BTC(ビットコイン)は将来は1億円に?今後の価格や仕組み・歴史を徹底解説!

仮想通貨ビギナー
仮想通貨ビットコインは将来いくらになるんだろう?そもそもいつからあるの?誰か教えてくださいー!

ということで今回は、仮想通貨BTC(ビットコイン)について解説します。

仮想通貨のパイオニアであるビットコインを理解することが仮想通貨を学ぶ上での第一歩ですので、しっかりと学んでいきましょう!

この記事を読めば、

  • そもそも仮想通貨ってなんなのか
  • ビットコインの歴史
  • ビットコインの将来価格
  • ビットコインはどこで買うのが良いのか

が分かります。

さっそくみていきましょう!

そもそもBTC(ビットコイン)とは

ビットコインとは簡単にいえば、インターネット上の通貨(仮想の通貨)です。

しかし、円やドルというように、「お金」であることには変わりありません。

「お金」なので、円やドルのように通貨の単位が存在します。

「インターネットのみに存在する」という点では、通常の日本円やドルとは大きく異なります。

日本円やドルであれば、インターネット上で管理することも、現金で管理することもできますね。

しかし、暗号通貨には、現金という概念がないのです。

たとえば、代表的な暗号通貨である「ビットコイン」は、その量を「BTC」の単位で表します。

ビットコインの量が増えることは、1BTC→10BTCのように、数字が増えることで表現されるわけです。

電子マネーと何が違うの?

似ているものに電子マネーがあります。

電子マネーもインターネットもしくは電子上に存在していますね。

しかし、電子マネーはチャージする際に支払うのは日本円ですが、日本円と電子マネーポイントの価値の関係性が変わることはありません。

つまり、電子マネーのポイントは時価により変動することがないのです。

このことから、電子マネーは日本円そのものではないものの、基本円ベースの額面金額となっていることから「利用範囲が限定されている日本円のようなもの」です。

一方暗号通貨は、日本円と交換ができるものの独立した1つの通貨です。ここが、同じ電子上の通貨である電子マネーと異なるところです。

BTC(ビットコイン)の概要

 

BTC(ビットコイン)の歴史

2008年【10月31日】Satoshi Nakamotoによる論文発表

「サトシ・ナカモト」は、ビットコインの仕組みの基盤となるブロックチェーンの発案者です。

実際に真実かは分かっていませんが、投稿された論文「BitCoin : A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン・P2P電子決済システム)に「Satoshi Nakamoto」の署名があったことで発案者とされています

2009年【1月】ビットコイン (BTC) の運用開始

「サトシ・ナカモト」の論文に興味をもった開発者たちは、その理論を実現するため仕組みを開発し始めました。

そして、2009年1月3日に最初のブロックが公開されました。

2009年【1月】ビットコイン (BTC) の初取引

「サトシ・ナカモト」氏が開発者の「ハル・フィニー(Hal Finney)」氏にビットコインの送信を行いました。

これが世界初のビットコイン取引です。

2010年【5月22日】初めての店舗決済

ビットコイン決済が初めて行われました。

あるプログラマーが「ピザを10,000BTCと交換したい!」と投稿しました。

これによって、ピザ2枚(約25ドル)と10,000BTCの交換が行われました。

今も持っていたらありえない額になってますね笑

2010年【7月】Mt.Goxサービス開始

仮想通貨取引所Mt.Gox(マウントゴックス)がJebMcCaleb(ジェド・マケーレブ)氏によってサービス開始されました。

2010年【8月】ビットコイン(BTC) 偽造事件

ビットコイン史上最悪のセキュリティ事件として有名な事件です。

ビットコインの弱点が狙我1,840億ビットコインが偽造されました。

しかし、開発メンバーの迅速な対応でほぼダーメジが残らずに収束しています。

2010年【10月】法定通貨間の交換が初めて行われる

New Liberty Standardが5,050BTCを5.02ドルで購入しました。

これが初めてのビットコインと法定通貨間の交換となりました。

BTC(ビットコイン)の価格推移

 

BTC(ビットコイン)の予想価格

マーク・ラスリー氏

1BTC450万円になるとの予想。(時期は不明)

米国の著名投資家で、投資会社アベニュー・キャピタルの創業者でもある。

ビットコインをすでに19億円購入済み。

ジョン・マカフィー氏

2020年までに1億円になるとの予想。

米McAFee(アンチウイルスソフト会社)の創業者

アーサー・ヘイズ氏

2018年末に550万円になるとの予想。

アジア市場の「ETF」に携わってきた実力者で、取引所BitMexのCEO。

「一つの規制当局の前向きな意思決定で市場は回復する」と発言。

ETFの承認などなどが肝になるとのこと。

AIウェブ・ボット・プロジェクト

2022年までに2500万円になるとの予想。

AIウェブ・ボット・プロジェクトとは、マイクロソフトの元コンサルタントである、クリフ・ハイ氏が開発した価格予測プログラムです。

SNSに投稿される「人々の会話」を集計し、感情を数値で測定し価格を予測することができます。

BTC(ビットコイン)を購入するのにオススメの国内取引所

BTC(ビットコイン)を購入するならGMOコイン・bitbankがおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は仮想通貨BTC(ビットコイン)について解説しました。

この記事が参考にぜひ仮想通貨を購入してみてくださいね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す