようにしましょう! 二段階認証 二段階認証とは、はじめに設定するパスワードとは別に設定するもう一つのパスワードです。 仮にログインパスワードがバレてしまっても、二段階認証していればハッキングを防ぐことができます。 下記のスマートフォンアプリを使って設定します。 Google 認証システム   開発元:Google, Inc     設定方法はどの取引時でもほぼ一緒なので、ここではZaifを使って説明していきます。 まずは、取引所(にログインします。 ログインしたら、右上のアカウントをクリック 下にスクロールして、二段階認証をクッリク 先ほどのアプリでQRコードを読み取ります アプリに表示された数字を入力(30秒で次の数字になるので急いで入力!) 確認をクリック これで完了です。 二段階認証のバックアップ スマートフォンアプリを誤って消してしまったり、携帯をなくすとログインできなくなってしまいます。 バックアップコードは必ず印刷しておきましょう。 バックアップの方法は取引所によって違います。忘れずにしましょう! 日常的なセキュリティ対策2つ 日常的な対策 ✔︎FreeWifiは使わない ✔︎不審なメールは開かない フリーWi-fiは使わない カフェなどのフリーWi-fiに繋いだだけで、パスワードがハッキングされたりすることもあります。 これは仮想通貨に限ったことではありません。クレジットカード情報なども抜かれることもありますので、注意しましょう! 不審なメールは開かない 今すぐパスワードを変更しないとあなたのコインが盗まれてしまいます。 などのメールが来て、パスワードを入力すると犯人当てにパスワードが送信されてしまうなどの事件があります。 安易にパスワードを入力してはいけません。 そういったときは、落ち着いてネットで同じようなメールが来た人がいないかなど調べましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか? 個人でしっかりと対策していれば、ハッキングされることは滅多にないので安心してください! ハッキングされた場合、コインは二度と戻ってこないので、面倒くさがらずにやりましょうね! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

BTC(ビットコイン)は将来は1億円に?今後の価格や仕組み・歴史を徹底解説!

  ということで今回は、仮想通貨BTC(ビットコイン)について解説します。 仮想通貨のパイオニアであるビットコインを理解することが仮想通貨を学ぶ上での第一歩ですので、しっかりと学んでいきましょう! この記事を読めば、 そもそも仮想通貨ってなんなのか ビットコインの歴史 ビットコインの将来価格 ビットコインはどこで買うのが良いのか が分かります。 さっそくみていきましょう! そもそもBTC(ビットコイン)とは ビットコインとは簡単にいえば、インターネット上の通貨(仮想の通貨)です。 しかし、円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。 「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。 「インターネットのみに存在する」という点では、通常の日本円やドルとは大きく異なります。 日本円やドルであれば、インターネット上で管理することも、現金で管理することもできますね。 しかし、暗号通貨には、現金という概念がないのです。 たとえば、代表的な暗号通貨である「ビットコイン」は、その量を「BTC」の単位で表します。 ビットコインの量が増えることは、1BTC→10BTCのように、数字が増えることで表現されるわけです。 電子マネーと何が違うの? 似ているものに電子マネーがあります。 電子マネーもインターネットもしくは電子上に存在していますね。 しかし、電子マネーはチャージする際に支払うのは日本円ですが、日本円と電子マネーポイントの価値の関係性が変わることはありません。 つまり、電子マネーのポイントは時価により変動することがないのです。 このことから、電子マネーは日本円そのものではないものの、基本円ベースの額面金額となっていることから「利用範囲が限定されている日本円のようなもの」です。 一方暗号通貨は、日本円と交換ができるものの独立した1つの通貨です。ここが、同じ電子上の通貨である電子マネーと異なるところです。 BTC(ビットコイン)の概要   BTC(ビットコイン)の歴史 2008年【10月31日】Satoshi Nakamotoによる論文発表 「サトシ・ナカモト」は、ビットコインの仕組みの基盤となるブロックチェーンの発案者です。 実際に真実かは分かっていませんが、投稿された論文「BitCoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン・P2P電子決済システム)に「Satoshi Nakamoto」の署名があったことで発案者とされています 2009年【1月】ビットコイン (BTC) の運用開始 「サトシ・ナカモト」の論文に興味をもった開発者たちは、その理論を実現するため仕組みを開発し始めました。 そして、2009年1月3日に最初のブロックが公開されました。 2009年【1月】ビットコイン (BTC) の初取引 「サトシ・ナカモト」氏が開発者の「ハル・フィニー(Hal Finney)」氏にビットコインの送信を行いました。 これが世界初のビットコイン取引です。 2010年【5月22日】初めての店舗決済 ビットコイン決済が初めて行われました。 あるプログラマーが「ピザを10,000BTCと交換したい!」と投稿しました。 これによって、ピザ2枚(約25ドル)と10,000BTCの交換が行われました。 今も持っていたらありえない額になってますね笑 2010年【7月】Mt.Goxサービス開始 仮想通貨取引所Mt.Gox(マウントゴックス)がJebMcCaleb(ジェド・マケーレブ)氏によってサービス開始されました。 2010年【8月】ビットコイン(BTC) 偽造事件 ビットコイン史上最悪のセキュリティ事件として有名な事件です。 ビットコインの弱点が狙我1,840億ビットコインが偽造されました。 しかし、開発メンバーの迅速な対応でほぼダーメジが残らずに収束しています。 2010年【10月】法定通貨間の交換が初めて行われる New Liberty Standardが5,050BTCを5.02ドルで購入しました。 これが初めてのビットコインと法定通貨間の交換となりました。 BTC(ビットコイン)の価格推移   TradingView提供によるBTCUSDチャート BTC(ビットコイン)の予想価格 マーク・ラスリー氏 1BTC450万円になるとの予想。(時期は不明) 米国の著名投資家で、投資会社アベニュー・キャピタルの創業者でもある。 ビットコインをすでに19億円購入済み。 ジョン・マカフィー氏 2020年までに1億円になるとの予想。 米McAFee(アンチウイルスソフト会社)の創業者 アーサー・ヘイズ氏 2018年末に550万円になるとの予想。 アジア市場の「ETF」に携わってきた実力者で、取引所BitMexのCEO。 「一つの規制当局の前向きな意思決定で市場は回復する」と発言。 ETFの承認などなどが肝になるとのこと。 AIウェブ・ボット・プロジェクト 2022年までに2500万円になるとの予想。 AIウェブ・ボット・プロジェクトとは、マイクロソフトの元コンサルタントである、クリフ・ハイ氏が開発した価格予測プログラムです。 SNSに投稿される「人々の会話」を集計し、感情を数値で測定し価格を予測することができます。 BTC(ビットコイン)を購入するのにオススメの国内取引所 BTC(ビットコイン)を購入するならGMOコイン・bitbankがおすすめです。 開設方法 【2018最新】GMOコインの登録・使い方・買い方を徹底解説!! bitbank(ビットバンク)の特徴・登録方法・使い方まで徹底解説!! まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は仮想通貨BTC(ビットコイン)について解説しました。 この記事が参考にぜひ仮想通貨を購入してみてくださいね! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

ICO(プレセール)でホワイトペーパーを熟読すべき3つの理由【仮想通貨】

「あなたは、ホワイトペーパーを読まずにICOを購入したことないですか?」 これはとても危険でリスクの高いことです。 この記事では、そんなあなたにICO(プレセール)でホワイトペーパーを熟読するべき理由をお話いたします。 そもそもICO・ホワイトペーパーってなに ICO(プレセール)とは? 「ICO」とは、新規発行コインの資金調達などを目的としているもので、投資家視点で言えば、「上場する前の新しい暗号通貨に投資する」というものです。 株式投資では「新規公開株」というものがありますが、それの暗号通貨バージョンに例えられることもあります。 基本的に、現在上場している暗号通貨は、以前にICO(プレセール)を経験しています。 ICOを終了し、取引所に上場し、さらに値上がりすれば、ICOに参加した投資家は利益を手にすることができるということです。 ホワイトペーパーとは? ホワイトぺーパーとは、その仮想通貨の設計や、将来の目的、どのように普及させていくかを細かく書いてある文書です。 つまり、通貨の心臓ってことです。 ICOへ参加する場合に、必ず確認する必要があるということは言われなくともわかりますよね? ICOでホワイトペーパーを熟読すべき理由 ホワイトペーパーを読まなくてもいいのであれば、こんなに楽なことはありません。 なのに、なぜ、わざわざこの文書に目を通す必要があるのでしょうか?(しかもほとんどは英語です) それは、「近年の仮想通貨が多様化してきている」というのが1つの理由です。 従来、暗号通貨はビットコインに代表されるように「通貨」としての役割が主流でした。 つまり比較的シンプルな形で仮想通貨が機能していたのです。 しかし、ここ最近は、通貨としての役割からはみ出している多機能なコインが多く誕生してきています。 例えば、代表的なものにイーサリアムのスマートコントラクト(契約機能)などがあります。 そのほか、ゲームなどに用途を限定して商品価値を出そうとする通貨も多くなってきました。 つまり、ビットコインのようにざっくりと「通貨」と一括りにできなくなってきているのです。 これが、冒頭で述べたホワイトペーパーを読む必要性につながっています。 このように、コインの役割や存在意義が多種多様になって来ている中、 「ICOに参加しているのがどのような暗号通貨なのか?」 「本当に価値がある暗号通貨のか?(もっと言うなら、詐欺やそれに近いものではないか?)」 という部分をしっかり見極める必要があるのです。 ICOは基本的に「危険」だと思った方がいい? 少し極論になってしまうかもしれませんが、基本的な意識として「ICOは危険」と考えておいたほうがよいでしょう。 現在成功している暗号通貨もICOを経ており、すべてのICOが危険というのは言い過ぎかもしれませんが、そのような認識を持っておきたいところです。 それでは、なぜICOは危険だと思った方がよいのでしょうか? その理由は3つあります。 コインの基本は取引して利益を出すことだが、ICOはそれが約束されない まず1つ目の理由として、そもそも暗号通貨の基本は「安く買って高く売る」ことだということです。 売買によって利益を狙うというのが、暗号通貨の基本です。 しかし、ICOの場合はそうではありません。いずれ上場する「かもしれない」ですが、それは確実ではありません。 上場しなければ紙切れにもならない権利をお金を出して買ったことになってしまう、というリスクがあります。 開発側に上場するつもりがあるかは、わからない そもそも上場する前提でコインを開発しているのかどうかも、よくわからない場合があります。 「市場に認められるコインを作る」意思が感じられないコインに投資して、実際にその後コインの開発が進まないというケースも少なくありません。 そういった意味でも、最低限ホワイトペーパーの熟読は必要です。 取引所への上場が濃厚でも安心はできない ICOの段階で上場するという噂が出たり、ホワイトペーパーにその旨が明記されている可能性もありますが、それも資金調達のための文句かもしれません。 実際に上場したとしても、その後暗号通貨の開発が進まなければ意味がありません。 また、仮に、そのようなコインが上場しても、売却益を狙うのは難しいでしょう。 詐欺を見極めるシンプルな方法はある? 結論として、「100%完全に詐欺コインを見破る方法はない」のが現実です。(ここでいう詐欺とは、広い意味で価値に見合わないコインや、開発が進まないコインも含みます)。 とはいえ、価値があるかどうかを見分ける比較的シンプルな方法もないわけではありません。 それは、TwitterやブログなどでICO情報を検索し、情報を集めることです。 優秀なビジネスモデルのICOはそれなりに注目されているので、国内の暗号通貨投資家の間で話題になることが多くあります。 もちろん、日本でまったく話題にならなくてもドカンと伸びる大穴コインもありますが、安全策としては「目の肥えた人たちの話題になっているか?」をチェックするのがシンプルです。 もちろん、それを鵜呑みにするのではなく、その上でホワイトペーパーを翻訳し判断していくと尚良いでしょう。 合わせて読みたい ICOホワイトペーパーの翻訳ツール「DocTranslator」の利用方法 ホワイトペーパーで確認しておきたい記載は? 最後に、ホワイトペーパーを読む時に、どのような点を意識して読むべきなのかをお話いたします。 「その暗号通貨は何のために存在するのか?」 「どんなことを目的としているのか?」 「他の暗号通貨との違いは何か?」 「そのニーズを満たす手段として暗号通貨が本当にふさわしいのか?」 「本当に実現可能か?」 ということで、今回は、ICOについて解説してみましたが、もちろん、ICOが危険一色というわけではありません。 上述のように、上場コインへの投資とICOへの投資は、とちらも一長一短です。 ぜひ、ICOへ参加する際の参考にしていただければ幸いです! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

【疑問解決】仮想通貨はすぐに現金に戻せるの?ビットコインが使える店舗も紹介!

ということで今回は、購入した仮想通貨はすぐに現金に戻せるの?という疑問に答えます。 仮想通貨を買ったはいいけど、実際に使えなければ意味がないですよね。 換金がスムーズに行えるのか、心配な方も多いかと思います。 ですが、 結論から言うと、すぐに現金にすることは可能です。 さっそくみていきましょう! 仮想通貨はすぐに現金に戻せるの? 仮想通貨をすぐに現金に戻すことは可能です! 仮想通貨も含め、市場で取引されるものは購入量と売却量が釣り合うようになっています。 購入したい人がいるから売却でき、売却したい人がいるから購入できるのです。。 仮想通貨の売却が心配な方に向け、ビットコインの場合どのくらいの取引量があるかを示します。 2017年5月の1ヶ月間において、国内の取引所で取引されたビットコインは「4,855,730BTC」です。 このビットコイン取引量を日本円換算すると、1BTC=約120万円として「約5.8兆円」となります。 1ヶ月でこのボリュームなので、1日平均すると「約2000億円」 これだけの売買が日本だけで行われているのです。 たしかに、その他の仮想通貨ではこれほどのボリュームはなく、もう少し小さい取引額となることが多いでしょう。 しかし、よっぽどマイナー(知名度の低い)なコインでない限りは売却が可能です。 心配な方は、時価総額TOP100以内の通貨を取引することをお勧めします。 ランキングは、CoinMaeketCapで確認できますので購入前に確認してみましょう! とはいえ、国内で取り扱いのある通貨であれば取引量も多いので心配する必要はないです。 合わせて読みたい 【画像付】CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)の使い方・見かたを徹底解説! 買った時より価格が下落しても売却はできるの? 市場で取引される以上、「買い手がいなくなると売れない」のは事実です。 しかし、買い手がいなくなると需要と供給の関係によってコインの価格が下がる➡価格が下がると新たな買い手が見つかる。 このような自然現象が働くため、実際のところ売却できなくなることはありません。 たとえば、食料品スーパーの例を考えてみましょう。スーパーではよく、夕方になるとお弁当が安売りされていますね。 これは、そのお弁当に人気がなかったり、作りすぎた結果、安売りしないと売れなくなった状態です。(需要に対して供給が多い状態) もともとのお弁当の価格が400円だとすると、この価格で売れなかったので半額の200円に値引きします。 すると、値引きを待っていたかのように次々と売れることも珍しくありません(需要と供給の一致)。 このような自然現象は仮想通貨の場合もまったく同じ。価格は安くなるにしろ、「まったく売れない(換金できない)」ことはほとんどありません。 取引量が多い仮想通貨取引所を利用しよう 仮想通貨の取引所はいくつもあります。 そして、同じ通貨でもその取引所によって取引量が違い、価格も違ってきます。 取引量の多い取引所であれば、売買の注文も通りやすくなるので取引が活発な取引所を利用するのがおすすめです。 GMOコイン BINANCE(バイナンス) GMOコインは、国内の上場企業である式会社GMOが運営する取引所です。 BINANCE(バイナンス)は海外の取引所で、世界NO.1の取引量を誇っています。 合わせて読みたい 【2018最新】GMOコインの登録・使い方・買い方を徹底解説!! 【2018最新】Binance(バイナンス)の登録方法・入金・買い方を徹底解説!! 仮想通貨で決済できるお店 現金に戻すことなく、仮想通貨でどこでも決済出来れば一番良いですが、現状はそうはいきません。 しかし、仮想通貨で決済できる店は国内でも2万店舗以上あります。 有名なところでいえば、ビックカメラやコジマ電気など。 スマートフォンのアプリでQRコードを読み取るだけで簡単に決済できますのでとても便利です。 ちなみに、こちらのBitcoin日本語情報サイトで仮想通貨決済できるお店をさがすことができます。 最後に 「投資する」行為そのものが初体験の場合、ちゃんと売却できるのかと心配になってしまいますよね。 しかし、実際のところ仮想通貨は「売れないのではないか?」という心配とほとんど無縁です。 仮想通貨投資において本当に心配すべきなのは、売却できるのかということよりも、「利益を生む価格で」売却できるのかということです。 実際に投資を始めるとわかりますが、このような心配のほうが強くなります。 「ちゃんと換金できるのかな?」という心配は的外れとまでは言いませんが、少なくとも過剰に心配することではありません。 ですので、売却できるのかが心配で投資を始めないのはもったいないことです。 ただ換金するだけでなく、「利益を生む価格」で換金することが大切です! 僕が運営しているアイトレという仮想通貨コミュニティでは、3か月で億り人となった仮想通貨投資法について教えています。 初心者の方でも1から仮想通貨を丁寧に学んでいける内容になっていますので、ご興味のある方は下記より詳細をお確かめください! 今すぐアイトレをみてみる!   阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

【1分で分かる】電子マネーと仮想通貨の違いについてカンタン解説!!

ということで、今回は仮想通貨と電子マネーの違いについて解説いたします。 初心者の方にもわかりやすいように解説していきますので、しっかりと学んでいきましょう! 電子マネーと仮想通貨の違い 電子マネーと暗号通貨の違 電子マネーと仮想通貨の決定的な違いは、 電子マネーは使える場所が限られており、他人に送金したりできない 仮想通貨は通貨としてどこでも使える、誰にでも自由に送金できる ということです。 今は確かにそうです! ですが、ビットコインをはじめとした仮想通貨を使える店舗は年々増え続けています。 たとえば、Tポイントカードがどんなに便利でも、それが使えるコンビニ、本屋、レストランがあらかじめ決まっています。 つまり、決してTポイントというお金そのものが流通しているわけではないのです。 Tポイント(電子マネー)はとても便利ですが言い換えるならば、形を変えた商品券に過ぎません。 現金でもっているのが面倒なので、キャッシュカードのような形で同額の電子マネーに置き換えているのに過ぎないのです。 一方で、仮想通貨は円やドルと同じような通貨です。 基本的にどこでも使えるはずなのですが、今はまだ普及していないということで現在の使用が制限されているというのが実情なのです。 両者の違いをまとめると 電子マネーはすでに日常的になっているがその使用目的は制限されていて、流通には最初から限界がある(本物の通貨と同じレベルまでは普及しない) 仮想通貨は現在はあまり普及していないが、本質的にドルや円と同じ通貨であり、将来的には飛躍的に普及する可能性を持っている なぜ電子マネーの価値は一定なのに、仮想通貨の価値は変動するのか? 電子マネーはその発行元と、円なら円というほかの通貨に完全に依存した存在です。 それ自体はなんの主体性も持たないために、価値が増えることも減ることもありません。 つまり、ほかの通貨のダミーとしての役割ということです。 そのため、電子マネーはどこまでいっても同じ価値しかもちません。 5000円のアマゾンギフト券はどんな時も5000円の価値しかなく、これは変わることはないです。 しかし、ビットコインをはじめとした仮想通貨は常に価格が変動しています。 日本円やドルなど、通貨の価値は、需要と供給によって変動します。 仮想通貨は通貨としての価値を認められているため、価格が変動するということです。 まとめ 電子マネーは商品券の一種。本物のお金ではないので流通や使用目的にも限界がある。 仮想通貨は個人間で送金が可能。通貨としての価値が認められており、価値も変動する。次世代のお金。 仮想通貨は、これから確実に伸びていきます。 あと数年もすれば、日常的に利用されていることでしょう! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

海外取引所でアルトコイン(仮想通貨)を購入する方法をカンタン解説!

といことで今回は、国内で買えないアルトコインを海外取引所で購入する方法についてお話しします。 海外取引所では、日本円の入金ができないため初心者の方にはなかなかハードルが高いです。 ですが、仮想通貨をやるうえで海外取引所は絶対に利用すべきです。 手数料が安い、取り扱い通貨が多いというメリットがあります。 この記事で海外取引所での購入方法をしっかりと学んでいきましょう! 海外取引所で仮想通貨を購入するにはビットコインが必要? 国内で買える通貨は10通貨程度ですが、海外取引所を使えば100種類以上ものアルトコインを購入することができます。 アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のこと 海外取引所では、日本円→アルトコインといった、日本円からアルトコインへの直接的な投資ができないため、「日本円→ビットコイン→アルトコイン」というようにして購入します。 その理由は、ビットコイン経由しないと「流動性」が不足するためです。 流動性とは、「どれだけ取引がしやすいか」を表す言葉で、要するにスムーズに取引できるかということ ビットコイン経由にまとめることで流動性を確保します。 日本円や米ドルなどの「法定通貨」は種類が多く、「法定通貨→アルトコイン」という組み合わせを実現するには、「日本円→アルトコイン」「人民元→アルトコイン」「ユーロ→アルトコイン」など多くの種類の流動性を確保しなくてはいけません。 メジャーなアルトコインならともかく、マイナーなアルトコインの場合、ただでさえ少ない取引量がさらに分散します。 これでは成り立たないので、すでに取引量が多い「ビットコイン」を経由するのです。 ビットコインを利用すれば、「日本円→アルトコイン」「人民元→アルトコイン」「ユーロ→アルトコイン」などのさまざまなニーズが、ビットコイン1つにまとめられ、アルトコインはビットコインとの流動性さえ確保すればよいことになります。 海外取引所でアルトコインを購入する方法を3ステップで解説! ここから具体的に海外取引所でアルトコインを購入する方法について説明していきます。 海外取引所で仮想通貨を購入する流れは下記です。 国内の取引所でビットコインを購入する 海外取引所にビットコインを送金する ビットコインでアルトコインを購入する 流れを理解したら一つずつクリアしていきましょう! 1.国内の取引所でビットコインを購入する 国内の取引所でビットコインを購入します。 国内取引所は、GMOコインを利用しましょう! 本人確認が必要ですので、2~3日時間がかかります。 下記を参考に作成してください。 【2018最新】GMOコインの登録・使い方・買い方を徹底解説!! 2.海外取引所にビットコインを送金する GMOコインで購入したビットコインを海外取引所に送金します。 海外取引所はBAINANCE(バイナンス)を利用しましょう。 下記を参考に作成してください。 【2018最新】Binance(バイナンス)の登録方法・入金・買い方を徹底解説!! 3.ビットコインでアルトコインを購入する BAINACE(バイナンス)への入金が完了したら、ビットコインでアルトコインを購入することができます。 下記を参考に購入してみましょう! 【2018最新】Binance(バイナンス)の登録方法・入金・買い方を徹底解説!! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

【初心者必見】購入した仮想通貨が大暴落した時の対処法について解説!!

ということで今回は、購入した仮想通貨が大暴落してしまった時の対処法についてお話しいたします。 購入した時よりも価格が下がれば誰でも不安になりますよね。 含み損を抱えた場合の、正しい対処法(正解)というものはありません。 しかし、基本的な考え方は存在します。 しっかりと学んで冷静に判断できるようになりましょう! 購入した仮想通貨が大暴落した時は? 購入した仮想通貨が大暴落した時にできることは2択です。 損にはなるが一度売ってしまいリセットする(損切りする) 上昇を信じてそのまま持ち続ける 含み損を抱えていたり、1つのコインが大きく値下がりしている際、まず考えるべき問題の1つに「損切りするかどうか」があります。 「なぜ買ってしまったのだろう…」 「どこで間違えたのかな…」 「買わなければよかったのかな…」 などと考えてしまう気持ちもよくわかります。 しかし、コインはすでに購入してしまっており、時間は戻りません。 ですから、判断すべき問題を見据えた対策をすることが大切になってきます。 それでは、「損切りすべきかどうか」はどのように決めれば良いのか? この問題は「短期」と「中長期」のシーンによって異なってきますので、パターンを見ていきます。 短期投資で上がると読んだが下がった場合は損切りすべき? 比較的短期のデイトレード(1日以内)からスイングトレード(数日~1週間)で、予想していた方向と反対に動いた場合は、迷わず「損切り」が基本です。 なぜなら、短期トレードでは反対売買(買った銘柄を売る、あるいは売った銘柄を買うこと)までの時間が取れないので、購入してすぐ狙った方向に行かなければ利益が取れないからです。 ちなみに、上がる予兆を見せながら結果として上がらない「ダマシ」は買うまでわからないことがほとんどですので、いったん損切りして次の予兆があらわれた際に再度、エントリーするようにします。 複数回、ロスカット(損切り)したとしても、1回のトレードで利益を出せれば良いというイメージです。 長期投資でジリジリと下げている場合は損切りするべき? 次に、長期的に有望と考えて購入したコインがジリジリと下がってしまっているパターンについてお話しします。 このようなとき大切なのが、まず「なぜ価格が下がっているのか?」という理由を明らかにすることです。 長期投資の場合「下がっている」という事実だけではあまりにも幅が広すぎますし、それだけで判断を下すこともできません。 下げている明確な理由があるとき→売ることも検討 明確な理由がないとき→売らない この2つが基本方針となります。 「下げている明確な理由があるとき」は、まず、その明確な理由に関する情報を集め、「コインそのものの価値を脅かす理由かどうか?」を検討します。 「コインに重大な欠陥が発見された」「ライバルのコインに押されている」などのケースでは、持ち直せないこともあります。 もちろん、持ち直せないと読んだ場合は、即刻すべて売りましょう。 なぜなら、さらに下げる可能性が極めて高いからです。 反対に、持ち直せると判断できる場合は、市場が誤った判断をしていることになりますので、まったく問題ありません。 判断に確信があれば買い増しもあり得る展開です。 「明確な理由がない場合」についてですが、これは、売る必要がありません。 仮想通貨の価格(相場)はかなり気まぐれなところがあり、特別な理由もなく需給が変化することは往々にしてあるからです。 下げている明確な理由がある場合は、ネット上に必ず情報があります。 TwitterやGoogleで通貨名を打ち込み検索してみましょう! それが見当たらなければ、2つ目の「明確な理由がない場合」に当てはまると考えられます。 最後に 色々とお話ししてきましたが、仮想通貨投資で一番大切なのは「焦らずに淡々と取引する」ことです。 優秀なトレーダーでも半年程度、含み損と付き合うことなどは珍しくありません。 焦らずに気長に取り組んでいきましょう! 阿部 悠人 大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中! 仮想通貨トレードツール無料プレゼント!

仮想通貨の始め方

【初心者必見】ビットコインはいくらから買えるの?取引所ごとに比較紹介!

おおむね100円程度からはじめられるのが魅力のビットコイン投資。「ためしに買ってみようかな」という軽い気持ちでの投資でも大丈夫。記事では、どのビットコイン取引所がもっとも少額から投資できるのか、なぜビットコインが少額投資に適しているのか、などについて解説します。